お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SANE 2018-05-14
11:00
東京 機械振興会館 複数物体を観測する複数角度センサにおける偽像判別法
丸山晃佐原田哲治匂坂健太郎小幡 康亀田洋志三菱電機SANE2018-3
複数の角度センサで複数の物体を観測する際,特に全てのセンサと物体が同一平面内にある状況では,異なる物体に由来する角度情報... [more] SANE2018-3
pp.13-18
SANE 2018-05-14
13:15
東京 機械振興会館 多重仮説を用いた超分解能測角による密集目標追尾方式
中村将成山田哲太郎小幡 康亀田洋志三菱電機SANE2018-6
本報告ではレーダに向かって並進する密集目標に対する多目標追尾方式について述べる.密集目標をFBSSP-MUSIC法で測角... [more] SANE2018-6
pp.29-34
SAT, SANE
(併催)
2018-02-23
10:25
山口 山口商工会議所 目標識別情報を用いた多目標追尾アルゴリズム
小幡 康亀田洋志和泉秀幸三菱電機SANE2017-112
近接複数目標のレーダ観測において,信号処理過程で得られる目標識別情報の追尾相関への利用,更に識別情報時系列の融合により,... [more] SANE2017-112
pp.19-24
SANE 2016-11-24
13:30
海外 国立台北科技大学 Radar Beam Management Algorithm with Prior Less-Accurate Sensor Information
Tetsutaro YamadaYasushi ObataTetsuji HaradaMitsubishi ElectricSANE2016-58
 [more] SANE2016-58
pp.37-42
SANE 2015-11-24
14:10
海外 アジア工科大学,バンコク,タイ Radar Data Assimilation for a Tsunami Simulation Model Using Kalman Filter
Tetsutaro YamadaHiroaki IshikawaTakafumi NaganoTakayuki NakanishiTaizo IsonoToshihiko AriokaYasushi ObataMitsubishi ElectricSANE2015-63
 [more] SANE2015-63
pp.75-80
SANE, SAT
(併催)
2015-02-18
09:55
沖縄 沖縄県市町村自治会館 送信選択を行う分散型データ融合
松崎貴史小幡 康三菱電機SANE2014-129
分散配置されたセンサのデータをネットワーク経由で集め,センサ毎の融合追尾により融合航跡を生成する分散型データ融合では,融... [more] SANE2014-129
pp.7-12
SANE 2014-10-23
09:20
海外 Ramada Plaza Melaka, Malacca, Malaysia Track Extraction Method of Low Observable Target for Airborne HPRF Radar
Yasushi ObataSatoshi KagemeHiroshi KamedaMitsubishi ElectricSANE2014-77
 [more] SANE2014-77
pp.71-76
SANE 2013-05-24
14:15
東京 機械振興会館 複数レーダを用いた目標追尾におけるレーダスケジューリング方式
小幡 康亀田洋志和泉秀幸三菱電機SANE2013-10
 [more] SANE2013-10
pp.9-14
SANE 2012-07-27
16:50
東京 電子航法研究所 2スキャンを用いるHPRFレーダ高分解能測距法の加速度目標への適用
影目 聡小幡 康原 照幸三菱電機SANE2012-48
 [more] SANE2012-48
pp.43-47
SANE 2012-05-18
10:40
神奈川 防衛大学校 航空機搭載HPRFレーダ向け低S/N目標の航跡抽出方式
小幡 康影目 聡亀田洋志三菱電機SANE2012-11
 [more] SANE2012-11
pp.1-6
SANE 2012-01-26
16:50
長崎 長崎県美術館 風速を考慮した移動体位置予測方式
高林佑樹小幡 康亀田洋志三菱電機SANE2011-149
移動体が障害物を回避する場合における長時間先の位置予測技術を検討している.従来の位置予測方式では移動体の運動が等速直線運... [more] SANE2011-149
pp.43-48
SANE 2011-12-16
15:10
埼玉 日本工業大学 2スキャンのパルス圧縮とFMレンジングを併用するHPRFレーダの距離分解能向上アルゴリズムのクラッタ・雑音環境への適用
影目 聡小幡 康原 照幸三菱電機SANE2011-136
HPRF(High Pulse Repetition Frequency)レーダにおいて,目標の距離を得る事は重要な課題... [more] SANE2011-136
pp.53-58
SANE 2011-01-28
13:25
長崎 長崎県美術館 多重運動モデルを用いた位置予測方式
高林佑樹小幡 康亀田洋志三菱電機SANE2010-153
移動体が障害物を回避する場合における長時間先の位置予測技術を検討している.従来の位置予測方式では移動体の運動が等速直線運... [more] SANE2010-153
pp.85-90
SANE 2011-01-28
14:15
長崎 長崎県美術館 移動目標の航跡抽出における最適レーダ観測条件の導出
小幡 康亀田洋志三菱電機)・小菅義夫長崎大SANE2010-155
レーダを用いた低S/N目標の航跡抽出において,信号処理の検出閾値を下げて目標の検出確率を確保し,航跡候補と観測値の相関決... [more] SANE2010-155
pp.97-102
SANE 2010-01-28
16:55
長崎 長崎県美術館 低S/N目標の追尾開始におけるMHTの性能解析
小幡 康亀田洋志三菱電機)・小菅義夫長崎大SANE2009-146
レーダを用いた低S/N目標の追尾開始において,検出閾値を下げて探知性能を確保し,相関決定にMHT(Multiple Hy... [more] SANE2009-146
pp.43-48
SAT, SANE
(併催)
2009-02-27
13:00
京都 NICT知識創生コミュニケーション研究センター(けいはんな) MFAへのメタヒューリスティック手法の適用
青山 功前川貴史小幡 康亀田洋志三菱電機SANE2008-120
 [more] SANE2008-120
pp.47-51
SANE 2009-01-30
10:30
長崎 長崎県美術館 低S/N目標の追尾開始におけるサンプリング間隔の最適化
小幡 康亀田洋志三菱電機)・小菅義夫長崎大SANE2008-103
レーダの送信電力の低減のため,低S/N目標の追尾が重要な課題となっている.送信電力を低下させると目標信号が得られ難くなる... [more] SANE2008-103
pp.43-47
SANE 2009-01-30
10:55
長崎 長崎県美術館 MFA (Multiple Frame Assignment)による目標追尾開始性能の評価
前川貴史小幡 康青山 功亀田洋志三菱電機SANE2008-104
高密度環境,すなわち狭い空間に目標および誤警報が存在する環境においては,どの観測値がどの目標から得られたものであるかに関... [more] SANE2008-104
pp.49-53
SANE 2008-01-24
12:50
長崎 長崎県美術館 二段階信号検出法を用いた低S/N目標の追尾開始
小幡 康前川良二亀田洋志系 正義三菱電機)・小菅義夫長崎大SANE2007-104
 [more] SANE2007-104
pp.13-18
SANE 2007-02-23
16:30
埼玉 日本工業大学 Nバックスキャンを用いたMHTによる目標追尾性能評価
小幡 康系 正義三菱電機SANE2006-142
近接複数目標の追尾,高クラッタ環境下向けの目標追尾方式ではMHT(Multiple Hypothesis Trackin... [more] SANE2006-142
pp.49-54
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会