電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 26件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EMCJ, IEE-EMC
(連催)
2019-12-13
13:35
愛知 中京大学 名古屋キャンパス 5号棟524教室 地中埋設型基地局周辺のRF電磁界ばく露計算法
東山潤司NTTドコモ)・大西輝夫長岡智明NICT)・鈴木恭宜NTTドコモEMCJ2019-75
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] EMCJ2019-75
pp.1-6
MW, ICD
(共催)
2019-03-14
15:40
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島) バラクタを用いた広ダイナミックレンジ整流回路に関する研究
鈴木絢子濱野皓志清水駿斗鹿児島大)・岡崎浩司河合邦浩福田敦史鈴木恭宣NTTドコモ)・西川健二郎鹿児島大MW2018-166 ICD2018-110
 [more] MW2018-166 ICD2018-110
pp.55-59
RCS, SR, SRW
(併催)
2019-03-08
16:30
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク [奨励講演]5Gにおける高SHF帯・広帯域Massive MIMOシステムの開発
井浦裕貴西本 浩栗山 侑中溝英之内野大地岩山直文岡崎彰浩三菱電機)・野中信秀須山 聡増野 淳鈴木恭宜今井哲朗NTTドコモ)・岡村 敦三菱電機)・奥村幸彦NTTドコモRCS2018-332
高周波数帯(SHF~EHF 帯)を活用した第5 世代移動通信システム(5G)が脚光を浴びており,飛躍的な周波数利用効率を... [more] RCS2018-332
pp.261-266
AP, MW
(併催)
2018-09-20
14:30
東京 東京工業大学 準ミリ波帯送受信フロントエンドモジュールの検討
加保貴奈山口 陽芝 宏礼NTT)・鈴木恭宜岡崎浩司NTTドコモMW2018-59
 [more] MW2018-59
pp.1-6
AP, MW
(併催)
2018-09-21
10:20
東京 東京工業大学 電力増幅器で発生する相互変調ひずみ成分の統計的性質に関する検討
鈴木恭宜岡崎浩司NTTドコモMW2018-64
広帯域変調波を電力増幅器に入力したときに発生する相互変調ひずみ成分の統計的性質について述べる.電力増幅器の伝達関数をべき... [more] MW2018-64
pp.29-34
AP, MW
(併催)
2017-09-21
14:25
埼玉 埼玉大学 準ミリ波帯アンテナフィルタ一体化モジュールの評価結果
鈴木恭宜佐藤 圭岡崎浩司楢橋祥一NTTドコモ)・加保貴奈山口 陽新井麻希芝 宏礼NTTMW2017-69
 [more] MW2017-69
pp.5-9
AP, MW
(併催)
2017-09-21
14:50
埼玉 埼玉大学 準ミリ波帯フロントエンドICとモジュールの評価結果
加保貴奈山口 陽新井麻希芝 宏礼NTT)・鈴木恭宜佐藤 圭岡崎浩司楢橋祥一NTTドコモMW2017-70
第5 世代移動通信方式(5G)における高速伝送と大容量化に向け,準ミリ波帯域のアレーアンテナを用いたMassive MI... [more] MW2017-70
pp.11-15
MW
(第二種研究会)
2017-06-14
- 2017-06-16
海外 KMUTT(タイ・バンコク) 28GHz帯Massive MIMO向け電力増幅器
鈴木恭宜河合邦浩岡崎浩司NTTドコモ
 [more]
MW, AP
(併催)
2015-09-17
13:55
栃木 小山高専 [依頼講演]Massive-MIMO基地局装置用RFフロントエンド
鈴木恭宜佐藤 圭角 誠福田敦史楢橋祥一NTTドコモAP2015-83 MW2015-90
第5世代移動通信方式について、大容量かつ高速伝送を可能にするMassive-MIMO技術を適用した基地局装置の検討が行わ... [more] AP2015-83 MW2015-90
pp.21-25(AP), pp.19-23(MW)
AP, MW
(併催)
2014-09-18
09:30
東京 東工大 大岡山キャンパス [依頼講演]素子値の異なる2つのCRLH-TLセルを縦続接続した線路構造による4帯域通過フィルタの基礎検討
佐藤 圭鈴木恭宜高儀雄太楢橋祥一NTTドコモAP2014-91 MW2014-84
右手/左手系複合型伝送線路(Composite Right- and Left-Handed Transmission ... [more] AP2014-91 MW2014-84
pp.1-4
MW 2014-05-22
09:30
京都 同志社大 CRLH線路を用いた並列リング型疎結合ラットレース回路の一構成法
大門洋輔河合 正榎原 晃太田 勲兵庫県立大)・佐藤 圭鈴木恭宜岡崎浩司楢橋祥一NTTドコモMW2014-25
 [more] MW2014-25
pp.7-12
MW 2014-03-04
11:50
愛媛 愛媛大学 終端短絡/開放結合線路を用いた広帯域疎結合ブランチラインカプラの設計
中島宣雄河合 正榎原 晃太田 勲兵庫県立大)・佐藤 圭鈴木恭宜岡崎浩司楢橋祥一NTTドコモMW2013-201
終端開放結合線路を外部整合回路とした電力分配比Rが1~5程度の広帯域ブランチラインハイブリッドを既に報告しているが,この... [more] MW2013-201
pp.23-27
MW 2013-11-21
10:00
鹿児島 鹿児島県文化センター ひずみ成分の周波数依存性を補償するディジタルプリディストータのデュアルバンド化
鈴木恭宜大河原純哉楢橋祥一NTTドコモMW2013-132
ひずみ成分の周波数依存性を補償するディジタルプリディストータ(DPDL)におけるデュアルバンド構成を提案する.デュアルバ... [more] MW2013-132
pp.5-10
MW, AP
(併催)
2013-09-13
16:15
東京 NHK技研 SHF/EHF帯を用いる超高速モバイル無線アクセスシステム
奥村幸彦楢橋祥一今井哲朗須山 聡岡崎浩司鈴木恭宜NTTドコモMW2013-99
将来の超高速・大容量モバイル通信ネットワークの実現に向け,既存のセルラシステムにおけるマクロセル(比較的低い周波数を使用... [more] MW2013-99
pp.65-70
MW 2012-12-13
16:15
山梨 山梨大学 CRLH線路を用いた並列リング型疎結合ラットレース回路
住友祐馬河合 正榎原 晃太田 勲兵庫県立大)・佐藤 圭鈴木恭宜岡崎浩司楢橋祥一NTTドコモMW2012-132
同相/逆相分配のラットレース回路において,2出力のアンバランスを大きくした場合,一対のリング線路部の特性インピーダンスを... [more] MW2012-132
pp.31-36
MW 2012-03-02
13:00
佐賀 佐賀大学 結合線路を用いた広帯域ブランチラインカプラの耐電力性
河合 正林 俊貴榎原 晃太田 勲兵庫県立大)・佐藤 圭鈴木恭宜岡崎浩司楢橋祥一NTTドコモMW2011-184
 [more] MW2011-184
pp.91-95
NS, RCS
(併催)
2011-12-16
16:20
山口 山口大学 歪成分の周波数依存性を補償するディジタルプリディストータによるPAPR低減手法
大河原純哉鈴木恭宜楢橋祥一NTTドコモRCS2011-263
歪成分の周波数依存性を補償する,べき級数型ディジタルプリディストータ(DPDL)による歪補償量のさらなる改善を目的として... [more] RCS2011-263
pp.183-186
EMD 2010-11-12
11:45
海外 西安交通大学(中国、西安) 電力伝達用小形スリップリングの劣化に関する検討
鈴木康誉森田 登上野貴博澤 孝一郎日本工大)・Kaoru EndoJapan ServoEMD2010-109
 [more] EMD2010-109
pp.175-178
EMD 2010-03-05
13:30
神奈川 横浜国立大学 電力伝達用小形スリップリングにおけるニッケルメッキ厚と接触信頼性
鈴木康誉澤 孝一郎上野貴博森田 登日本工大EMD2009-129
本研究では、Au(Ni下地)メッキスリップリングとAg-Pdブラシを組み合わせた電力伝達用システムの信頼性と長寿命化に関... [more] EMD2009-129
pp.9-12
MW 2009-11-19
14:55
鹿児島 JAXA種子島宇宙センター 極低温受信フロントエンドを用いたW-CDMA方式における容量拡大効果
佐藤 圭鈴木恭宜三村哲也楢橋祥一NTTドコモ)・野島俊雄北大MW2009-132
本稿では,高温超伝導フィルタ,極低温低雑音増幅器及び冷却装置で構成される極低温受信フロントエンドをW-CDMA方式基地局... [more] MW2009-132
pp.25-28
 26件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会