お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SANE 2015-05-29
13:20
神奈川 JAXA相模原キャンパス マイクロ波帯におけるSPICA衛星構造体のシールド特性 (その2)
森 裕哉東京電機大)・冨木淳史JAXA)・小林岳彦東京電機大)・村田泰宏松原英雄中川貴雄JAXA)・田原 健関東電子応用開発SANE2015-10
2025年以降の打ち上げを目指す赤外線天文衛星SPICAには,絶対温度6Kまで冷却する遠赤外線観測装置が搭載される.この... [more] SANE2015-10
pp.23-28
SANE 2014-05-23
16:00
神奈川 JAXA 相模原キャンパス マイクロ波帯におけるSPICA衛星構造体のシールド特性
森 裕哉東京電機大)・冨木淳史JAXA)・小林岳彦東京電機大)・村田泰宏松原英雄中川貴雄JAXA)・田原 健関東電子応用開発SANE2014-19
次世代赤外線天文衛星SPICAには,絶対温度4.5Kまで冷却する遠赤外線観測装置が搭載される.このため,地球を指向する高... [more] SANE2014-19
pp.51-56
SANE 2010-10-28
14:20
海外 Ramada Hotel, 済州島(韓国) [招待講演]ASTRO-G Project
Yasuhiro MurataJAXA
 [more]
AP 2009-04-09
10:00
大阪 阪府大 電波天文衛星(ASTRO-G)搭載用オフセットカセグレンアンテナ光学系の検討および8GHz帯受信機の開発
黒岩宏一木村公洋小川英夫千葉正克阪府大)・氏原秀樹国立天文台)・春日 隆法政大)・土居明広村田泰宏坪井昌人JAXA)・三谷友彦京大AP2009-1
我々は、電波天文衛星(ASTRO-G)搭載望遠鏡と、地上の電波望遠鏡との間でVLBI観測を行い、地球上だけでは不可能であ... [more] AP2009-1
pp.1-5
SANE 2008-11-24
13:30
海外 Ba-Da-Guan Hotel(中国青島市) Space VLBI Mission -ASTRO-G-
Kousuke KawaharaHirobumi SaitoKeisuke YoshiharaMasato TsuboiYasuhiro MurataJAXA)・Makoto InoueNAOJSANE2008-64
Space VLBI (very long baseline interferometry) mission, ASTR... [more] SANE2008-64
pp.7-11
SANE 2008-06-26
15:40
茨城 JAXA筑波宇宙センター ASTRO-G通信系概要
河野裕介国立天文台)・村田泰宏坂井智彦齋藤宏文JAXASANE2008-23
 [more] SANE2008-23
pp.57-60
SANE 2007-11-30
14:40
神奈川 JAXA (相模原) 史上最高の分解能で宇宙を見るスペースVLBIミッションASTRO-G計画について
齋藤宏文村田泰宏坪井昌人JAXASANE2007-89
 [more] SANE2007-89
pp.41-45
SANE 2005-08-26
13:00
茨城 鹿島宇宙通信センター NICTにおける宇宙飛翔体位置決定を目的とするVLBI実験結果
市川隆一関戸 衛竹内 央小山泰弘近藤哲朗NICT)・望月奈々子村田泰宏吉川 真市川 勉加藤隆二JAXA)・大西隆史富士通)・藤咲淳一高島和宏国土地理院
 [more] SANE2005-49
pp.19-24
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会