お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 10件中 1~10件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NLP 2012-07-06
12:10
鹿児島 鹿児島県産業会館 An Effective and Globally Convergent Newton Fixed-Point Homotopy Method for MOS Transistor Circuits
Dan NiuZiming ZhaoYasuaki InoueWaseda Univ.NLP2012-53
 [more] NLP2012-53
pp.85-90
NLP, CAS
(共催)
2006-10-04
14:30
大阪 大阪府立大学中百舌鳥キャンパス An Effective Implementation of the Compound Element Pseudo-transient Algorithm on SPICE3
Hong YuYasuaki InoueWaseda Univ)・Xiaochuan HuJedat)・Kazutoshi SakoWaseda Univ
 [more] CAS2006-26 NLP2006-49
pp.31-36
NLP, CAS
(共催)
2006-10-04
14:55
大阪 大阪府立大学中百舌鳥キャンパス MOSトランジスタ回路の大域的求解法
佐古和聡兪 宏井上靖秋早大
 [more] CAS2006-27 NLP2006-50
pp.37-42
NLP, CAS
(共催)
2006-10-05
09:00
大阪 大阪府立大学中百舌鳥キャンパス A Low-Power High-Speed Rail-to-Rail class-B Output Buffer for TFT-LCD Source Driver
Wei-Lun HuangJun PanZheng LiangYasuaki InoueWaseda Univ.)・Yu-Zung ChiouSouthern Taiwan Uni. of Tech.
 [more] CAS2006-34 NLP2006-57
pp.1-6
NLP, CAS
(共催)
2006-10-05
09:25
大阪 大阪府立大学中百舌鳥キャンパス A Low-Power High-Speed Rail-to-Rail Class-B Buffer Amplifier for LCD Column Driver
Zheng LiangJun PanWei-Lun HuangYasuaki InoueWaseda Univ.
 [more] CAS2006-35 NLP2006-58
pp.7-11
NLP 2006-01-24
14:00
徳島 四国大学 A Psudo-Transient Method Using Compound Elements for Finging DC Operating Points
Hong YuYasuaki InoueYuki MatsuyaWaseda Univ.
 [more] NLP2005-102
pp.25-30
CAS, NLP
(共催)
2005-09-15
13:30
新潟 長岡技術科学大学 パス追跡回路を用いた可変利得ニュートンホモトピー法のSPICE上への実装
黒木 渉・○山村清隆中大)・井上靖秋早大
大域的収束性(任意の初期値から必ず解に収束する性質)があり,かつ非常に効率が良い非線形回路の直流解析法として可変利得ニュ... [more] CAS2005-28 NLP2005-41
pp.13-18
CAS, NLP
(共催)
2005-09-15
15:00
新潟 長岡技術科学大学 Modeling the Effective Capacitance of Interconnect Loads for Predicting CMOS Gate Slew
Zhangcai HuangWaseda Univ.)・Atsushi KurukawaSTAC)・Yasuaki InoueWaseda Univ.
In deep submicron designs, predicting
gate slews and delays... [more]
CAS2005-31 NLP2005-44
pp.31-36
NLP 2005-03-26
11:00
東京 東京大学(本郷,山上会館) An Efficient Homotopy Method for Solving Nonlinear Circuits
Kiyotaka Yamamura・○Naoki SuzukiYu ImaiChuo Univ.)・Yasuaki InoueWaseda Univ.
非線形回路の直流動作点を確実に求めるための非常に効率的なホモトピー法を提案する.この方法は従来のホモトピー法と比べてあら... [more] NLP2004-128
pp.19-24
NLP, CAS
(共催)
2004-09-13
17:00
京都 京大 桂キャンパス [招待講演]パス追跡回路 ~ 式を回路で記述するSPICE指向型数値解析法 ~
山村清隆黒木 渉中大)・井上靖秋早大
パス追跡回路は,「式を回路で記述する」という逆転的発想に基づく方法論である.すなわち,一般に非線形システムの数値解析では... [more] CAS2004-27 NLP2004-39
pp.33-38
 10件中 1~10件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会