電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
WPT, EE
(併催)
2019-10-10
11:30
滋賀 龍谷大学瀬田キャンパス RECホール (小ホール) 筒状の水を用いたワイヤレス給電
辻村智寛張 陽軍龍谷大)・粟井郁雄リューテックWPT2019-38
 [more] WPT2019-38
pp.63-66
MW 2017-11-10
14:10
沖縄 宮古島マリンターミナルビル 電界結合直列共振型WPTシステムの設計法
松本直剛張 陽軍龍谷大)・粟井郁雄リューテックMW2017-139
送電電極に対する受電電極の位置自由度が高いという電界結合の利点を活かした車の走行中給電システムを提案する。このシステムの... [more] MW2017-139
pp.151-156
WPT 2017-03-06
15:50
京都 京都大学宇治キャンパス 水平移動体へのグランドレス電界結合非接触給電に関する検討
川辺健太朗張 陽軍龍谷大)・粟井郁雄リューテックWPT2016-72
λ/2 オープンスパイラル共振器に電極板を直結し、送電側の電極付きスパイラルコイルの電極を大きくすることで受電電極が送電... [more] WPT2016-72
pp.37-42
EMCJ, WPT, PEM
(併催)
2016-11-24
15:25
東京 機械振興会館 回転機構に対する非接触給電に用いるディスクリピーターの小型化に関する検討
川辺健太朗張 陽軍龍谷大)・粟井郁雄リューテックWPT2016-39
我々は銅製の二枚の円板をワイヤーで結んだ簡便な非共振型リピーターの開発を行ってきた。それは両端を開放したスパイラルコイル... [more] WPT2016-39
pp.13-18
EE, WPT
(併催)
2016-10-06
13:30
京都 龍谷大学 セミナーハウス ともいき荘 (京都市) ディスクリピーターを用いた多関節アームロボットへの新しい非接触給電法
川辺健太朗張 陽軍龍谷大)・粟井郁雄リューテックWPT2016-23
本稿では工業用多関節アームロボットの各関節ごとのモーターへの非接触給電を目指す。アームロボットは各関節を激しく回転させる... [more] WPT2016-23
pp.19-24
EE, WPT
(併催)
2016-10-06
14:45
京都 龍谷大学 セミナーハウス ともいき荘 (京都市) ディスクリピータによる電界結合WPTシステムの設計理論
粟井郁雄リューテック)・川辺健太朗張 陽軍龍谷大WPT2016-26
ディスクリピータをアームロボットの非接触給電に用いるためにはその設計理論を作り上げる必要がある。その端緒としてディスクリ... [more] WPT2016-26
pp.37-42
EMCJ 2016-05-13
11:05
北海道 北海道大学 百年記念会館 磁界結合型WPTシステムに対する透明な水シールドの提案とその基礎検討 ~ EMC問題解決に向けて ~
川辺健太朗張 陽軍龍谷大)・粟井郁雄リューテックEMCJ2016-9
本稿では水道水を用いた透明な電磁シールドの提案を行う。波源が存在する自由空間と水のインピーダンス不整合反射を利用すること... [more] EMCJ2016-9
pp.1-6
WPT 2016-03-08
10:50
京都 京都大学宇治キャンパス 塩水がスパイラル共振器の無負荷Q値に与える損失機構に関する理論解析
川辺健太朗二神 大張 陽軍石崎俊雄龍谷大)・粟井郁雄リューテックWPT2015-89
我々は高効率海水中無線給電を実現するためスパイラル共振器の装荷容量、共振周波数、サイズ、線種等の種々のパラメータの最適化... [more] WPT2015-89
pp.71-76
AP, RCS, WPT, SAT
(併催)
2015-11-06
13:10
沖縄 沖縄県立博物館・美術館 スパイラル共振器の無負荷Qに対する塩水の影響
川辺健太朗二神 大張 陽軍石崎俊雄龍谷大)・粟井郁雄リューテックWPT2015-60
海水中給電の効率を上げるために、塩水が共振器に与える影響を解明する必要がある。共振器としては最もスペース効率の高いスパイ... [more] WPT2015-60
pp.73-78
EE, IEE-SPC
(連催)
WPT
(併催) [詳細]
2015-07-07
15:40
京都 同志社大学 海水中給電のためのスパイラル共振器パラメータの検討
川辺健太朗二神 大張 陽軍石崎俊雄龍谷大)・粟井郁雄リューテックWPT2015-44
海水のような導電性媒質を介したワイヤレス給電では最も効率の高い共振器の構成法は空中とは異なる。スパイラルコイル共振器を取... [more] WPT2015-44
pp.49-53
EE, IEE-SPC
(連催)
WPT
(併催) [詳細]
2015-07-07
16:10
京都 同志社大学 Electric and Magnetic Coupling Calculation between Non-identical Resonators
Yangjun ZhangRyukoku Univ.)・Ikuo AwaiRyutechWPT2015-45
共振器間の結合係数はマイクロ波バンドパスフィルター(BPF)の設計、無線電力伝送システムにおいて重要なパラメータである。... [more] WPT2015-45
pp.55-60
WPT 2015-03-25
11:00
京都 京都大学宇治キャンパス ダイオードグリッドに基づいた電磁波シールド
張 陽軍礪波博登龍谷大WPT2014-104
アンテナやレーダ、レンズシステムなどの高周波装置は意図的か意図せずに導入された強い電磁波から守ることが求められている。ダ... [more] WPT2014-104
pp.55-60
WPT 2014-12-19
11:00
大分 ダイヘンテック(株)大分工場 ディスクリピータの等価回路表現と応用
生田祐也張 陽軍龍谷大)・粟井郁雄リューテックWPT2014-71
 [more] WPT2014-71
pp.41-46
MW, SCE, WPT
(共催)
2014-04-18
16:15
東京 機械振興会館 ディスクリピータの2次元ワイヤレス給電への応用
生田祐也澤原裕一張 陽軍石崎俊雄龍谷大)・粟井郁雄リューテックWPT2014-23 SCE2014-23 MW2014-23
共振器を並べて構成する従来のリピータはほとんど応用の道がないが、我々の開発したディスクリピータは構造の簡単さと伝送効率の... [more] WPT2014-23 SCE2014-23 MW2014-23
pp.121-126
EE, IEE-SPC
(連催)
WPT
(併催) [詳細]
2013-07-25
10:20
東京 機械振興会館 WPTガイドの応用
粟井郁雄リューテック)・澤原裕一生田祐也張 陽軍石崎俊雄龍谷大
金属パイプやロッド、さらには円板をワイヤで結んだ構造物を結合共振器型WPTシステムの共振器間に挿入すると大幅な伝送距離延... [more]
MW 2008-08-28
10:10
大阪 大阪大学(豊中) ブロードサイド結合λ/4コプレーナー共振器を用いた狭帯域から広帯域に至る小型BPF設計に関する一提案
張 陽軍森永涼太粟井郁雄龍谷大MW2008-79
コムライン、インターディジタル共振器間の結合を解析し、共振器結合係数を制御する方法を提案した。提案した方法を用いてブロー... [more] MW2008-79
pp.1-6
MW 2007-05-22
13:55
兵庫 兵庫県立大学 [招待講演]時間領域における共振器全パラメータの抽出
粟井郁雄石田哲也鈴木健司張 陽軍龍谷大MW2007-26
共振器の主要な定数を時間領域で算出する方法を提案している。共振周波数、外部Q、無負荷Q、結合係数を共振電磁界の時間変化か... [more] MW2007-26
pp.79-84
MW 2006-05-19
10:20
滋賀 龍谷大学 時間領域における共振器基本定数の計算
粟井郁雄・○石田哲也張 陽軍龍谷大
 [more] MW2006-19
pp.41-46
MW 2006-05-19
10:45
滋賀 龍谷大学 共振器の結合係数の重なり積分による計算
粟井郁雄・○張 陽軍龍谷大
 [more] MW2006-20
pp.47-52
MW 2005-05-19
10:45
滋賀 龍谷大学 マイクロ波自由空間技術を用いた密度に依存しない高含水率測定法
張 陽軍小倉康寛宮下豊勝龍谷大
本報告は、高含水率の物質に対して密度に依存しない含水率測定をマイクロ波自由空間技術を用いて実現する2つの方法を提案し検証... [more] MW2005-12
pp.1-5
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会