電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 10件中 1~10件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CNR 2017-09-01
14:35
北海道 小樽経済センター 対話を行う分散ロボットによる迷子探索システム
和田史織諏訪重貴涌村 武杉本 徹菅谷みどり芝浦工大CNR2017-12
【はじめに】
複数台のロボットによるサービスの応用の一つとして、ショッピングモールなどでの迷子探索がある。迷子探索は、... [more]
CNR2017-12
pp.19-24
NLC, TL
(共催)
2017-06-10
10:50
鳥取 鳥取大学 雑談対話システムにおいて話題転換に用いる連想語の取得に関する研究
浅見一樹杉本 徹芝浦工大TL2017-11 NLC2017-11
雑談対話システムはその性質上ユーザを飽きさせない工夫が必要である。その工夫の一つとして話題の転換が挙げられる。本研究では... [more] TL2017-11 NLC2017-11
pp.59-64
NLC 2015-02-06
09:30
大阪 ティーオージー会議室 オノマトペを利用した小説推薦システムの開発
小野寺祐貴杉本 徹芝浦工大NLC2014-48
(事前公開アブストラクト) 近年, インターネットとそのデバイスの普及により, 直接店舗に足を運ばなくても商品をネットか... [more] NLC2014-48
pp.23-28
HIP, HCS
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2013-05-30
13:35
沖縄 沖縄産業支援センター 行為駆動型構図決定ルール生成のための予備的研究 ~ シネマ技法の工学的応用を目指して ~
小野寺祐貴芝浦工大)・島崎太一野村総研)・杉本 徹榎津秀次芝浦工大HCS2013-6 HIP2013-6
 [more] HCS2013-6 HIP2013-6
pp.31-36
HIP, HCS
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2013-05-31
09:30
沖縄 沖縄産業支援センター 映画のショット解析によって導出される情報に基づく日常的イベント映像自動生成 ~ 構図情報決定のためにKinectセンサーを利用した行為認識 ~
野田佑帆芝浦工大)・古川智裕日本総研)・杉本 徹榎津秀次芝浦工大
 [more]
AI 2012-11-26
14:00
福岡 九州大学 伊都キャンパス ウエスト2号館 521教室 ニューラルネットワークによる数独の難易度判定手法の提案
天野秀亮篠埜 功杉本 徹芝浦工大AI2012-17
数独の問題は通常パズルの作者によって難易度でレベル分けがなされる.問題を解く人は通常何らかの推論規則を用いてマスに入りう... [more] AI2012-17
pp.13-18
ICM 2012-03-16
17:20
沖縄 沖縄県男女共同参画センター 端末操作自動化ソフトUMSの概要と適用事例
横瀬史拓田中宏幸豊田貴広堀田健太郎井上 晃杉本 悟NTTICM2011-73
通信設備の運用保守業務においては、人手により行われるシステム化から漏れた定型繰り返し作業が多く存在する。それら定型繰り返... [more] ICM2011-73
pp.149-154
ICM 2009-07-10
09:40
山形 酒田市 公益研修センター 業務プロセス分析における分析対象サブプロセス抽出および処理パターン分類方法
小笠原志朗土川公雄田中宏幸杉本 悟丸山 勉NTTICM2009-21
業務システムに蓄積された処理の実行履歴を利用して業務分析を支援する技術の利用が進んでいる.
業務上の問題点の特定には,... [more]
ICM2009-21
pp.45-50
PRMU, NLC, TL
(共催)
2006-10-20
14:40
東京 NHK技研 選択体系機能言語理論に基づく日本語文の語彙文法解析
杉本 徹芝浦工大)・伊藤紀子菅野道夫同志社大
 [more] NLC2006-25
pp.15-20
IN, ICM, LOIS
(併催)
2006-01-19
13:05
京都 京都大学 オントロジーを用いたOSSモデルの再利用
堀内信吾井上正輝佐藤正崇吉田 寛井上貴司杉本 悟山村哲哉NTT
ブロードバンドサービスの急速な展開に伴い,新規サービスを低コスト且つ短期間で導入することが求められている.その為には,サ... [more] TM2005-42
pp.1-6
 10件中 1~10件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会