お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 115件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SITE, ISEC, LOIS
(共催)
2021-11-12
13:00
ONLINE オンライン開催 クラウドセンシング向けの失効可能な匿名評価システム
小林春輝中西 透北須賀輝明広島大ISEC2021-41 SITE2021-35 LOIS2021-24
クラウドセンシングでは,ユーザの位置情報を取り扱うことから匿名でセンシングデータを送信することが望ましいとされる.しかし... [more] ISEC2021-41 SITE2021-35 LOIS2021-24
pp.1-6
SITE, ISEC, LOIS
(共催)
2021-11-12
13:25
ONLINE オンライン開催 グラフ情報の分離性のゼロ知識証明における秘匿性の強化
村上友樹中西 透今井克暢広島大ISEC2021-42 SITE2021-36 LOIS2021-25
ネットワークで接続されたシステムはグラフを用いて表現できる.システム利用者であるテナントにとって,自らのシステムがうまく... [more] ISEC2021-42 SITE2021-36 LOIS2021-25
pp.7-12
LOIS, ISEC, SITE
(共催)
2020-11-06
11:20
ONLINE オンライン開催 クラウドセンシング向け失効可能グループ署名の高速化
中澤勇人中西 透広島大ISEC2020-34 SITE2020-31 LOIS2020-14
クラウドセンシングでは,モバイル端末を携帯した多数のユーザが移動中に環境データや混雑状況をユーザの位置情報とともにサーバ... [more] ISEC2020-34 SITE2020-31 LOIS2020-14
pp.13-18
ISEC, SITE, LOIS
(共催)
2019-11-01
13:35
大阪 大阪大学 吹田キャンパス ペアリングを用いたグラフ情報のゼロ知識証明の高速化
吉野大海中西 透広島大ISEC2019-67 SITE2019-61 LOIS2019-26
 [more] ISEC2019-67 SITE2019-61 LOIS2019-26
pp.33-39
ISEC, SITE, LOIS
(共催)
2019-11-01
14:25
大阪 大阪大学 吹田キャンパス 失効可能グループ署名を用いたクラウドセンシングにおける認証処理の実装
並木 聖中西 透広島大ISEC2019-69 SITE2019-63 LOIS2019-28
 [more] ISEC2019-69 SITE2019-63 LOIS2019-28
pp.49-54
ISEC, SITE, ICSS, EMM, HWS, BioX
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(共催)
(連催) [詳細]
2019-07-23
13:35
高知 高知工科大学 クラウドセンシング向け失効可能グループ署名における匿名性の強化
中澤勇人中西 透広島大ISEC2019-22 SITE2019-16 BioX2019-14 HWS2019-17 ICSS2019-20 EMM2019-25
クラウドセンシングでは,モバイル端末を携帯した多数のユーザが移動中に環境データや混雑状況をユーザの位置情報とともにサーバ... [more] ISEC2019-22 SITE2019-16 BioX2019-14 HWS2019-17 ICSS2019-20 EMM2019-25
pp.107-112
SITE, ISEC, LOIS
(共催)
2018-11-04
14:40
福岡 九州大学 大橋キャンパス 否定論理を含む和積標準形を証明可能な匿名属性認証システムの提案
沖島 遼中西 透広島大ISEC2018-78 SITE2018-56 LOIS2018-38
近年、電子身分証明書(eID)が普及し、このeIDを利用して建物にアクセスしたり、Webサービスの利用 に適用されている... [more] ISEC2018-78 SITE2018-56 LOIS2018-38
pp.79-85
SITE, ISEC, LOIS
(共催)
2018-11-04
15:10
福岡 九州大学 大橋キャンパス ペアリングを用いたグラフ情報のゼロ知識証明
吉野大海中西 透広島大ISEC2018-79 SITE2018-57 LOIS2018-39
ネットワークシステムを管理するプロバイダに対して,ネットワークトポロジーを表すグラフの情報をすべて開示せずともシステム利... [more] ISEC2018-79 SITE2018-57 LOIS2018-39
pp.87-93
ISEC, COMP
(共催)
2017-12-21
15:50
高知 高知工科大学永国寺キャンパス サーバによるキーワード推測攻撃に対して安全な検索可能公開鍵暗号の安全性検討と拡張
齋藤尭範中西 透広島大ISEC2017-80 COMP2017-34
 [more] ISEC2017-80 COMP2017-34
pp.51-57
ISEC, COMP
(共催)
2017-12-21
16:15
高知 高知工科大学永国寺キャンパス アキュームレータを用いた評価値ベースのブラックリスト型匿名認証
金谷健士中西 透広島大ISEC2017-81 COMP2017-35
グループ署名などの従来の匿名認証では、ID管理者が正規ユーザを特定できてしまう問題がある。この解決策としてブラックリスト... [more] ISEC2017-81 COMP2017-35
pp.59-65
ISEC, COMP
(共催)
2017-12-22
09:50
高知 高知工科大学永国寺キャンパス 線型準同型署名を用いた管理者に対して秘匿性を持つ評価システム
上野山大貴中西 透広島大ISEC2017-83 COMP2017-37
 [more] ISEC2017-83 COMP2017-37
pp.75-81
LOIS, ISEC, SITE
(共催)
2017-11-10
14:40
京都 京都産業大学むすびわざ館 ベクトルコミットメントを用いた失効可能グループ署名の高速化
清田康之サディア中西 透広島大ISEC2017-68 SITE2017-50 LOIS2017-45
 [more] ISEC2017-68 SITE2017-50 LOIS2017-45
pp.107-113
LOIS, ISEC, SITE
(共催)
2017-11-10
15:40
京都 京都産業大学むすびわざ館 属性ベース暗号を用いたIoT向け相互認証の実装
椿 雄介中西 透広島大ISEC2017-70 SITE2017-52 LOIS2017-47
近年, IoTを利用したサービスが普及している. IoTシステムでは, 機器とサーバ間で双方向の通信モデルとなっているた... [more] ISEC2017-70 SITE2017-52 LOIS2017-47
pp.123-128
COMP, ISEC
(共催)
2016-12-21
09:30
広島 広島大学 東広島キャンパス 法人本部棟4階会議室 アキュームレータを用いたブラックリスト型匿名認証システムの改良
愛甲 悠中西 透広島大ISEC2016-70 COMP2016-31
現在利用されているIDベースのユーザ認証では、サービス提供者(SP)にユーザの利用履歴が蓄積しプライバシー問題が発生しう... [more] ISEC2016-70 COMP2016-31
pp.1-7
ICD 2016-04-15
10:55
東京 機械振興会館 [招待講演]車載向け高温Tj=175℃書換え1億回以上、エネルギー0.07mJ/8kBの90nm 1T-MONOS eFlashの開発
中西 悟三谷秀徳松原 謙吉田 浩河野隆司帯刀恭彦伊藤 孝倉藤 崇野口健二日高秀人山内忠明ルネサス エレクトロニクスICD2016-15
車載用途のフラッシュメモリを混載したマイコン向けに、90nmプロセスの1T-MONOS構造を採用した混載用フラッシュマク... [more] ICD2016-15
pp.77-81
PRMU, CNR
(共催)
2016-02-22
10:30
福岡 九州工業大学・飯塚キャンパス 奥行情報と輝度情報の整合性を利用した屋外環境計測データからの移動物体検出
髙部篤志武原 光河合紀彦佐藤智和奈良先端大)・中西 悟町田貴史豊田中研)・横矢直和奈良先端大PRMU2015-151 CNR2015-52
 [more] PRMU2015-151 CNR2015-52
pp.103-108
LOIS, ISEC, SITE
(共催)
2015-11-06
16:45
神奈川 神奈川大学 1号館804会議室 アキュームレータを用いたブラックリスト型匿名認証システムの認証時間の軽減
愛甲 悠中西 透広島大ISEC2015-47 SITE2015-34 LOIS2015-41
現在利用されているIDベースのユーザ認証では、サービス提供者(SP)にユーザの利用履歴が蓄積しプライバシー問題が発生しう... [more] ISEC2015-47 SITE2015-34 LOIS2015-41
pp.75-80
ISEC 2014-09-05
14:45
東京 機械振興会館 Efficient Proofs for Monotone Formulas on Attributes Excluding Restriction in Anonymous Credential System
Shahidatul SadiahOkayama Univ.)・Toru NakanishiHiroshima Univ.)・Nobuo FunabikiOkayama Univ.ISEC2014-50
匿名属性認証システムでは,ユーザが誰であるかを秘匿したまま,自分の年齢や性別などの属性がある関係を満たしていることをサー... [more] ISEC2014-50
pp.21-26
ICM, IPSJ-IOT, IPSJ-CSEC
(連催)
2014-05-23
10:00
大分 ホルトホール大分 [奨励講演]デバイス機能仮想化フレームワークの提案
小池幸生河田博昭伊藤可久松本 猛村山卓弥中西 徹NTTICM2014-3
PCやAV機器等,家庭向けIPネットワーク対応機器の増加を背景として,ホームネットワークを対象とした様々なICTサービス... [more] ICM2014-3
pp.95-100
ICM, IPSJ-IOT, IPSJ-CSEC
(連催)
2014-05-23
10:25
大分 ホルトホール大分 デバイス機能仮想化におけるマルチプロトコル制御方式の検討
松本 猛伊藤可久村山卓弥小池幸生河田博昭中西 徹NTTICM2014-4
近年,M2Mの普及が期待されており,我々はクラウドから簡単にM2Mデバイスにアクセス可能なWEBサービスを安価に構築する... [more] ICM2014-4
pp.101-106
 115件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会