お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 11件中 1~11件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCS, AP, UWT
(併催)
2020-11-27
11:45
ONLINE オンライン開催 海中における多段式非接触伝送技術の基礎検討
石渡隼也井上朝哉海洋研究開発機構)・粟井郁雄リューテック
 [more]
WPT 2020-03-07
10:30
京都 京都大学宇治キャンパス 超多段非接触給電ドリルパイプ結合部におけるコイル・フェライト 一体構造の検討
澤井秀将石崎俊雄龍谷大)・井上朝哉石渡隼也海洋研究開発機構)・粟井郁雄リューテックWPT2019-74
 [more] WPT2019-74
pp.89-94
WPT, EE
(併催)
2019-10-10
14:40
滋賀 龍谷大学瀬田キャンパス RECホール (小ホール) 密着構造のコイル結合によるドリルパイプ非接触給電
澤井秀将石崎俊雄龍谷大)・井上朝哉石渡隼也海洋研究開発機構)・粟井郁雄リューテックWPT2019-41
 [more] WPT2019-41
pp.79-82
WPT
(第二種研究会)
2018-11-02
- 2018-11-04
宮城 東北大学 周期回路を用いた海底掘削ドリルへの電力・信号の同時伝送の検討
平岩達也石崎俊雄龍谷大)・井上朝哉石渡隼也海洋研究開発機構)・粟井郁雄リューテック
 [more]
IN, NS, CS, NV
(併催)
2018-09-06
18:10
宮城 東北大学 電気通信研究所 [依頼講演]超大規模無線実験のための無線ネットワークエミュレータの設計
明石邦夫NICT)・橋本光世北陸先端大)・井上朋哉宮地利幸NICTNS2018-98 IN2018-32 CS2018-51
小型デバイスと無線技術の機能向上により、我々は多数のデバイスを用いて様々なデータを活用することが可能となってきている。
... [more]
NS2018-98 IN2018-32 CS2018-51
pp.59-64
WPT 2017-03-06
15:15
京都 京都大学宇治キャンパス 周期構造理論に基づいた海底掘削ドリルへのWPTシステム
伊藤竜次石崎俊雄龍谷大)・井上朝哉石渡隼也海洋研究開発機構)・粟井郁雄リューテックWPT2016-71
超長距離の海底科学掘削を行う際に数100本接続した10mの金属パイプの先端に電力を送りたい。しかし、電力の有線伝送は構造... [more] WPT2016-71
pp.31-36
ICM, LOIS
(共催)
2015-01-15
13:20
福岡 関門海峡&門司港レトロ 旧大連航路上屋 SF-TAP:柔軟で規模追従可能なトラフィック解析基盤の設計
高野祐輝三浦良介安田真悟NICT)・明石邦夫井上朋哉北陸先端大ICM2014-33 LOIS2014-40
 [more] ICM2014-33 LOIS2014-40
pp.7-12
IN, NV
(併催)
2013-07-18
10:45
北海道 北海道大学 工学部アカデミックラウンジ3 BlackSmith: 実験環境における仮想ノード群制御システム
鍛治祐希井上朋哉知念賢一篠田陽一北陸先端大IN2013-36
非常に大規模なネットワーク実証実験を行う場合,制御する実験ノードの数に応じて,実験者や管理ノードの管理コストの増大を招く... [more] IN2013-36
pp.1-6
IN, NV
(併催)
2013-07-18
11:10
北海道 北海道大学 工学部アカデミックラウンジ3 インターネットの特性を考慮した実験ネットワーク構築フレームワークの設計と実装
明石邦夫井上朋哉篠田陽一北陸先端大IN2013-37
ネットワークを利用した新たな技術の開発・検証を行う際にネットワークテストベッドを利用する要求が高まっている.
しかし,... [more]
IN2013-37
pp.7-12
NS, IN
(併催)
2013-03-07
09:00
沖縄 残波岬ロイヤルホテル ICTテストベッドにおける大規模検証実験の柔軟な構築に関する研究
田部英樹井上朋哉篠田陽一北陸先端大NS2012-209
ネットワーク技術の研究や開発の過程では、その動作や性能に関する検証実験が行われている。
インターネットからの影響を受け... [more]
NS2012-209
pp.255-260
IT 2011-07-21
14:00
岡山 岡山大学 共通鍵暗号HyRALのブーメラン攻撃耐性評価
井上知也金子敏信東京理科大IT2011-10
HyRALは2010年1月SCISにおいて(株)ローレルインテリジェントシステムズの平田によって提案されたブロック暗号で... [more] IT2011-10
pp.1-6
 11件中 1~11件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会