お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 45件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RECONF 2019-09-19
15:20
福岡 北九州国際会議場 SoC FPGAによる小型自律走行車の位置推定と経路計画の試行
工藤裕也高田厚志泉 知論立命館大RECONF2019-24
 [more] RECONF2019-24
pp.19-24
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
CPM, ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2017-11-07
13:25
熊本 くまもと県民交流館パレア Zynq上のプロセッサ‐ロジック間のストリーム接続のトレードオフ評価
國川大輝小森和希泉 知論立命館大RECONF2017-47
 [more] RECONF2017-47
pp.61-66
PRMU, SP
(共催)
2017-06-23
10:00
宮城 東北大学 ガボールフィルタを用いた甲骨拓本からの文字領域の抽出
渡邉清威孟 林泉 知論立命館大PRMU2017-33 SP2017-9
 [more] PRMU2017-33 SP2017-9
pp.45-50
PRMU, SP
(共催)
2017-06-23
10:30
宮城 東北大学 害獣対策のためのアライグマ画像データベースの構築と深層学習による動物画像分類の試行
初田慎弥大野真史孟 林泉 知論立命館大PRMU2017-34 SP2017-10
 [more] PRMU2017-34 SP2017-10
pp.51-56
IE, ITS
(共催)
ITE-AIT, ITE-HI, ITE-ME, ITE-MMS, ITE-CE
(共催)
(連催) [詳細]
2017-02-21
16:30
北海道 北海道大学 線分抽出パラメタの自動最適化による甲骨文字認識率の向上
鈴木達也孟 林泉 知論立命館大ITS2016-64 IE2016-122
 [more] ITS2016-64 IE2016-122
pp.315-320
CPSY, RECONF, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2017-01-23
14:30
神奈川 慶大日吉キャンパス 高速カメラを用いた可視光通信のための光源追跡モジュールの並列化の検討
中原 優泉 知論孟 林立命館大)・白木善史鎌本 優守谷健弘NTTVLD2016-73 CPSY2016-109 RECONF2016-54
 [more] VLD2016-73 CPSY2016-109 RECONF2016-54
pp.19-23
VLD, DC
(共催)
CPM, ICD, IE
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2016-11-29
10:05
大阪 立命館大学大阪いばらきキャンパス Vivado HLSによる○×ゲーム探索再帰記述のハードウェア化
広江友哉大野真史泉 知論孟 林立命館大RECONF2016-44
 [more] RECONF2016-44
pp.25-28
RECONF 2016-09-05
15:00
富山 富山大学 JAVAベース高位合成系Synthesijerによる○×ゲーム探索再帰記述のハードウェア化
広江友哉大野真史泉 知論孟 林立命館大RECONF2016-28
 [more] RECONF2016-28
pp.19-22
RECONF 2016-05-19
15:15
神奈川 富士通研究所 2016 FPGA設計コンテストについて
長名保範琉球大)・泉 知論立命館大RECONF2016-11
 [more] RECONF2016-11
pp.53-54
RECONF 2015-09-18
09:00
愛媛 愛媛大学 TRAXゲームの基本機能と連鎖の高位合成によるFPGAハードウェア設計例
泉 知論大野真史広江友哉孟 林立命館大RECONF2015-32
 [more] RECONF2015-32
pp.1-6
PRMU, IBISML
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2015-09-14
15:30
愛媛 愛媛大学 直線端点マッチングによる甲骨文字認識手法と基礎評価
鈴木達也孟 林泉 知論立命館大PRMU2015-71 IBISML2015-31
 [more] PRMU2015-71 IBISML2015-31
pp.27-32
RECONF 2015-06-20
13:10
京都 京都大学 2015 FPGA Traxコンテストの開催について
長名保範琉球大)・泉 知論立命館大)・三好健文イーツリーズ・ジャパン)・中原啓貴愛媛大RECONF2015-20
リコンフィギャラブルシステム研究会では以前からいくつかのボードゲームを課題としてFPGAデザインコンテストを実施してきた... [more] RECONF2015-20
pp.109-112
IE, ITS
(共催)
ITE-AIT, ITE-HI, ITE-ME, ITE-MMS, ITE-CE
(共催)
(連催) [詳細]
2015-02-24
10:15
北海道 北海道大学 骨格画像に基づく適応的フィルタを組み込んだブラインドデコンボリューションによる量子化ノイズ低減手法
三輪卓矢山内寛紀泉 知論齊藤和則福水洋平立命館大ITS2014-48 IE2014-75
本稿では、Total Variation(TV)法を用いたブラインドデコンボリューション法をベースとした量子化ノイズの低... [more] ITS2014-48 IE2014-75
pp.125-130
RECONF, CPSY, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2015-01-30
15:35
神奈川 慶應義塾大学 日吉キャンパス 同期FIFOのFPGAベンダ非依存記述と高速化設計
泉 知論立命館大VLD2014-147 CPSY2014-156 RECONF2014-80
 [more] VLD2014-147 CPSY2014-156 RECONF2014-80
pp.217-220
RECONF 2014-09-19
14:15
広島 杜の宿 ○×ゲームを解く再帰関数の高位合成向け記述変換の試行
大野真史中原 優泉 知論孟 林立命館大RECONF2014-32
 [more] RECONF2014-32
pp.87-92
RECONF 2014-06-12
13:45
宮城 片平さくらホール Impulse高位合成系によるBlokus対戦アルゴリズムの設計事例
河合 遼・○泉 知論立命館大RECONF2014-9
 [more] RECONF2014-9
pp.43-47
CPSY, RECONF, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2014-01-28
09:45
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス 高位合成によるFPGA実装向けSIFTアルゴリズムの構成法の基礎検討
荒川尚久孟 林泉 知論立命館大VLD2013-105 CPSY2013-76 RECONF2013-59
 [more] VLD2013-105 CPSY2013-76 RECONF2013-59
pp.19-24
VLD 2013-03-06
11:20
沖縄 沖縄県青年会館 公的検定用プロセッサCOMET IIの組込み向けソフトコアとしての設計と評価
木本 慧泉 知論立命館大VLD2012-156
 [more] VLD2012-156
pp.111-116
SP 2013-01-30
15:15
京都 同志社大学 母音のフォルマント特徴量を用いた話者識別の研究
浦上直進昌子悠太白石 淳山内寛紀福水洋平泉 知論立命館大SP2012-101
本報告では、有声音に現れるフォルマント特徴量に着目し、あらかじめ用意した単独発話母音のみの音声データベースを用いて話者を... [more] SP2012-101
pp.19-24
CPSY, VLD, RECONF
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2013-01-17
13:00
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス 画像処理用ラインバッファの高位合成系向けライブラリ化設計
荒川尚久泉 知論立命館大VLD2012-129 CPSY2012-78 RECONF2012-83
 [more] VLD2012-129 CPSY2012-78 RECONF2012-83
pp.129-134
 45件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会