お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 17件中 1~17件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
LSJ
(共催)
OFT, OCS
(併催) [詳細]
2019-08-29
14:15
北海道 道東経済センタービル 空間結合型マルチコアファイバデバイスの入力パワーに対する検証
小林哲也皆川洋介都澤雅見高畠武敏オプトクエストOCS2019-20
空間分割多重伝送(SDM)で検討が進められているマルチコアファイバMCF)は,1本の光ファイバに複数の伝搬コアが存在する... [more] OCS2019-20
pp.1-5
OFT, OCS
(併催)
2015-08-27
15:50
北海道 小樽経済センター フェイズプレートを用いた空間結合法における、6-LPモード励振の設計方法と評価
野田周作高畠武敏坪谷 博小林哲也オプトクエストOCS2015-31
フェイズプレート(PP)を用いた空間結合法において、6LPモード(LP01, LP11a,b, LP21a,b, LP0... [more] OCS2015-31
pp.1-6
OPE
(共催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2015-02-20
13:50
鹿児島 宝山ホール(鹿児島) 空間結合型ファンイン/ファンアウトデバイスの小型化の検討とその応用
鳥取裕作坪谷 博小林哲也オプトクエストOFT2014-78 OPE2014-230
近年の通信容量増大に対する一策として、マルチコアファイバ(MCF)の開発が行われている。同時に、MCFを用いた通信の実用... [more] OFT2014-78 OPE2014-230
pp.113-116(OFT), pp.153-156(OPE)
OCS, OFT
(併催)
2014-08-28
14:50
北海道 釧路ロイヤルイン マルチコアファイバ用接続コネクタの検討
小林哲也遠藤治幸皆川洋介オプトクエストOCS2014-33
1本の光ファイバ中に複数のコアを持つマルチコアファイバ(MCF)同士を簡便に接続するための光コネクタとして,MCFの軸回... [more] OCS2014-33
pp.13-16
OPE
(共催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2014-02-27
16:05
沖縄 ネストホテル 那覇 [招待講演]空間光学系マルチコアファイバ結合デバイスとその拡張性
小林哲也鳥取裕作坪谷 博皆川洋介初鹿野 圭オプトクエストOCS2013-104 OFT2013-61 OPE2013-211
光ファイバ1本あたりの容量限界を打開する1つの手段として1本の光ファイバに複数の伝搬コアを有するマルチコアファイバ(MC... [more] OCS2013-104 OFT2013-61 OPE2013-211
pp.17-22(OCS), pp.35-40(OFT), pp.35-40(OPE)
OPE
(共催)
OFT, OCS
(併催) [詳細]
2013-02-28
14:50
東京 機械振興会館 [招待講演]空間結合によるマルチコアファイバ接続技術
鳥取裕作小林哲也渡辺正行オプトクエストOCS2012-100 OFT2012-72 OPE2012-190
近年の著しい通信容量増大に対応する手段の一つとして、1本の光ファイバに複数の伝搬コアを有するマルチコアファイバ(MCF)... [more] OCS2012-100 OFT2012-72 OPE2012-190
pp.17-22
LQE, OPE
(共催)
2011-06-30
14:00
東京 機械振興会館 伝送容量の飛躍的向上へ向けた空間多重・マルチコアファイバ通信の為の基盤技術
坂口 淳淡路祥成和田尚也菅野敦史川西哲也NICT)・林 哲也樽 稔樹住友電工)・小林哲也渡辺正行オプトクエストOPE2011-21 LQE2011-21
次世代の大容量通信においては、従来型の光ファイバが抱える容量限界の克服のため、空間多重などの新しい技術の導入が必要とされ... [more] OPE2011-21 LQE2011-21
pp.29-34
PN, OCS, NS
(併催)
2011-06-23
14:50
和歌山 和歌山大学 均一7コアファイバを用いた109-Tb/s空間/波長/偏波多重QPSK信号の16.8km伝送
坂口 淳淡路祥成和田尚也NICT)・林 哲也樽 稔樹住友電工)・小林哲也渡辺正行オプトクエストOCS2011-16
マルチコアファイバは空間多重方式によって、非線形性に由来する従来型光ファイバの容量限界を超えた大容量信号伝送を可能とする... [more] OCS2011-16
pp.27-31
OCS, OPE
(併催)
2011-05-13
14:25
東京 機械振興会館 異種型7コアファイバを用いた10-Gb/sチャネル波長×空間多重信号の5km伝送
坂口 淳淡路祥成和田尚也NICT)・林 哲也永島拓志住友電工)・小林哲也渡辺正行オプトクエストOCS2011-4
マルチコアファイバは空間多重方式によって、非線形性に由来する従来型光ファイバの容量限界を超えた大容量信号伝送を可能とする... [more] OCS2011-4
pp.15-19
US 2011-02-21
13:00
茨城 産業技術総合研究所つくばセンター 熱音響現象を利用した消音システムの実用化へ向けた基礎検討
塚本大地同志社大)・坂本眞一滋賀県立大)・小林徹也柳本浩平渡辺好章同志社大US2010-117
熱と音の相互エネルギー変換現象である熱音響現象を利用することにより,エネルギー変換部であるスタックにおいて音波の増幅また... [more] US2010-117
pp.27-32
US 2010-10-19
16:45
東京 日本大学理工学部 駿河台キャンパス1号館2階121会議室 熱音響冷却システムの実用化に向けた研究 ~ 太陽エネルギーを利用した新しい冷却システム構築への試み ~
小林徹也同志社大)・坂本眞一滋賀県立大)・北谷裕次佐橋一輝渡辺好章同志社大US2010-77
熱音響冷却システムは熱を入力することにより,冷却が可能となるシステムである.我々は,システムへの熱入力源として,絶えず地... [more] US2010-77
pp.39-44
IT, ISEC, WBS
(共催)
2010-03-05
09:25
長野 信州大学長野(工学)キャンパス AES-256を用いたDM型圧縮関数に対する衝突攻撃について
小林哲也廣瀬勝一福井大IT2009-131 ISEC2009-139 WBS2009-110
2009年に,KhovratovichとBiryukovとNikoli\'{c}によりAES-256を用いたDavies... [more] IT2009-131 ISEC2009-139 WBS2009-110
pp.385-390
EA, US
(併催)
2010-01-25
15:40
大阪 関西大 熱音響現象を利用したサイレンサーに関する基礎研究 ~ 多段スタック方式による消音効率向上への試み ~
塚本大地同志社大)・坂本眞一滋賀県立大)・小林徹也渡辺好章同志社大US2009-96 EA2009-104
 [more] US2009-96 EA2009-104
pp.47-52(US), pp.29-34(EA)
US 2009-12-18
16:15
神奈川 東京工業大学すずかけ台キャンパス 熱音響冷却システムの実用化に向けた研究 ~ 熱源近傍において管の形状及び材質による熱漏洩が変換効率に及ぼす影響 ~
大石 雄同志社大)・坂本眞一滋賀県立大)・小林徹也渡辺好章同志社大US2009-86
熱音響冷却システムの熱から音へのエネルギー変換効率の向上を行うため,熱源近傍における管の形状及び材質が熱漏洩に及ぼす影響... [more] US2009-86
pp.35-40
MI 2009-01-19
13:30
海外 国立台湾大学(台北市) [ポスター講演]逐次近似法による体動補正付3次元PET画像再構成の実装方法の検討
木内尚子千葉大)・山谷泰賀放射線医学総研)・長谷川智之北里大)・小林哲哉筑波大)・村山秀雄放射線医学総研)・菅 幹生千葉大MI2008-93
The patient’s movements during the measurement process induc... [more] MI2008-93
pp.163-164
OCS 2005-06-17
10:55
山梨 山梨大学 弾性表面波を用いた導波路型音響光学変調素子の光回折特性とBPM解析
垣尾省司・○魚谷真司中川恭彦山梨大)・原 武文伊藤弘昌東北大)・小林哲也渡辺正行オプトクエスト
 [more] OCS2005-29
pp.17-22
WBS, SIP
(共催)
2004-07-22
15:45
新潟 NICOプラザ(朱鷺メッセ内, 新潟) 反復スペクトル引き算法による雑音重畳画像からの復元
小林徹也島村徹也埼玉大)・細谷徹夫高橋由武ラジオアイソトープ
 [more] WBS2004-24 SIP2004-43
pp.51-56
 17件中 1~17件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会