お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ITE-BCT, IEE-CMN
(共催)
OCS, OFT
(併催)
(連催) [詳細]
2018-11-09
13:15
岡山 倉敷市芸文館 [依頼講演]4K/8K放送もケーブルテレビで見れます! ~ ケーブルテレビにおける4K/8K放送に向けた技術的取組 ~
上園一知元永康則ジュピターテレコム)・曽我部秀幸柴田達雄日本ケーブルラボ
 [more]
SR 2013-05-24
15:00
広島 アステールプラザ(広島市) 広帯域離散OFDM技術の研究
高草木恵二長谷川晃朗柴田達雄ATRSR2013-16
近年, スマートフォン等の高機能な携帯端末の普及に伴って, 移動通信トラフィックの需要が急増している.このような移動通信... [more] SR2013-16
pp.83-89
RCS, SR, SRW
(併催)
2013-02-28
10:50
東京 早稲田大学 広帯域離散OFDMによる周波数有効利用の一検討
流田理一郎長谷川晃朗柴田達雄大橋正良ATRSR2012-100
近年、スマートフォン等の高機能な携帯端末の普及に伴って、移動通信トラフィックの需要が急増している。このような移動通信トラ... [more] SR2012-100
pp.103-108
SR, RCS, SRW
(併催)
2012-03-09
14:50
神奈川 YRP アクセスポイントを共用する無線アクセスネットワークにおける省電力制御方式の特性評価
流田理一郎長谷川晃朗柴田達雄大橋正良ATRRCS2011-350
多数のアクセスポイント (AP) を, 多数の端末で共用するような無線アクセスネットワークにおいて, 接続している端末の... [more] RCS2011-350
pp.205-210
NS, RCS
(併催)
2011-12-16
11:00
山口 山口大学 Realizing Fair Sharing of WLAN Channels in the Presence of Legacy Devices
Suhua TangAkio HasegawaTatsuo ShibataMasayoshi OhashiATRRCS2011-253
 [more] RCS2011-253
pp.123-128
RCS 2011-06-23
09:40
沖縄 琉球大学 アクセスポイントを共用する無線アクセスネットワークにおける省電力制御方式の提案
流田理一郎長谷川晃朗柴田達雄小花貞夫ATRRCS2011-37
広範囲にわたって設置されたアクセスポイント (AP) を,多数の端末が共用するような無線アクセスネットワークにおいて,接... [more] RCS2011-37
pp.13-18
CS, SIP, CAS
(共催)
2011-03-04
09:00
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島) 公衆自営連携コグニティブ無線アクセスネットワークにおけるQoS制御方式の提案と評価
澤 健太郎長谷川晃朗柴田達雄小花貞夫ATRCAS2010-142 SIP2010-158 CS2010-112
 [more] CAS2010-142 SIP2010-158 CS2010-112
pp.235-240
CS, SIP, CAS
(共催)
2011-03-04
09:40
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島) MIMOシステムにおけるアンテナ重みを用いた干渉抑圧を行う秘密鍵共有方式の提案
北浦明人ATR)・可兒佑規同志社大)・岩井誠人柴田達雄小花貞夫ATRCAS2010-144 SIP2010-160 CS2010-114
 [more] CAS2010-144 SIP2010-160 CS2010-114
pp.245-250
CS, IE, ITE-BCT, IPSJ-AVM
(共催)
2006-12-15
13:25
愛知 名古屋大学 ワンセグ端末を用いた通信放送連携サービスにおける発信制御システムの試作
小頭秀行KDDI研)・星野春男NHK)・竹原啓五岡本 泉柴田達雄KDDI)・古屋裕規中村 元KDDI研CS2006-64 IE2006-132
通信放送連携サービスでは,番組内容やイベントを契機として一斉にユーザアクセスが生起することから,同時大量トラヒックが発生... [more] CS2006-64 IE2006-132
pp.37-40
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会