電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 49件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ITE-HI, ITE-SIP
(共催)
MVE
(連催) [詳細]
2019-06-10
13:30
東京 東京大学 山上会館2F VRにおける他者アバタとのインタラクションに基づく自己効力感がスポーツパフォーマンスに与える影響の基礎的検討
宮村和志吉田成朗成瀬加菜鳴海拓志谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2019-2
スポーツで最大限のパフォーマンスを発揮するには,心技体のバランスが欠かせない.これに対して、バーチャルリアリティ技術を用... [more] MVE2019-2
pp.19-24
MVE, ITE-HI
(連催)
2018-06-14
14:30
東京 福武ホール 地下2階 福武ラーニングシアター(会場変更になりました) Study on Travel Planning Method through Must-visiting Planning by Using Bidirectional LSTM
ZihJia LiouNCTU)・Masato NomiyamaToshiki TakeuchiTomohiro TanikawaTakuji NarumiMichitaka HiroseUTokyoMVE2018-4
 [more] MVE2018-4
pp.47-52
MVE, ITE-HI
(連催)
2018-06-15
15:10
東京 福武ホール 地下2階 福武ラーニングシアター(会場変更になりました) 自動運転システムにおける未来予測位置提示手法の基礎検討
近藤駿介鳴海拓志東大)・小野佐弥香不破本義孝トヨタ自動車)・谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2018-8
 [more] MVE2018-8
pp.155-159
MVE, ITE-HI
(連催)
2018-06-15
16:20
東京 福武ホール 地下2階 福武ラーニングシアター(会場変更になりました) 全天周画像群による実写VR空間の高品位化手法に関する研究
大橋 敢水口直哉鳴海拓志谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2018-11
博物館では,全天周画像を用いたデジタルアーカイブデータをVR展示することで,対象への理解を深める試みがなされている.しか... [more] MVE2018-11
pp.173-178
MVE, ITE-HI
(連催)
2017-06-01
09:40
東京 東京大学 弥生講堂アネックス セイホクギャラリー アバタの関節角補正による疑似触力覚提示手法の基礎検討
茂山丈太郎小川奈美鳴海拓志谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2017-2
本研究では,自己の身体と連動して動くアバタの関節角度を補正してみせることて&#12441... [more] MVE2017-2
pp.7-12
MVE, ITE-HI
(連催)
2017-06-01
10:00
東京 東京大学 弥生講堂アネックス セイホクギャラリー 視触覚間相互作用を用いた疑似上昇感覚提示の基礎検討
長尾涼平松本啓吾鳴海拓志谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2017-3
本稿では,平面を歩行するユーザに対して階段を歩行する映像を提示するとともに, その映像に対応した段差の縁に相当する触覚刺... [more] MVE2017-3
pp.13-16
MVE, ITE-HI
(連催)
2017-06-01
13:25
東京 東京大学 弥生講堂アネックス セイホクギャラリー 実写VRのための複数全天周動画の合成手法に関する基礎検討
水口直哉青木大樹鳴海拓志谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2017-6
博物館では,保管されている文化財を単に展示するだけではなく,それが実際に使われていた状況や環
境をデジタルアーカイブし... [more]
MVE2017-6
pp.43-48
MVE, ITE-HI
(連催)
2017-06-01
13:45
東京 東京大学 弥生講堂アネックス セイホクギャラリー Multiple Source Effectを用いた集団討議支援のための遠隔通話システムの開発
世田圭佑横山正典東大)・望月崇由布引純史NTT)・鳴海拓志谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2017-7
集団討議において,多数派の同調圧力などにより適切な議論が為されず,集団内の納得度が低いまま意思決定が行われてしまうことが... [more] MVE2017-7
pp.49-54
MVE, ITE-HI
(連催)
2017-06-02
15:40
東京 東京大学 弥生講堂アネックス セイホクギャラリー 過去風景動画の自動生成に関する基礎的研究
佐藤絵理子鳴海拓志谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2017-12
博物館や美術館での展示では,展示物そのものに加え,それがどのような環境で使われていたかといった背景情報を伝えることが重要... [more] MVE2017-12
pp.183-188
HIP 2017-03-10
15:50
大阪 脳情報通信融合研究センター 呼吸センサを伴う前後鼻腔経路嗅覚ディスプレイの開発
和田有史農研機構)・鳴海拓志東大)・角谷雄哉農研機構)・森 数馬NICT)・小早川 達産総研)・國枝里美高砂香料)・河合崇行日下部裕子農研機構HIP2016-94
 [more] HIP2016-94
pp.109-113
MVE, ITE-HI
(連催)
2016-07-20
11:30
東京 東京大学山上会館 VRにより生起される擬似成功体験を用いたルーティーンの短期構築手法の検討
田上翔一吉田成朗小川奈美鳴海拓志谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2016-6
本研究では,擬似的に生起された成功体験を与えることで短期的にルーティーンを構築し,パフォーマンスを向上させることを目指す... [more] MVE2016-6
pp.9-14
MVE, ITE-HI
(連催)
2016-07-20
15:15
東京 東京大学山上会館 タスク処理行動に関するライフログを用いたタスク成否予測の基礎的検討
三田涼介竹内俊貴谷川智洋鳴海拓志廣瀬通孝東大MVE2016-8
本研究では,タスク処理に関して蓄積されたライフログを解析し,機械学習を用いたタスクの成否予測器を構築することを目的とする... [more] MVE2016-8
pp.31-36
MVE, ITE-HI
(連催)
2016-07-20
15:45
東京 東京大学山上会館 自動車の空間移動履歴に基づく体験の流れを考慮した観光計画システム
野見山真人竹内俊貴東大)・鬼丸寛之本田技研)・谷川智洋鳴海拓志廣瀬通孝東大MVE2016-9
自動車の約7割がナビを搭載している中,自動車観光において既存のナビは経路案内という形でしか観光支援を行わない.そのためユ... [more] MVE2016-9
pp.37-42
MVE, ITE-HI, HI-SIG-VR
(連催)
2015-07-02
10:30
東京 東京大学山上会館 性別印象操作による男性間の遠隔コミュニケーションにおけるソーシャルタッチの効果向上手法に関する研究
鈴木啓太東大)・横山正典NTT)・木下由貴東大)・望月崇由山田智広NTT)・櫻井 翔鳴海拓志谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2015-9
テレプレゼンスは従来,遠隔地の状況を正確に伝えることが重視されてきた.しかし本研究では情報に変調をかけて伝送できることを... [more] MVE2015-9
pp.7-12
MVE, ITE-HI, HI-SIG-VR
(連催)
2015-07-02
11:30
東京 東京大学山上会館 眼球形状の切り替えにより視線効果を調節可能なテレプレゼンスアバターの基礎検討
木下由貴東大)・横山正典NTT)・鈴木啓太東大)・望月崇由山田智広NTT)・櫻井 翔鳴海拓志谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2015-10
本研究では直視,逸視双方の効果を利用可能な目玉アバターを提案する.通常の目と同形状の凸型の目と,リバースパースペクティブ... [more] MVE2015-10
pp.17-22
MVE, ITE-HI, HI-SIG-VR
(連催)
2015-07-02
14:00
東京 東京大学山上会館 視聴覚刺激による映像追体験システムでの鑑賞動作の誘発・誘導
大澤壮平田中遼平鳴海拓志谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2015-12
過去に撮影された映像を,撮影者のカメラワークを追体験させながら鑑賞者に提示することで対象への理解が深まることが知られてい... [more] MVE2015-12
pp.29-34
MVE, ITE-HI, HI-SIG-VR
(連催)
2015-07-02
15:45
東京 東京大学山上会館 モバイル端末を用いた全天周アーカイブ鑑賞のための歩行移動インタフェース
榊原佑太田中遼平鳴海拓志谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2015-15
 [more] MVE2015-15
pp.45-50
MVE, ITE-HI, HI-SIG-VR
(連催)
2015-07-02
16:45
東京 東京大学山上会館 visuo-hapticsを用いた作業精度向上支援手法の基礎的検討
野元 彰伴 祐樹鳴海拓志谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2015-17
工芸品の装飾や模型の塗装など,手描きによる精密な描画作業は不可欠だが,技能を容易に習得することは難しい.機械的な触覚提示... [more] MVE2015-17
pp.57-62
MVE, ITE-HI, HI-SIG-VR
(連催)
2014-07-01
11:00
東京 東京大学 山上会館(本郷キャンパス) 現地追体験型AR展示における並進移動誘発手法の基礎的検討
佐藤潤一井村 純鳴海拓志谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2014-17
筆者らは,過去に撮影された風景を現在の風景と重ね合わせ,その場で過去の風景を自由に見渡すことのできる「現地追体験型AR展... [more] MVE2014-17
pp.23-28
MVE, ITE-HI, HI-SIG-VR
(連催)
2014-07-01
11:30
東京 東京大学 山上会館(本郷キャンパス) Self-similarity特徴量を用いた過去と現在の風景画像のレジストレーション
岡田直弥井村 純鳴海拓志谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2014-18
 [more] MVE2014-18
pp.29-34
 49件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会