お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 55件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IPSJ-MUS, IPSJ-SLP
(共催)
SP
(連催) [詳細]
2022-06-17
15:00
ONLINE オンライン開催 音響シーン識別のための注目すべき音を自動検出するニューラルビームフォーマの検討
市川創大山田武志筑波大)・牧野昭二早大/筑波大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
IPSJ-MUS, IPSJ-SLP
(共催)
SP
(連催) [詳細]
2022-06-18
13:00
ONLINE オンライン開催 多クラス分類器とその中間層出力の再構成器を用いた異常音検知の検討
松本啓汰山田武志筑波大)・牧野昭二早大/筑波大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
SRW 2021-01-18
13:45
ONLINE オンライン開催 移動BSS共存環境における仮想専用チャネル構築法の伝送性能に関する一検討
山田健志・○宮本伸一和歌山大SRW2020-48
IEEE 802.11標準規格準拠の無線LANシステムは,CSMA/CA (Carrier Sense Multiple... [more] SRW2020-48
p.26
EA 2020-12-14
10:45
ONLINE オンライン開催 2マイクロホンと信号処理に基づく天井クレーンの振れ角計測
小川花子山田武士中本昌由広島大EA2020-49
 [more] EA2020-49
pp.19-24
SRW 2020-06-29
13:00
ONLINE オンライン開催 仮想専用チャネル構築法における媒体予約期間通知端末の決定法に関する検討
山田健志宮本伸一和歌山大SRW2020-7
IEEE 802.11標準規格準拠の無線LANは,DCF (Distributed Coordination Funct... [more] SRW2020-7
pp.17-22
NS, IN
(併催)
2020-03-06
13:00
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬
(開催中止,技報発行あり)
試験項目自動生成手法におけるMAP推定を用いたPMIによる教師データ作成法
佐藤孝樹松本悠希日大)・山田 剛菊間一宏NTT)・上田清志日大NS2019-237
世界的なIoT/M2Mサービスの拡大に伴うブロードバンド通信の拡大は,多くの通信キャリアに対し激しいサービス低廉化競争を... [more] NS2019-237
pp.335-339
SeMI, RCS, NS, SR, RCC
(併催)
2019-07-10
10:45
大阪 I-Siteなんば(大阪) 仮想専用チャネル構築法における周波数利用効率向上のための媒体予約期間通知端末の動的制御
山田健志宮本伸一和歌山大SR2019-20
IEEE 802.11 標準規格準拠の無線LAN は,DCF (Distributed Coordination Fun... [more] SR2019-20
pp.1-8
SeMI, RCS, NS, SR, RCC
(併催)
2019-07-11
10:40
大阪 I-Siteなんば(大阪) [ポスター講演]機械学習を利用したソフトウェア開発ドキュメントからの情報抽出手法の精度向上に向けた教師データ作成自動化の検討
山田剛史菊間一宏NTTRCC2019-20 NS2019-56 RCS2019-113 SR2019-32 SeMI2019-29
過去の試験項目と設計書の記載を数理手法で関連付ける事により人手を介さない教師データの作成手法を検討している.本発表では,... [more] RCC2019-20 NS2019-56 RCS2019-113 SR2019-32 SeMI2019-29
pp.47-48(RCC), pp.73-74(NS), pp.69-70(RCS), pp.79-80(SR), pp.61-62(SeMI)
EA, SIP, SP
(共催)
2019-03-14
13:30
長崎 アイランド ナガサキ(長崎市) [ポスター講演]MVDRビームフォーマの時間周波数スイッチングによる劣決定音声強調
山岡洸瑛筑波大)・小野順貴首都大東京)・牧野昭二山田武志筑波大EA2018-124 SIP2018-130 SP2018-86
本稿では,ステレオマイクロフォンから利用可能な新たな劣決定音声強調手法を提案する.我々は以前,時間周波数点毎に事前構成し... [more] EA2018-124 SIP2018-130 SP2018-86
pp.149-154
NS 2019-01-18
12:40
長崎 長崎県美術館 ソフトウェア開発効率化手法における機械学習性能の向上に向けた教師データ作成法
佐藤孝樹日大)・山田 剛菊間一宏NTT)・上田清志日大NS2018-184
世界的なIoT/M2Mサービスの拡大に伴うブロードバンド通信の拡大は,多くの通信キャリアに対し激しいサービス低廉化競争を... [more] NS2018-184
pp.35-40
NS 2018-10-18
13:50
京都 京都教育文化センター [ポスター講演]機械学習を利用したソフトウェア開発ドキュメントからの情報抽出手法の精度向上に向けた前処理の検討
山田剛史菊間一宏NTT)・佐藤孝樹塚田 光上田清志日大NS2018-111
 [more] NS2018-111
pp.37-38
PRMU, IBISML
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2018-09-20
09:30
福岡 福岡工業大学 キー操作とマウス操作の動的バイオメトリクスを用いた継続認証アルゴリズムDPTMの提案
山田猛矢第一工大)・福元伸也鹿嶋雅之佐藤公則渡邊 睦鹿児島大PRMU2018-42 IBISML2018-19
現在のコンピュータは,ログイン時に一度だけ認証を行うものがほとんどであり,ログイン後の継続的な認証は行われていない.ログ... [more] PRMU2018-42 IBISML2018-19
pp.41-46
ASN, NS, RCS, SR, RCC
(併催)
2018-07-12
10:55
北海道 函館アリーナ [ポスター講演]通信ソフトウェアのプロセスからデータを分離する開発をした際の遅延評価手法の検討
山田剛史星野幸司菊間一宏NTTRCC2018-40 NS2018-53 RCS2018-98 SR2018-37 ASN2018-34
ハードウェア仮想化やクラウド化の進展により,ソフトウェア実行環境の柔軟性が高まるとともに,実行環境の有効活用や運用効率化... [more] RCC2018-40 NS2018-53 RCS2018-98 SR2018-37 ASN2018-34
pp.85-86(RCC), pp.91-92(NS), pp.103-104(RCS), pp.95-96(SR), pp.101-102(ASN)
SIP, EA, SP
(共催)
MI
(併催) [詳細]
2018-03-20
09:00
沖縄 石垣島 ホテルミヤヒラ [ポスター講演]複数種録音端末を用いた会議の想定における伝達関数ゲイン基底NMFによる遠方音源抑圧の性能評価
松井裕太郎牧野昭二筑波大)・小野順貴首都大東京)・山田武志筑波大EA2017-163 SIP2017-172 SP2017-146
非同期マイクロホンアレイを用いた会話や会議などの録音において,不特定多数の音源からなる拡散雑音を効果的に抑圧できる手法と... [more] EA2017-163 SIP2017-172 SP2017-146
pp.335-340
IT 2014-12-09
14:05
富山 富山県 宇奈月ニューオータニホテル [招待講演]統計的機械学習による潜在構造解析
山田武士NTTIT2014-50
 [more] IT2014-50
pp.1-6
IBISML 2014-11-18
15:00
愛知 名古屋大学 [ポスター講演]無限交換長方形分割
中野允裕石黒勝彦木村昭悟山田武士上田修功NTTIBISML2014-77
(事前公開アブストラクト) 本発表では行列の長方形分割に対する確率モデルとして, 行と列の置換に対して無限に交換可能な確... [more] IBISML2014-77
pp.313-320
IBISML 2013-11-13
15:45
東京 東京工業大学 蔵前会館 [ポスター講演]関係データ解析のための長方形分割過程
中野允裕石黒勝彦木村昭悟山田武士上田修功NTTIBISML2013-62
本稿では, 関係データ解析への応用を目的として, 無限サイズを持つ行列の長方形分割を行う確率過程について議論する. 関係... [more] IBISML2013-62
pp.197-204
CQ, CS
(併催)
2013-04-18
16:15
新潟 佐渡島開発総合センター [特別招待講演]統計的機械学習技術による潜在構造の発見
山田武士NTTCS2013-4 CQ2013-5
近年、大規模データ解析の重要性が注目されている。なかでも、従
来の固定観念や経験則にとらわれず、データそのものが持つ本... [more]
CS2013-4 CQ2013-5
pp.19-24(CS), pp.25-30(CQ)
MBE, NC
(併催)
2013-03-15
14:35
東京 玉川大学 多変量確率モデルによる脳波の信号分離
栗花悠輔宮部滋樹ルトコフスキ トマシュ松本佳泰山田武志牧野昭二筑波大MBE2012-119
信号源分離の主流をなす枠組である独立成分分析は,無数の信号源が混合された脳波の観測信号から目的信号成分を高精度に分離する... [more] MBE2012-119
pp.161-166
EA 2012-12-13
15:20
東京 国立情報学研究所 単一音源区間情報を用いた非同期マイクロホンアレーによる音声強調
坂梨龍太郎筑波大)・小野順貴NII)・宮部滋樹山田武志牧野昭二筑波大EA2012-112
 [more] EA2012-112
pp.17-22
 55件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会