電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1〜7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EE, IEE-SPC
(連催)
WPT
(併催) [詳細]
2015-07-06
13:00
京都 同志社大学 ワンチップPOLを用いたプログラマブル電源
東田まどか山本貴之安部征哉松本 聡九工大
Si基板上にLSIやパワーデバイスなどの半導体デバイスとコンデンサやインダクタなどの受動部品をワンチップに集積したワンチ... [more] EE2015-6
pp.1-6
EE 2015-01-30
10:30
熊本 桜の馬場 城彩苑(熊本県) パワーSoC用多出力POLの制御方法
山本貴之安部征哉松本 聡九工大
近年、情報通信機器の高機能化や低消費電力化が進む中、小型で高効率かつ出力電圧を多数有する電源の実現が求められている。本研... [more] EE2014-35
pp.37-42
NS, IN
(併催)
2013-03-08
11:30
沖縄 残波岬ロイヤルホテル 非構造化Peer-to-Peerネットワークにおける自律的な管理領域の分割を用いた情報探索手法
山本貴之菅原真司石橋 豊名工大
非構造化Peer-to-Peerネットワークを複数の領域に分割し,各ピアが自律的にそれらの各領域で発信される情報とその位... [more] NS2012-281
pp.675-680
CAS, CS, SIP
(共催)
2012-03-08
10:55
新潟 新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」 Adaptive proximal forward-backward splitting applied to Huber loss function for sparse system identification under impulsive noise
Takayuki YamamotoMasao YamagishiIsao YamadaTokyo Inst. of Tech.
 [more] CAS2011-110 SIP2011-130 CS2011-102
pp.19-23
NS 2011-10-13
12:40
愛知 名古屋工業大学 [ポスター講演]非構造化Peer-to-Peerネットワークにおける複数の動的エージェントを用いた管理領域の分割による情報探索手法
山本貴之菅原真司石橋 豊名工大
本報告では,複数のエージェントがネットワークを自律的に複数の領域に分割し,発信される情報とその位置情報を領域ごとに収集す... [more] NS2011-89
pp.39-44
SANE 2010-10-28
11:40
海外 Ramada Hotel, 済州島(韓国) [招待講演]World's First Mission of Solar Power Sail by IKAROS
Osamu MoriYuichi TsudaHirotaka SawadaRyu FunaseTakayuki YamamotoTakanao SaikiKatsuhide YonekuraHirokazu HoshinoHiroyuki MinaminoTatsuya EndoJunichiro KawaguchiJAXA
The Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA) makes the worl... [more] SANE2010-95
pp.155-160
ITS, IEE-ITS
(共催)
2007-03-28
15:45
神奈川 KGU関内メディアセンター(横浜) モバイルユーザの目的地への方向性を考慮した楕円領域検索手法
山本隆之戸川 望柳澤政生大附辰夫早大
現在,GPSなどの位置特定手法を用いてモバイルユーザの現在地を調べ,その周辺の情報を提供する位置依存情報サービスが展開し... [more] ITS2006-94
pp.25-30
 7件中 1〜7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会