電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
KBSE, SC
(共催)
2019-11-08
16:40
長野 信州大学 日本語要求記述からのクラス図生成支援ツール
岡崎龍ノ介大森隆行大西 淳立命館大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
SS 2019-03-04
13:30
沖縄 沖縄産業支援センター データフロー要求の波及効果解析手法
ブイ ド チエン フン大森隆行大西 淳立命館大
ソフトウェア要求の変更に際して,変更に伴う影響が他の要求に波及することがあるが,その波及を正確に対処しないと,要求の誤り... [more] SS2018-59
pp.43-48
KBSE 2018-03-01
15:20
沖縄 石垣市民会館 中ホール データフロー要求の変更に伴う波及効果解析
ジョ へヨン大森隆行糸賀裕弥・○大西 淳立命館大
ソフトウェア要求の変更に際して,変更に伴う影響が他の要求に波及することがあるが,その波及を考慮しないと,要求の誤りが残っ... [more] KBSE2017-49
pp.61-66
SS, MSS
(共催)
2016-01-25
13:35
石川 しいのき迎賓館 セミナールームB 機能要求部品を用いた要求仕様作成支援ツールの開発
小島賢也大森隆行糸賀裕弥大西 淳立命館大
ソフトウェア開発を円滑に進めるためには要求仕様が正確,効率的に作成される必要がある.先行研究において,部品を組み合わせる... [more] MSS2015-42 SS2015-51
pp.41-46
SS, KBSE
(共催)
2013-07-26
15:20
北海道 北海道立道民活動センター [かでる2.7] 710会議室(7階) 一時変数除去の自動化によるメソッドの抽出リファクタリング支援
田島香織大森隆行丸山勝久立命館大
リファクタリング操作のひとつであるメソッドの抽出は,ソフトウェアの拡張性や再利用性を高めるため,頻繁に利用されている.し... [more] SS2013-32 KBSE2013-32
pp.115-120
SS 2012-05-11
09:30
愛媛 愛媛大学 Mining API Usage Patterns from Software Repositories by Categorizing Method Invocations
Rizky Januar AkbarTakayuki OmoriKatsuhisa MaruyamaRitsumeikan Univ.
開発者とって,APIの利用は困難であることが多い.APIの効率的な利用を支援するためには,ソフトウェアリポジトリに蓄積さ... [more] SS2012-6
pp.31-36
SS 2012-03-14
09:50
沖縄 てんぶす那覇 ソフトウェア進化研究に関する動向調査 ~ IWPSEシリーズを題材に ~
大森隆行丸山勝久立命館大)・林 晋平東工大)・沢田篤史南山大
著者らが実施したソフトウェア進化研究に関する動向調査について紹介する.本稿ではまず,ソフトウェア進化研究を分類するための... [more] SS2011-77
pp.121-126
SS 2012-03-14
10:50
沖縄 てんぶす那覇 CodeForest: ソフトウェア構造・特性・依存の視覚化によるプログラム理解支援
轟 大樹大森隆行丸山勝久立命館大
本研究では,ソフトウェア保守において,プログラム理解と改善を支援するためのソフトウェア視覚化ツールCodeForestを... [more] SS2011-79
pp.133-138
SS 2006-06-23
10:30
岡山 岡山大学創立五十周年記念館 追跡性を考慮したソースコード差分の抽出
大森隆行山本哲男丸山勝久立命館大
版管理システムに格納された2つの版の間には一般的に複数の変更が含まれる.このため,他の開発者が版間の差分から過去に行われ... [more] SS2006-22
pp.13-18
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会