お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 44件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
DE, CEA, IPSJ-DBS
(連催)
2017-12-23
09:55
東京 国立情報学研究所(NII) 学校給食でのアレルギー対応給食管理システムの開発
早川知道産技大)・寶珍輝尚京都工繊大)・伊藤孝行名工大DE2017-32
 [more] DE2017-32
pp.59-65
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2017-12-13
- 2017-12-15
石川 金沢歌劇座(金沢) 合意形成支援システムの機能が議論に与える影響
河瀬 諭伊藤孝行仙石晃久名工大
本研究の目的は,オンライン議論システムCOLLAGREEに実装された複数の機能(ファシリテータやポイント機能など)が,議... [more]
PN 2017-11-15
16:15
東京 工学院大学 [招待講演]8Kの医療応用展開
伊藤崇之NHKエンジニアリングシステムPN2017-30
8Kスーパーハイビジョンは高臨場感の次世代映像メディアとして, 2018年の本放送開始を目指して試験放送が行われている.... [more] PN2017-30
pp.15-21
PRMU, BioX
(共催)
2017-03-20
10:50
愛知 名城大 3次元歩行動線のクラスタリング結果を利用した徘徊検出
宮城優里お茶の水女子大)・大西正輝産総研)・伊藤貴之お茶の水女子大BioX2016-39 PRMU2016-202
高齢化に伴い認知症患者の徘徊行動が増加し問題となっている.徘徊行動は死亡事故につながる危険性があるため事前防止や早期発見... [more] BioX2016-39 PRMU2016-202
pp.35-40
PRMU, MVE
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2016-01-22
11:15
大阪 阪大銀杏会館 CrowdRetouch:ユーザの好みを反映した画像一括補正システム
斉藤優理伊藤貴之お茶の水女子大PRMU2015-125 MVE2015-47
同じようなシーンで撮影された写真群に対して,画像パラメータの調整に不慣れなユーザであっても,手間と時間を割かずにユーザの... [more] PRMU2015-125 MVE2015-47
pp.181-185
AI 2015-06-18
13:40
東京 早稲田大学 西早稲田キャンパス 非線形効用空間におけるパレート優位な合意案候補の推定
森 顕之伊藤孝行名工大AI2015-5
 [more] AI2015-5
pp.25-30
AI 2015-06-18
16:05
東京 早稲田大学 西早稲田キャンパス 大規模フィールドセンシングのための移動型屋外センサネットワークの課題と設計
大塚孝信鳥居義高伊藤孝行名工大AI2015-9
 [more] AI2015-9
pp.49-54
AI 2015-06-18
16:30
東京 早稲田大学 西早稲田キャンパス 予算制限バンディットアルゴリズムLAKUBEの探索打ち切り方法の提案
新美 真伊藤孝行名工大AI2015-10
本研究では多腕バンディット(以降MAB)問題の拡張の一つである予算制限多腕バンディット(以降BL-MAB)問題を取り扱う... [more] AI2015-10
pp.55-60
AI 2014-06-19
11:30
東京 早稲田大学 複数の家庭用蓄電池の共有化による電力マネジメントシステムの提案
金森 亮吉村卓也伊藤孝行名工大AI2014-3
本研究では,低炭素社会の実現に向けた電力マネジメントシステムとして,家庭への太陽光発電と蓄電池の導入を前提とし,仮想共同... [more] AI2014-3
pp.13-18
AI 2014-06-19
14:20
東京 早稲田大学 環境情報グリッドセンサーのための局地的な異常気象検知手法
大塚孝信鳥居義高伊藤孝行名工大AI2014-6
近年,局地的な豪雨や竜巻といった,従来の気象システムでは予測が困難な異常気象か&#124... [more] AI2014-6
pp.31-36
AI 2014-06-19
16:05
東京 早稲田大学 交通流シミュレーションのための一般道路網を対象としたModified Stochastic Cell Transmission Modelの提案
徳田 渉金森 亮伊藤孝行名工大AI2014-9
 [more] AI2014-9
pp.49-54
SP, IPSJ-MUS
(連催)
2014-05-25
11:30
東京 日本大学文理学部キャンパス 百周年記念館 [研究紹介]倍音分析によるいい声作りの支援アプリに向けて
菅原衣織伊藤貴之お茶の水女子大SP2014-31
自分の声が客観的にどのような印象を与えているのか個人では判断し難いにも関わらず,声の印象がその人自身の印象に与える影響は... [more] SP2014-31
pp.327-329
AI 2013-07-04
11:50
東京 早稲田大学 西早稲田キャンパス 55号館S棟2F 第3会議室 Smart Pricing Scheme Facilitating Scoring Rule based Incentive Payment
Shantanu ChakrabortyTakayuki ItoNitechAI2013-5
Defining appropriate pricing strategy for smart environment ... [more] AI2013-5
pp.25-30
AI 2013-07-04
13:50
東京 早稲田大学 西早稲田キャンパス 55号館S棟2F 第3会議室 マルチエージェントシステムによる電圧制御シミュレーターの試作
原 圭佑Shantanu Chakraborty伊藤孝行青木 睦名工大AI2013-7
大規模集中型の電力供給形態から脱却するために, 将来の電力供給源として分散型電源 (Distributed Genera... [more] AI2013-7
pp.37-42
AI 2013-07-04
14:15
東京 早稲田大学 西早稲田キャンパス 55号館S棟2F 第3会議室 ドライバーの経路選択行動に基づく交通情報提供手法の評価
高橋 淳金森 亮伊藤孝行名工大AI2013-8
自動車交通流の円滑化を目標とした経路情報提供手法として,従来の過去の実績値のデータ利用だけでな
く、数分後の各車両の予... [more]
AI2013-8
pp.43-48
AI 2013-07-04
14:40
東京 早稲田大学 西早稲田キャンパス 55号館S棟2F 第3会議室 リンク通過時間の二極化に基づいたプローブカーへの情報提供手法の提案
水野敬太金森 亮伊藤孝行名工大AI2013-9
近年,世界の多くの都市で交通渋滞が問題となっている.普及が進んでいるプローブカーからの情報収集による交通制御が注目を集め... [more] AI2013-9
pp.49-54
AI 2013-07-04
15:05
東京 早稲田大学 西早稲田キャンパス 55号館S棟2F 第3会議室 OpenStreetMapの成果物の地域間比較調査による日本の発展状況の分析
早川知道伊美裕麻伊藤孝行名工大AI2013-10
OpenStreetMap(OSM) の成果物及びコミュニティ活動は, 様々な社会活動に活用されている.... [more] AI2013-10
pp.55-60
AI 2013-07-04
15:45
東京 早稲田大学 西早稲田キャンパス 55号館S棟2F 第3会議室 オープンワークショップ支援システムCOLLAGREEの開発と評価
伊美裕麻伊藤孝行伊藤孝紀秀島栄三名工大AI2013-11
TwitterやFacebookなどの新たなシステムの登場により, 誰でも自由に意見を発信できる議論の場が広がっている.... [more] AI2013-11
pp.61-66
AI 2013-07-04
16:35
東京 早稲田大学 西早稲田キャンパス 55号館S棟2F 第3会議室 フレキシブルなワイアレスセンサネットワーク実現のためのミドルウェアと大規模センサノードの統合管理
大塚孝信名工大)・Kway-Jay Linカリフォルニア大アーバイン校)・伊藤孝行名工大AI2013-13
 [more] AI2013-13
pp.73-77
AI 2013-07-04
17:00
東京 早稲田大学 西早稲田キャンパス 55号館S棟2F 第3会議室 移動プランを考慮した生活行動調査のためのスケジューリングシステムの試作
高比良 諭金森 亮伊藤孝行名工大AI2013-14
都市交通などの社会システムの改変にはシミュレーションによる評価が有効であり,実際の活動・移動状況を再現しうるシミュレータ... [more] AI2013-14
pp.79-84
 44件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会