お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 90件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SS, IPSJ-SE
(連催)
2020-07-02
11:45
ONLINE オンライン開催 ImperSD: Java言語向け命令型スクリプタブルデバッグ環境
平ノ内奎太小林隆志東工大SS2020-3
デバッグの工程における開発者は何度もプログラムの内部観測作業を繰り返すことがある.これを解決する方法としてデバッグの手順... [more] SS2020-3
pp.13-18
SS 2020-03-04
13:00
沖縄 てんぶす那覇 コンピテンシー能力を向上するPBLの解析
山本雅基名大)・沢田篤史南山大)・小林隆志東工大)・岡村耕二九大)・宮地充子阪大)・佐藤和彦室蘭工大)・奥野 拓公立はこだて未来大)・粂野文洋日本工大SS2019-41
のようなPBLを行うとどのようなコンピテンシーを育成できるのだろうか?大学学部生を対象にITの実践力を育成するenPiT... [more] SS2019-41
pp.1-6
OME, IEE-DEI
(連催)
2019-07-06
09:30
新潟 トキ交流会館(新潟県佐渡市) [招待講演]溶液プロセスにより形成される自己組織化構造を利用した有機トランジスタの高性能化と機能性有機デバイスの開発
永瀬 隆小林隆史内藤裕義阪府大OME2019-13
塗布,印刷法等の溶液プロセスを用いた有機電界効果トランジスタ (有機FET) のキャリア移動度や安定性の改善は次世代のフ... [more] OME2019-13
pp.31-34
SS 2019-03-04
16:10
沖縄 沖縄産業支援センター 改版履歴分析に基づく変更漏れ防止支援における変更ルール集約と順位付けの効果
石田義八小林隆志東工大SS2018-65
改版履歴を解析し,頻繁に同時変更されるファイルを共変更ルールとして抽出し, 開発者に同時に変更すべ きファイルを推薦す... [more] SS2018-65
pp.79-84
SS 2019-03-05
16:25
沖縄 沖縄産業支援センター 大学学部生を対象とした実践的IT人材育成プログラムenPiT2と評価
山本雅基名大)・沢田篤史南山大)・小林隆志東工大)・岡村耕二九大)・宮地充子阪大/北陸先端大)・佐藤和彦室蘭工大)・奥野 拓公立はこだて未来大)・粂野文洋日本工大SS2018-82
に大学学部3年生を対象とした実践的IT人材育成プログラムであるenPiT2の教育が本格的に開始されてから間もなく2年を迎... [more] SS2018-82
pp.181-186
ITE-IDY, IEE-EDD
(共催)
IEIJ-SSL, SID-JC
(共催)
EID
(連催) [詳細]
2019-01-25
09:30
鹿児島 鹿児島大学 稲盛会館 量子ドット発光ダイオードの作製と発光機構評価
佐野翔一高田 誠永瀬 隆小林隆史内藤裕義阪府大EID2018-9
表面を化学修飾した量子ドット(QD)は塗布プロセスでのデバイス作製が可能な無機半導体材料である。そのため、量子発光ダイオ... [more] EID2018-9
pp.61-64
OME 2018-11-28
15:50
兵庫 じばさんビル502室(姫路) インピーダンス分光法による有機薄膜太陽電池の2分子再結合過程の評価
布引達也高田 誠阪府大)・永瀬 隆小林隆史内藤裕義阪府大/RIMEDOME2018-33
 [more] OME2018-33
pp.29-32
DC, SS
(共催)
2018-10-05
10:50
愛知 犬山国際観光センター「フロイデ」 ソースコードのXML表現のための選択例を用いた対話的XPath生成支援
夏目雅槻相澤遥也東工大)・渥美紀寿京大)・小林隆志東工大SS2018-24 DC2018-25
汎用的なコーディング規約検査手法としてソースコー ドの構文情報をXMLに変換し,このXMLが規約を遵守して いるかをXP... [more] SS2018-24 DC2018-25
pp.37-42
KBSE, SS
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2018-07-19
16:05
北海道 北海道・帯広市 とかちプラザ 視聴覚室/大集会室 メソッド入退出情報を利用した階層的欠陥箇所特定支援手法
原口大和野田訓広小林隆志東工大SS2018-12 KBSE2018-22
デバッグにおいて,欠陥箇所の特定は困難な作業である.これを解決するため,欠陥箇所特定手法に関する研究が多数行われている.... [more] SS2018-12 KBSE2018-22
pp.149-154
KBSE, SS
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2018-07-19
16:30
北海道 北海道・帯広市 とかちプラザ 視聴覚室/大集会室 仮想ファイルシステムを用いたプログラム内部状態観測ツールの試作
平ノ内奎太野田訓広小林隆志東工大SS2018-13 KBSE2018-23
プログラムに発生した問題の解決のためには,実行中の状態を観測することが有効である.本研究では,プログラムを実行しながら連... [more] SS2018-13 KBSE2018-23
pp.155-160
SS 2018-03-07
11:30
沖縄 南大東島 実行トレースの共通性分析に基づく機能開始点の特定
中野真明貴野田訓広小林隆志林 晋平東工大SS2017-73
形式概念分析を利用した動的機能捜索手法には,入力である「シナリオと利用された機能とのマッピング」の作成が容易ではないとい... [more] SS2017-73
pp.51-56
OME 2017-11-17
13:00
大阪 大阪大学中之島センター [招待講演]トップゲート塗布型有機トランジスタのデバイス特性と不揮発性有機メモリの開発
永瀬 隆三田翔也塩野郁弥小林隆史内藤裕義阪府大OME2017-27
塗布印刷プロセスによって作製できる有機電界効果トランジスタ (有機FET) の高移動度や動作安定性の向上は実用化に向けた... [more] OME2017-27
pp.1-6
SS, KBSE
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2017-07-19
17:25
北海道 函館コミュニティプラザ 行動履歴分析に基づく変更支援における部分履歴抽出の影響調査
藤原拓海小林隆志東工大SS2017-14 KBSE2017-14
本稿では,のべ13名の開発者によるソフトウェアの保守作業から得られたMimEcデータセットを用いて,先行研究で提案した行... [more] SS2017-14 KBSE2017-14
pp.79-84
SS 2017-03-09
15:40
沖縄 てんぶす那覇 前処理命令による可変点を考慮した共変更ルール抽出
森 達也小林隆志林 晋平東工大)・渥美紀寿京大SS2016-70
プログラムを変更すると複数の依存箇所に変更が伝播するが,大規模なソフトウェア開発では開発者が必要な変更箇所を全て特定する... [more] SS2016-70
pp.61-66
OPE, EST, LQE, EMT, PN, MWP
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2017-01-18
13:45
三重 伊勢市観光文化会館 Radio-over-Fiber伝送技術を用いた多チャネルLTE信号の伝送実験
田中和樹KDDI総合研究所)・Byung Gon KimKAIST)・小林 嵩Bekkali Abdelmoula西村公佐KDDI総合研究所)・Hoon KimKAIST)・鈴木正敏KDDI総合研究所)・Yun C. ChungKAISTPN2016-57 EMT2016-86 OPE2016-132 LQE2016-121 EST2016-96 MWP2016-70
モバイル基地局にCentralized Radio Access Network (C-RAN) 構成を採用することで,... [more] PN2016-57 EMT2016-86 OPE2016-132 LQE2016-121 EST2016-96 MWP2016-70
pp.93-96
OPE, MW, EMT, MWP, EST
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2016-07-21
11:35
北海道 網走 オホーツク・文化交流センター(エコーセンター2000) [招待講演]10GbE Data Connectivity over a Converged Radio-over-Fiber and Millimeter-wave Links
Abdelmoula BekkaliTakashi KobayashiKosuke NishimuraKDDI Labs.)・Nobuhiko ShibagakiHitachi Ltd.)・Kenichi KashimaYosuke SatoHitachi Kokusai ElectricEMT2016-9 MW2016-40 OPE2016-21 EST2016-10 MWP2016-11
 [more] EMT2016-9 MW2016-40 OPE2016-21 EST2016-10 MWP2016-11
pp.19-23
KBSE, SS
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2016-07-14
17:20
北海道 北海道立道民活動センター システムログと組織情報を活用した業務フロー仕様復元に向けて
三部良太田中匡史日立)・小林隆志東工大)・小林信吾JEXSS2016-15 KBSE2016-21
昨今のシステム開発は,既存システムが存在し,その既存システムの仕様を一部踏襲することを求められることが多い.しかし,既存... [more] SS2016-15 KBSE2016-21
pp.143-148
KBSE, SS
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2016-07-15
11:10
北海道 北海道立道民活動センター 動的機能捜索における関連度と探索戦略
中野真明貴林 晋平小林隆志東工大SS2016-17 KBSE2016-23
形式概念分析を利用した動的機能捜索では,機能を実現する実装箇所は概念束内の複数の概念内に分散して現れる.このため捜索時に... [more] SS2016-17 KBSE2016-23
pp.169-174
SS 2016-03-11
11:15
沖縄 沖縄県立宮古青少年の家 メソッドを横断するコードテンプレート発見のためのインライン展開戦略の検討
相澤遥也小林隆志東工大SS2015-96
系列パターンマイニングを用いたAPI利用パターンの抽出において,組み合わせ爆発や系列の偏りを抑制することで効率的にパター... [more] SS2015-96
pp.121-126
IN, IA
(併催)
2015-12-17
16:35
広島 広島市立大学 BitTorrentにおけるピース情報を利用したピアおよびピース選択手法の検討
來住寿和小林孝史関西大IN2015-80
BitTorrentはトラッカーを中心とした地理的要素やトポロジーを考慮しないオーバレイネットワークを構築して通信を行う... [more] IN2015-80
pp.55-57
 90件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会