電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 63件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2019-11-13
15:25
愛媛 愛媛県男女共同参画センター MOSFETの統計的選択によるバイアス不要なCMOS温度センサの設計
原田彰吾イスラム マーフズル久門尚史和田修己京大
 [more]
EMCJ, MW, EST
(共催)
IEE-EMC
(連催) [詳細]
2019-10-24
15:55
宮城 東北学院大学(工学部1号館3階第2会議室) 有限長単導体線路モデルにおける放射の反作用と散乱の定式化
田代大貴電中研)・久門尚史京大)・松嶋 徹九工大)・和田修己京大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
MSS, CAS, SIP, VLD
(共催)
2019-07-31
10:00
岩手 岩手大学 伝搬遅延を含む等価回路モデルの遅延微分方程式を用いた時間領域解析
秋丸大甫久門尚史イスラム マーフズル和田修己京大
本稿では電磁界の伝搬遅延を含んだ時間領域の回路モデルの定式化を行う。まず周波数領域での回路モ
デルのインダクタンスと電... [more]
CAS2019-13 VLD2019-19 SIP2019-29 MSS2019-13
pp.55-60
CAS, NLP
(共催)
2018-10-19
13:45
宮城 東北大学 伝搬遅延を含む等価回路による放射と共振のモデル化
久門尚史仲田涼馬松嶋 徹和田修己京大
 [more] CAS2018-56 NLP2018-91
pp.103-108
CAS, NLP
(共催)
2018-10-19
14:10
宮城 東北大学 P2Pエネルギー伝送のための双方向AC/DCコンバータのジャイレータ制御
河嶋信彦キッシ ダニエル久門尚史松嶋 徹和田修己京大
大容量の電源が存在せず,複数の電源と負荷が接続される小規模な電力ネットワークにおける新しいエネルギー伝送法としてP2Pエ... [more] CAS2018-57 NLP2018-92
pp.109-114
EMCJ, MICT
(併催)
2018-03-16
13:25
東京 機械振興会館 リニアレギュレータの内部端子の電圧/電流変動と出力電圧変動の関係
藤木克昌京大)・○松嶋 徹九工大)・久門尚史和田修己京大
リニアレギュレータの一つであるLDO電圧レギュレータの電源電圧端子から伝導性妨害波が印加された際の回路のイミュニティ評価... [more] EMCJ2017-110
pp.31-36
EMCJ, MICT
(併催)
2018-03-16
13:50
東京 機械振興会館 高周波域デカップリングによる三相インバータのコモンモード電流低減設計法
藤井志貴京大)・松嶋 徹九工大)・久門尚史和田修己京大
パワーエレクトロニクス機器が急速に発展する中、電気自動車にもモータードライブ回路に三相インバータが用いられている。三相イ... [more] EMCJ2017-111
pp.37-42
WPT, EMCJ
(併催)
2017-11-21
11:20
東京 機械振興会館 パワーMOSFET近傍の寄生結合とコモンモード電圧の関係
松嶋 徹黒柳貴夫久門尚史和田修己京大
パワーエレクトロニクスに用いられるMOSFETのヒートスプレッダとヒートシンク間に存在する寄生結合により、回路にコモンモ... [more] EMCJ2017-61
pp.13-18
EMT, IEE-EMT
(連催)
2017-11-10
10:00
山形 山形県天童温泉天童ホテル 単導体線路モデルにおける放射損の定式化
久門尚史木村琢也松嶋 徹和田修己京大
 [more] EMT2017-61
pp.131-136
EMCJ, IEE-EMC, IEE-MAG
(連催)
2017-05-18
14:49
海外 南洋理工大学 [ポスター講演]Continuity Condition on Single Conductor Transmission Line Model for Thin Wire Structures
Daiki TashiroTakashi HisakadoTohlu MatsushimaOsami WadaKyoto Univ.
 [more] EMCJ2017-11
pp.9-10
EMCJ, IEE-EMC, IEE-MAG
(連催)
2017-05-18
14:52
海外 南洋理工大学 [ポスター講演]Evaluation of RF Immunity of CAN-FD Transceivers during Data-frame Communication by Using DPI Method
Kohei KawanishiTohlu MatsushimaTakashi HisakadoOsami WadaKyoto Univ.
 [more] EMCJ2017-12
pp.11-12
EMCJ, IEE-EMC, IEE-MAG
(連催)
2017-05-18
14:55
海外 南洋理工大学 [ポスター講演]Communication Quality of Ethernet in Relation to Parameters of Pulse Disturbance and Imbalance of Signal Transmission System
Sayaka MatsushimaTohlu MatsushimaTakashi HisakadoOsami WadaKyoto Univ.
 [more] EMCJ2017-13
pp.13-14
EMCJ 2016-09-16
11:55
兵庫 兵庫県立大学 電力配電線の事故種別特定のためのモード変換に着目したTDR法
松嶋 徹久門尚史和田修己京大)・大恵慎平笹岡毅志酒井康晴関西電力
架空配電系統において断線などの事故が発生した場合に、事故点や事故種別を早急に特定する必要がある。
停電エリア内の配電線... [more]
EMCJ2016-52
pp.13-18
EMCJ 2016-04-15
14:20
石川 金沢大学サテライト・プラザ 外部励振および放射を含む単導体線路の定式化
久門尚史木村琢也松嶋 徹和田修己京大
 [more] EMCJ2016-4
pp.17-22
EMCJ, MW, EST
(共催)
IEE-EMC
(連催) [詳細]
2015-10-23
14:20
宮城 東北大学 片平キャンパス さくらホール 単導体線路の端点で生成される電界を用いた自己誘導電流による放射損失の表現
木村琢也久門尚史松嶋 徹和田修己京大
本稿では単導体線路の放射による損失を考慮した回路モデルを提案する.通常の回路モデルでは電流と電圧を変数とするが,提案モデ... [more] EMCJ2015-78 MW2015-117 EST2015-88
pp.117-122
EMCJ 2015-07-09
10:55
東京 機械振興会館 LDO電圧レギュレータ回路におけるイミュニティ特性と内部端子電圧の相関
宮原秀敏池原伸明松嶋 徹久門尚史和田修己京大
近年,設計コストの低減のため,ICの妨害波に対する挙動を予測することが重要となっている.伝導性妨害波に対する電磁的な耐性... [more] EMCJ2015-33
pp.13-18
EMCJ, IEE-EMC, IEE-MAG
(連催)
2015-06-26
15:20
海外 KMITL (タイ) LDOレギュレータの伝導性妨害波イミュニティ特性評価のためのマクロモデルの構築
松嶋 徹池原伸明宮原秀敏久門尚史・○和田修己京大
本報告では、IECで議論されているICのイミュニティ評価用モデルであるICIM-CIの概要についてまとめた。また、市販の... [more] EMCJ2015-30
pp.73-78
NLP, CCS
(共催)
2015-06-11
15:55
東京 早稲田大学 Analysis of Errors due to Timing Desynchronization in the Peer-to-Peer Energy Transfer System
Daniel KissTakuya EdagawaTakashi HisakadoOsami WadaKyoto Univ.
 [more] NLP2015-52 CCS2015-14
pp.79-84
EMCJ, MW, EST
(共催)
IEE-EMC
(連催) [詳細]
2014-10-24
15:20
秋田 秋田県立大 本荘キャンパス 伝搬遅延による放射損を利用したメタ原子の等価回路モデル
大石克哉久門尚史和田修己京大
メタマテリアルとは、自然界では起こりえない電磁現象をを引き起こす人工物質を指す。メタマテリアルは複雑な構造を持つため、さ... [more] EMCJ2014-66 MW2014-122 EST2014-80
pp.135-140
EMCJ, EST
(共催)
2014-09-12
13:00
北海道 北見工業大 バースト性妨害波の継続時間を考慮したパケット誤り率推定法に関する検討
高谷和宏NTT)・富田大將梅田康希松嶋 徹久門尚史和田修己京大
 [more] EMCJ2014-36 EST2014-50
pp.29-34
 63件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会