お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 12件中 1~12件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
AP 2016-03-11
11:25
山梨 石和温泉(かんぽの宿) Experimental Study on Linear Array Switched Antenna for WiMAX
Julian WebberSatoshi TsukamotoTakahiro MaedaTomoaki KumagaiATR)・Shinichiro YamamotoSatoru AikawaHyogo Univ.AP2015-220
The communication channel between a base-station transmitter... [more] AP2015-220
pp.91-95
AP 2015-02-20
13:30
兵庫 尼崎市中小企業センター [依頼講演]連続切替型アレーアンテナ受信機のOFDMシステムによる評価
ジュリアン ウェバー塚本悟司前田隆宏有吉正行熊谷智明ATR)・山本真一郎相河 聡兵庫県立大AP2014-205
筆者らは高速移動時の通信性能を向上させるため、高速なチャネル変動による劣化を低減する、連続切換型アレーアンテナ受信機を提... [more] AP2014-205
pp.101-105
AP
(第二種研究会)
2015-01-09
11:35
海外 PTIT, Ho Chi Minh City, Vietnam Sequentially Switched Antenna Array Receiver for High Speed Vehicles
Satoshi TsukamotoTakahiro MaedaLu ShanJulian WebberMasayuki AriyoshiTomoaki KumagaiATR
In recent years, it becomes an interesting challenge to prov... [more]
RCS 2014-10-16
11:00
神奈川 慶應義塾大学 漏洩同軸ケーブルによるリニアセルMIMO技術 ~ 高信頼・低遅延な5G移動通信の実現に向けて ~
塚本悟司前田隆宏侯 亜飛有吉正行小林 聖熊谷智明ATRRCS2014-165
移動体無線システムでの小セル化に伴う移動時のハンドオーバ頻度の増加を防ぎ,見通し環境でのMIMO多重度を安定的に高めるた... [more] RCS2014-165
pp.55-60
AP 2014-02-06
15:40
愛知 小島プレス工業株式会社 小島総合研究所(愛知県) [依頼講演]単一漏洩同軸ケーブルによる2×2MIMOシステムの提案と実験による検討
塚本悟司前田隆宏侯 亜飛阿野 進伴 弘司有吉正行小林 聖ATR)・丹羽敦彦鈴木文生フジクラ)・東野武史岡田 実奈良先端大AP2013-175
携帯電話や無線LANの通信量が著しく増加しており,会議場や駅構内など多数ユーザが高密度に存在する環境では無線リソースの不... [more] AP2013-175
pp.51-56
AP
(第二種研究会)
2014-01-09
16:50
海外 Le Quy Don Technical University (Hanoi) Performance Evaluation of 2x2 MIMO System with Single Leaky Coaxial Cable
Satoshi TsukamotoTakahiro MaedaSusumu AnoYafei HouHiroshi BanMasayuki AriyoshiKiyoshi KobayashiATR
This paper proposes a novel 2x2 multiple-input multiple-outp... [more]
MW
(ワークショップ)
2013-12-02
- 2013-12-04
海外 KMUTNB, Thailand Congestion Avoidance with Extra Transmission Wait for Simultaneous-Triggered M2M Wireless Devices under Limited Radio Resources Conditions
Satoshi TsukamotoTakahiro MaedaTomohiro MiyasakaHiroshi BanMasayuki AriyoshiKiyoshi KobayashiATR Wave Engineering Laboratories
Machine-to-Machine (M2M) communication system is widely used... [more]
SR 2013-10-25
09:50
大阪 大阪大学 複数M2Mデバイス同時送信時のデータ送出タイミング制御による輻輳回避手法の一検討
塚本悟司前田隆宏宮坂朋宏伴 弘司有吉正行小林 聖ATRSR2013-66
近年急速に利用が増加している機器間(M2M)通信では,多数デバイスが短時間に集中して送信を行うことがあるが,この時十分な... [more] SR2013-66
pp.77-81
SIP, RCS
(共催)
2013-02-01
13:50
広島 ビューポートくれ(呉) Vector perturbationを用いた非線形マルチユーザMIMOの屋外伝送実験
薗部聡司塚本悟司前田隆宏矢野一人伴 弘司宇野雅博小林 聖ATRSIP2012-121 RCS2012-278
筆者らはLTE-Advanced 下りリンクへの適用に向けた非線形マルチユーザMIMO の実機評価のため,vector ... [more] SIP2012-121 RCS2012-278
pp.237-242
AP, RCS
(併催)
2012-11-16
10:55
東京 東京電機大学(東京千住キャンパス) Vector perturbationにおける拡大信号点空間上の信号点シンメトリ配置の提案
薗部聡司塚本悟司前田隆宏侯 亜飛矢野一人宇野雅博小林 聖ATRRCS2012-175
下りリンクMU-MIMOの非線形プリコーディング方式の一種であるvector perturbationは,線形プリコーデ... [more] RCS2012-175
pp.85-90
MW
(ワークショップ)
2012-08-08
- 2012-08-10
海外 Chulalongkorn University, Thailand An Experimental 8$B!_(B8 MU-MIMO System with Block Diagonalized Vector Perturbation
Satoshi TsukamotoSatoshi SonobeTakahiro MaedaShoichi KitazawaMasahiro UnoHiroshi BanKiyoshi KobayashiATR Wave Engineering Lab.
This paper presents an experimental 8$B!_(B8 (eight transm... [more]
RCS 2012-04-20
14:15
京都 京都大学 ブロック対角化vector perturbationを用いた非線形マルチユーザMIMOの屋内伝送実験
薗部聡司塚本悟司北沢祥一前田隆宏阿野 進伴 弘司宇野雅博小林 聖ATRRCS2012-18
筆者らはLTE-Advanced 下りリンクへの適用に向けた非線形MU-MIMOの実機評価のため,VP アルゴリズムをブ... [more] RCS2012-18
pp.103-108
 12件中 1~12件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会