お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NLC, IPSJ-IFAT
(連催)
2019-02-07
12:40
京都 龍谷大学大宮キャンパス 特許調査のための技術要素の分類に関する研究 ~ 階層型分類コードの推定の高速化と推定精度に関する検討 ~
秋山賢二齋藤隆文東京農工大NLC2018-35
特許調査において、調査者は大量の特許公報を読む必要があり人手と時間を要する作業を強いられる。
技術文書や特許公報の各段... [more]
NLC2018-35
pp.1-6
ICM 2015-07-10
11:10
北海道 札幌コンベンションセンター [招待講演]高品質なコンテンツ配信のための交通機関を活用した先回り配信に関する取り組み
金井謙治武藤健史甲藤二郎早大)・山村新也古殿知之富士通九州ネットワークテクノロジーズ)・齋藤孝文三上博英草地 薫津田俊隆亀山 渉朴 容震佐藤拓朗早大ICM2015-16
近年のモバイルトラフィックの爆発的な増加に対処するために、交通機関を活用したコンテンツ先回り配信システムを提案している。... [more] ICM2015-16
pp.39-44
PRMU, CNR
(共催)
2015-02-20
16:30
宮城 東北大学 オフィス活動を無拘束モニタリングする知的情報空間システムの開発 ~ コミュニケーション行動と作業状況の自動推定について ~
藤田欣也中山雅野村田裕章横山ひとみ堀田政二清水郁子斎藤隆文近藤敏之中條拓伯藤波香織藤田桂英東京農工大PRMU2014-155 CNR2014-70
オフィスにおける活動の長期自動分析のためには,無拘束で在室者の位置や動き,発話者や発話情報などを推定する知的オフィスの実... [more] PRMU2014-155 CNR2014-70
pp.215-220
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2013-12-18
- 2013-12-20
愛媛 松山市総合コミュニティセンター 集団の行動把握・予測のための環境設置型計測システムの構築 ~ 複数の指向性マイクを用いた話者位置推定の検討 ~
村田裕章中山雅野藤田桂英清水郁子堀田政ニ藤波香織近藤敏之中條拓伯齋藤隆文藤田欣也東京農工大
我々は集団を対象に行動や状態を把握・予測し,適切なフィードバックを行う知的空間の実現をめざし,複数種類のセンサを用いた環... [more]
SIS, IPSJ-AVM
(連催)
2013-09-12
15:35
東京 早稲田大学早稲田キャンパス [招待講演]対数美的曲線について
吉田典正日大)・斎藤隆文東京農工大SIS2013-22
BézierやB-splineに代表される自由曲線は,曲線の曲率を制御することが困難である.一方,自動車のボディのような... [more] SIS2013-22
pp.49-52
AP 2012-03-16
10:25
静岡 熱海市中央公民館 無線秘密鍵共有システムに対する能動的盗聴法の提案と実証
藤木雄大吉田斉史斎藤隆史坂井尚貴上原秀幸大平 孝豊橋技科大AP2011-206
本稿では,無線秘密鍵共有システムに対し支配的な素波を生成する双方向増幅中継装置BAR(Bidirectional Act... [more] AP2011-206
pp.43-48
IN 2011-06-16
17:05
愛知 愛知県立大学 [招待講演]社会の進化とオープンシステムディペンダビリティ(安心・安全) ~ 想定範囲が変わり続ける社会を支えるため情報ネットワークが担うべき役割 ~
齋藤孝文サイバー創研IN2011-38
技術革新は国土、経済、国家、生活など社会の様相を大きく進化させ、常に想定範囲を変え続けています。今回の大震災は、技術革新... [more] IN2011-38
pp.55-60
AP, MW
(併催)
2011-03-04
09:00
茨城 茨城大学 エスパアンテナを用いた無線秘密鍵生成システムの実証実験
植松和正斎藤隆史上原秀幸大平 孝豊橋技科大AP2010-186
本稿では,小型・平面型である 3 素子エスパアンテナを搭載した無線通信モジュールの作製を行い,交差偏波を用いた直接波削除... [more] AP2010-186
pp.77-82
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会