電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 28件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RECONF 2019-09-20
10:40
福岡 北九州国際会議場 Multi-threaded High-Level Synthesis for Bandwidth-intensive Applications
Jens HuthmannAuter PodobasTakaaki MiyajimaAtsushi KoshibaKentaro SanoRIKEN
 [more] RECONF2019-30
pp.51-56
IPSJ-SLDM, IPSJ-ARC
(共催)
RECONF, VLD, CPSY
(共催)
(連催) [詳細]
2019-01-31
15:55
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 Lattice-Boltzmann MethodのIntel Programmable Accelerator Cardへの実装と評価
宮島敬明上野知洋佐野健太郎理研
我々は複数の FPGA を用いた高性能ストリーム計算のための共通プラットフォームの構築を目指し、研究開発を行っている。 ... [more] VLD2018-92 CPSY2018-102 RECONF2018-66
pp.125-130
ICD, CPSY, CAS
(共催)
2018-12-23
13:40
沖縄 ホテルアトールエメラルド宮古島 ホールスラスタ内部解析用PIC法計算のArria 10 SoC FPGAへの実装
野田裕之慶大)・宮島敬明理研)・藤田直行JAXA)・天野英晴慶大
ホールスラスタは, 世界規模で活発に開発が行われている全電化衛星の推進機構として知られている. 開発 コスト面での制約上... [more] CAS2018-109 ICD2018-93 CPSY2018-75
pp.119-124
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
CPM, ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2017-11-08
14:25
熊本 くまもと県民交流館パレア FPGAベースのSoCを用いた衛星エンジンシミュレーションの高速化
酒井諒太郎慶大)・宮島敬明JAXA)・野田裕之慶大)・藤田直行JAXA)・天野英晴慶大
衛星に搭載されるホールスラスタは,ホール効果を利用した電気推進エンジンのひとつであり,
他の電気推進エンジンよりも電力... [more]
CPSY2017-48
pp.69-74
CPSY, DC, IPSJ-ARC
(連催)
RECONF
(併催) [詳細]
2017-05-23
17:50
北海道 登別温泉第一滝本館 Particle-In-Cell法における集約処理のOpenCLを用いた最適化
野田裕之酒井諒太郎慶大)・宮島敬明藤田直行JAXA)・天野英晴慶大
Particle-In-Cell(PIC)法は、衛星エンジンのひとつであるホールスラスタの研究開発の際に用いられる数値シ... [more] CPSY2017-9 DC2017-9
pp.45-50
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2017-03-10
15:30
沖縄 具志川農村環境改善センター ホールスラスタ・シミュレーションにおける割付処理のAltera SDK for OpenCLを用いた高速化
野田裕之酒井諒太郎慶大)・宮島敬明藤田直行JAXA)・天野英晴慶大
Full Particle-In-Cell(Full-PIC)法は、電気推進エンジンの一種であるホールスラスタの研究開発... [more] CPSY2016-158 DC2016-104
pp.375-380
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
DC
(併催) [詳細]
2016-08-10
16:15
長野 キッセイ文化ホール(松本) Zynqを用いた衛星エンジンシミュレーションの高速化の検討
酒井諒太郎慶大)・宮島敬明JAXA)・杉本 成慶大)・藤田直行JAXA)・天野英晴慶大
衛星に搭載されるホールスラスタは、ホール効果を利用した電気推進エンジンのひとつであり、他の電気推進エンジンよりも電力の推... [more] CPSY2016-36
pp.263-268
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2015-12-01
13:10
長崎 長崎県勤労福祉会館 GPUをもちいたホールスラスタ・シミュレーションの割り付け処理の高速化の検討
宮島敬明張 科寅藤田直行JAXA
電気推進エンジンは、従来の化学推進エンジンに比べ1桁程度高い比推力と搭載推進剤重量の削減による軽量化により、宇宙における... [more] CPSY2015-62
pp.7-12
RECONF 2014-09-19
10:10
広島 杜の宿 CPU-FPGA環境におけるソフトウェア-ハードウェア混在パイプラインの構築
宮島敬明慶大)・デビッド トーマスインペリアル)・天野英晴慶大
Courier-FPGAは、CPU-FPGA環境でアプリケーション(バイナリ)の高速化を行う為のツールである。まず、実行... [more] RECONF2014-27
pp.57-62
RECONF 2014-09-19
10:35
広島 杜の宿 PEACH2への演算機構の実装とその性能評価
久原拓也宮島敬明慶大)・塙 敏博東大)・天野英晴慶大
 [more] RECONF2014-28
pp.63-68
RECONF 2014-06-12
09:25
宮城 片平さくらホール データベース前処理用HOG変換のFPGA実装
八藤磨生宮島敬明松谷宏紀天野英晴慶大
半導体の高集積化に伴い、パターン認識の研究が進められたことにより、近年では特に人検出システムへ
の注目が高まっている。... [more]
RECONF2014-3
pp.11-16
CPSY, DC
(共催)
2014-04-25
14:50
東京 国立情報学研究所 Tightly Coupled Acceleratorを用いた幅優先探索の高速化
勝田裕貴宮島敬明野村鎮平久原拓也慶大)・塙 敏博東大)・天野英晴慶大)・朴 泰祐筑波大
近年、グラフィックプロセッサ(Graphic Processing Unit、以下GPU)
の一般目的への
利用(G... [more]
CPSY2014-4 DC2014-4
pp.15-20
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-EMB, IPSJ-SLDM
(共催)
(連催) [詳細]
2014-03-16
09:25
沖縄 ICT文化ホール GPU-BOXにおける幅優先探索の高速化
三石拓司野村鎮平宮島敬明慶大)・鈴木 順林 佑樹菅 真樹NEC)・天野英晴慶大
グラフ処理は様々な分野で応用されており,近年盛んに研究されている.データの大規模化に伴い,これらグラフ処理の高速化が要求... [more] CPSY2013-108 DC2013-95
pp.235-240
CPSY, RECONF, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2014-01-28
09:20
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス Cyber Work BenchによるBlokus Duo AIの実現
杉本 成宮島敬明久原拓也三石拓司天野英晴慶大
本論文では、FPGA ベースの Blokus Duo 用アーキテクチャについて述べる。これは最大最小戦力および
α -... [more]
VLD2013-104 CPSY2013-75 RECONF2013-58
pp.13-18
CPSY, RECONF, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2014-01-28
11:15
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス PEACH2を用いたノード間通信中のFPGA/GPU協調動作
久原拓也宮島敬明慶大)・塙 敏博東大)・天野英晴慶大)・朴 泰祐筑波大
PEACH2 (PCI-Express Adaptive Communication Hub 2) は,
筑波大学を中... [more]
VLD2013-108 CPSY2013-79 RECONF2013-62
pp.37-42
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2013-11-29
10:30
鹿児島 鹿児島県文化センター 高位合成を用いたストリーム処理におけるマルチFPGAシステム向け回路分割手法の提案
國上太旗宮島敬明天野英晴慶大
近年,高位合成技術の発達によってField Programmable Gate Array(FPGA) などのリコンフィ... [more] CPSY2013-68
pp.53-58
RECONF 2013-09-19
13:25
石川 北陸先端科学技術大学院大学 PEACH2におけるパイプライン実行の検討
宮島敬明久原拓也慶大)・塙 敏博筑波大)・デビッド トーマスインペリアル)・天野英晴慶大
PEACH2 (PCI-Express Adaptive Communication Hub 2) は、筑波大学を中心と... [more] RECONF2013-33
pp.79-84
RECONF 2013-05-21
10:35
高知 高知県民文化ホール 低消費電力アクセラレータCMAの演算終了時間における投機的データ収集機構の実装
宇野理恵小崎信明伊澤麻衣津坂章人宮島敬明天野英晴慶大
Cool Mega Array(CMA)は,バッテリー駆動のモバイル機器向けに提案された低消費電力なアクセラレータである... [more] RECONF2013-11
pp.55-60
RECONF 2013-05-21
15:10
高知 高知県民文化ホール TCAノードにおけるランタイムバイナリアクセラレーションの検討
宮島敬明久原拓也慶大)・塙 敏博筑波大)・デビッド トーマスインペリアル)・天野英晴慶大
我々は、Courierと呼ぶランタイムバイナリアクセラレーション(RBA)のためのツールチェインと、Trailblaze... [more] RECONF2013-18
pp.97-102
CPSY 2012-10-12
11:10
広島 広島大学 OpenCVとGPUを対象としたラインタイムバイナリアクセラレーションの試作と評価
宮島敬明慶大)・デビッド トーマスImperial College London)・天野英晴慶大
ランタイムバイナリアクセラレーションは、実行中のバイナリ(実行ファイル)の解析結果を元に... [more] CPSY2012-37
pp.37-42
 28件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会