お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 56件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ICM 2021-03-19
17:10
ONLINE オンライン開催 災害時における地点の重要度を考慮した配送計画アルゴリズムの提案
小川まな美金井俊介田山健一NTTICM2020-81
 [more] ICM2020-81
pp.120-124
SDM 2021-02-05
14:25
ONLINE オンライン開催 [招待講演]1umピッチCu-Cu接続に対する接合ずれの影響
香川恵永上林拓海羽根田雅希藤井宣年古瀬駿介橋口日出登平野智之岩元勇人ソニーセミコンダクタソリューションズSDM2020-58
良好な電気特性と信頼性を有する1umピッチのCu-Cu接続が実現され、同時に、Cuパッド間の接合ずれが特性に与える影響に... [more] SDM2020-58
pp.15-18
EA 2020-12-14
15:20
ONLINE オンライン開催 家畜の体内伝導音を用いた罹患判定法の検討
土屋和也石光俊介森長佳子成 亦兵成澤健太飯島聡志中山仁史広島市大)・三上 修高木道浩井上寛暁農研機構EA2020-57
日本の畜産業における農場の大規模化に伴い,個体ごとの家畜の管理は困難を増しつつある.このような状況では,病気の検出が困難... [more] EA2020-57
pp.69-74
SR, NS, SeMI, RCC, RCS
(併催)
2020-07-10
11:10
ONLINE オンライン開催 TD-LTE信号重畳下における一次ユーザ検出手法
中野隼輔電通大)・稲毛 契都立産技高専)・藤井威生電通大SR2020-19
 [more] SR2020-19
pp.57-61
CPM, LQE, ED
(共催)
2019-11-22
12:45
静岡 静岡大学(浜松) DCスパッタAlNテンプレートを用いたUVC-LEDの進展
最上耀介理研/埼玉大)・大澤篤史尾崎一人谷岡千丈前岡淳史SCREEN)・糸数雄吏桑葉俊輔理研/埼玉大)・定 昌史前田哲利理研)・矢口裕之埼玉大)・平山秀樹理研ED2019-53 CPM2019-72 LQE2019-96
殺菌,浄水など幅広い用途への応用をもつAlGaN系UVC-LED作製には高品質なAlN基板,もしくはテンプレートが必要で... [more] ED2019-53 CPM2019-72 LQE2019-96
pp.85-88
RCS, SR, SRW
(併催)
2019-03-08
09:00
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク 非線形振動子を用いた自律分散クラスタリングに基づくチャネル割当
中野隼輔稲毛 契都立産技高専SR2018-135
無線分散ネットワークの各端末が送信するビーコン送信タイミング決定に非線形振動子を用い,干渉関係にある端末が異なるグループ... [more] SR2018-135
pp.73-79
CPM 2019-02-28
16:05
東京 電通大 ナノチャネル酸化チタン薄膜トランジスタの試作と評価
曽貝彗斗齊藤俊介吉田一樹鹿又健作三浦正範有馬ボシールアハンマド廣瀬文彦山形大CPM2018-110
 [more] CPM2018-110
pp.41-44
NLC, IPSJ-IFAT
(連催)
2019-02-08
15:00
京都 龍谷大学大宮キャンパス 英語論文の読解力向上に適した教材は何か? ~ 参考論文か専門教科書か ~
青山寛士河合敦夫加藤駿佑山下 祐三重大NLC2018-47
具体的なテーマが明確に決まっている研究開発者が必要とする英文読解力向上には、その(英語)参考文献(今回は論文)や専門教科... [more] NLC2018-47
pp.63-68
ASN, NS, RCS, SR, RCC
(併催)
2018-07-13
09:55
北海道 函館アリーナ 非線形振動子を用いた干渉強度に基づいたグラフ彩色手法
中野隼輔稲毛 契都立産技高専SR2018-51
無線通信では利用可能なチャネル数は限られおり,効率的なチャネル利用には干渉関係にあるアクセスポイント(AP:Access... [more] SR2018-51
pp.139-144
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2018-05-21
13:10
沖縄 沖縄産業支援センター 遠隔コミュニケーションシステム「ともリビ」におけるモード遷移のプロトコルの検討
花井俊孝飯島俊輔酒造正樹武川直樹東京電機大HCS2018-5 HIP2018-5
離れて住む高齢者家族と子供家族を結び“あたかも「とも」に暮らし,「リビ」ングを共有しているような感覚”の提供を目指し,遠... [more] HCS2018-5 HIP2018-5
pp.33-38
CPM 2018-03-01
16:35
東京 東京工科大学 K0.45Na0.55NbO3系セラミックスの作製及びその特性
青木俊輔番場教子信州大CPM2017-124
本研究では難焼結性のニオブ酸カリウムナトリウム(K0.45Na0.55NbO3)セラミックスにリチウム及びタンタルを固溶... [more] CPM2017-124
pp.33-36
RCS, IN, NV
(併催)
2017-05-12
10:35
東京 機械振興会館 IEEE 802.11無線LANにおける後続起動アクセスポイントを考慮した適応チャネル選択
中野隼輔稲毛 契都立産技高専RCS2017-45
IEEE 802.11無線LANシステムでは,複数の端末(STA:Station)が同一のチャネルを用いて通信を行うと,... [more] RCS2017-45
pp.85-89
ED 2017-04-20
15:25
宮城 東北大学電気通信研究所 本館 6階 大会議室 室温原子層堆積法を用いたSnO2膜作製およびデバイス応用
齊藤俊介野老健太郎鹿又健作三浦正範有馬 ボシール アハンマド久保田 繁廣瀬文彦山形大ED2017-5
酸化スズ(SnO2)を用いたガスセンサは大半が焼結形であるために、粒径分布による特性のばらつきが生じやすく、また粒径に対... [more] ED2017-5
pp.17-20
PRMU, BioX
(共催)
2017-03-20
15:20
愛知 名城大 FCNを用いた葉領域分割
櫻井俊輔内山英昭谷口倫一郎九大BioX2016-43 PRMU2016-206
植物のフェノタイプの解析は多くの分野の基盤技術であり,植物の葉領域分割は葉のフェノタイプの自動解析に利用できる.本稿では... [more] BioX2016-43 PRMU2016-206
pp.57-62
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2016-12-07
- 2016-12-09
高知 高知市文化プラザかるぽーと ともリビ:高齢者親家族と子家族のための遠隔地間コミュニケーションシステム ~ 2カ月間のユーザテストによる評価 ~
飯島俊輔東京電機大)・酒造正樹東大)・小島卓郎武川直樹東京電機大
子供家族と離れて住む高齢者の孤立感の改善のため,我々は,高齢の親家族と子家族をICTにより情報共有し,あたかも,共(とも... [more]
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2016-05-19
15:00
沖縄 沖縄産業支援センター ともリビ:高齢者の親家族と子家族のための遠隔地間コミュニケーションシステム ~ システム開発とユーザテスト ~
飯島俊輔武川直樹東京電機大)・酒造正樹東大)・上野博毅小島卓郎東京電機大HCS2016-23 HIP2016-23
近年の生活様式の変化に伴い高齢者の家族,地域からの孤立化が問題となっている.我々は,別居を余儀なくされている高齢な親世帯... [more] HCS2016-23 HIP2016-23
pp.189-194
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2015-12-16
- 2015-12-18
富山 富山国際会議場 ともリビ:高齢者のための遠隔地間コミュニケーションシステム ~ ニーズとコンセプト ~
武川直樹東京電機大)・酒造正樹東大)・木村 敦大島直樹徳永弘子飯島俊輔石井祐輔東京電機大
成人した子供から離れて暮らしている高齢者世帯にとって,周囲とのコミュニケーションができる環境を維持していくことが重要な役... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2015-12-16
- 2015-12-18
富山 富山国際会議場 キャラクタエージェントを介したテレビ電話接続手順の提案 ~ コミュニケーション開始時のユーザの心理的負荷軽減のために ~
飯島俊輔武川直樹東京電機大)・酒造正樹東大
テレビ電話には,自分が忙しくて応答できずに相手に不満を抱かせる心配や自分の部屋や顔が相手に映るプライバシの問題等がある.... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2014-12-17
- 2014-12-19
山口 海峡メッセ下関 顔面の疎な特徴点の動的な3次元変位情報を用いた表情の識別
岩佐香織永田俊介稲葉善典赤松 茂法政大
本研究では,モーションキャプチャで計測された表情表出時における顔面特徴点の3次元位置の時系列的な変化情報が,表情の識別に... [more]
AP, WPT
(併催)
2014-10-15
16:45
北海道 北大 クラーク会館 大会議室 低サイドローブ直列給電マイクロストリップアレーアンテナのパレート遺伝的アルゴリズムによる設計
堤 洸貴須藤俊介桑原義彦静岡大)・加茂宏幸エレシスAP2014-113
直列給電型のパッチアンテナアレーは給電損失が少なく特にミリ波帯で有効である.本稿では高利得,低サイドローブレベル,低VS... [more] AP2014-113
pp.25-30
 56件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会