お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 30件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
WBS, RCC
(共催)
SAT, MICT
(併催) [詳細]
2021-05-21
15:00
ONLINE オンライン開催 (Zoom) [招待講演]都市部における歩行者測位の取り組み
湯 素華小花貞夫電通大WBS2021-21 RCC2021-21 SAT2021-19 MICT2021-14
 [more] WBS2021-21 RCC2021-21 SAT2021-19 MICT2021-14
pp.112-114(WBS), pp.112-114(RCC), pp.100-102(SAT), pp.73-75(MICT)
RCS, SIP
(共催)
2014-01-24
15:40
福岡 九州大学 無線オンデマンドウェイクアップ用Wake-up Receiverの間欠動作における干渉フレーム長の影響
木村貴寿長谷川晃朗ATR)・四方博之関西大)・湯 素華武内良男ATRSIP2013-126 RCS2013-296
無線通信機器の省電力化のために,Radio On Demand Networks(ROD)の研究開発を行なっている.無線... [more] SIP2013-126 RCS2013-296
pp.241-246
ITS 2013-07-26
14:50
大阪 関西大学 [招待講演]車両間の協調による高精度相対測位の研究開発
湯 素華古川 玲川西 直長谷川晃朗三浦 龍武内良男ATRITS2013-10
近年,GNSSによって算出された車両の位置情報を車両間で交換する安全運転支援システムの研究開発が盛んに行われている.都市... [more] ITS2013-10
pp.25-30
RCS, SR, SRW
(併催)
2013-02-27
16:40
東京 早稲田大学 オンデマンドWiFiウェイクアップのための受信レベル差分を用いたフレーム長検出法に関する一検討
難波耕佑四方博之関西大)・原 幸宏NEC通信システム)・湯 素華木村貴寿ATRRCS2012-302
現在急速に普及が進む無線LAN機器の未使用時の無駄な電力を削減するため, 無線LAN機器にウェイクアップ受信機を適用した... [more] RCS2012-302
pp.109-114
SR, AN, USN, RCS
(併催)
2012-10-19
13:30
福岡 福岡大学 Radio-On-Demand WLAN用Wake-up受信機に対するDuty-Cyclingの影響に関する一検討
木村貴寿長谷川晃朗ATR)・四方博之関西大)・湯 素華ATR)・伊藤哲也NEC通信システム)・大橋正良ATRRCS2012-152
無線LANアクセスポイント(AP)の省電力化を実現するため,Radio-On-Demand (ROD) Wireless... [more] RCS2012-152
pp.155-160
NS, IN
(併催)
2012-03-08
11:40
宮崎 宮崎シーガイア Radio-On-Demand WLAN用ウェイクアップ受信機の省電力化に関する検討
木村貴寿近藤良久ATR)・四方博之関西大)・湯 素華ATR)・伊藤哲也NEC通信システム)・大橋正良ATRNS2011-209
無線LANの省電力化を実現するRadio-On-Demand (ROD) WLANでは,未使用のAPが自動的にスリープモ... [more] NS2011-209
pp.167-172
NS, RCS
(併催)
2011-12-16
11:00
山口 山口大学 Realizing Fair Sharing of WLAN Channels in the Presence of Legacy Devices
Suhua TangAkio HasegawaTatsuo ShibataMasayoshi OhashiATRRCS2011-253
 [more] RCS2011-253
pp.123-128
RCS, AN, SR, USN
(併催)
2011-10-28
11:00
東京 上智大 Wake-up Signaling via WLAN Frames--How to Improve Reliability
Suhua TangATR)・Hiroyuki YomoKansai Univ.)・Yoshihisa KondoTakatoshi KimuraSadao ObanaATRRCS2011-176
 [more] RCS2011-176
pp.213-218
WBS 2011-10-20
15:50
新潟 新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」 [招待講演]ウェイクアップ無線を用いた省電力無線LANに関する研究開発
四方博之関西大)・近藤良久湯 素華ATR)・伊藤哲也NEC通信システムWBS2011-24
現在急速に普及が進む無線LANアクセスポイント (AP)は,未使用時にも無駄に電力を消費しており,無線LANによる電力浪... [more] WBS2011-24
pp.13-18
IN, NS
(併催)
2011-03-03
09:00
沖縄 沖縄コンベンションセンター New wakeup transceiver for on-demand wireless LAN
Suhua TangATR)・Hiroyuki YomoKansai Univ.)・Yoshihisa KondoSadao ObanaATRNS2010-184
 [more] NS2010-184
pp.117-122
IN, NS
(併催)
2011-03-03
09:20
沖縄 沖縄コンベンションセンター 無線LAN信号を用いたオンデマンドウェイクアップ方式
近藤良久ATR)・四方博之関西大/ATR)・湯 素華ATR)・岩井優仁田中利康NEC通信システム)・筒井英夫小花貞夫ATRNS2010-185
無線通信機器の省電力化を目指し,無線通信が必要とされる時間,場所および通信用途に応じて,電力および電波リソースのオンデマ... [more] NS2010-185
pp.123-128
IN, NS
(併催)
2011-03-03
10:00
沖縄 沖縄コンベンションセンター ウェイクアップ受信機を用いたRadio-On-Demand NetworksのためのID設計に関する一検討
難波耕佑四方博之関西大)・近藤良久湯 素華ATRNS2010-187
現在急速に普及が進む無線LANのアクセスポイント (AP)は,未使用時にも無駄に電力を消費しており,無線LANによる電力... [more] NS2010-187
pp.135-140
SANE, SAT
(併催)
2011-02-24
14:40
兵庫 NICT(神戸研究所) 都市部における高精度車車間相対測位手法
湯 素華筒井英夫大山 卓三浦 龍小花貞夫ATRSANE2010-159
車車間通信ネットワークにおいて,車両間の高精度相対位置情報は交通事故の回避に非常に重要である.この相対位置は,各車両でG... [more] SANE2010-159
pp.1-6
IN 2010-07-09
14:10
北海道 北海道大学 Congestion Control for Wireless LAN Access Networks
Oyunchimeg ShagdarSuhua TangNoriyuki TaniguchiMorihiko TamaiHiroyuki YomoAkio HasegawaTetsuro UedaRyu MiuraSadao ObanaATRIN2010-40
 [more] IN2010-40
pp.103-108
RCS 2010-06-17
10:45
京都 京都大学 Exploiting Potential Throughput Metric for Access Point Selection in Wireless LANs
Suhua TangOyunchimeg ShagdarNoriyuki TaniguchiMorihiko TamaiHiroyuki YomoAkio HasegawaTetsuro UedaRyu MiuraSadao ObanaATRRCS2010-21
 [more] RCS2010-21
pp.19-24
IN, RCS
(併催)
2010-04-27
13:00
東京 機械振興会館 Improving Performance of Wireless Networks with Coordinated Transmit Power Control
Suhua TangHiroyuki YomoAkio HasegawaMehdad N. ShiraziTetsuro UedaRyu MiuraSadao ObanaATRRCS2010-11
 [more] RCS2010-11
pp.61-66
NS, RCS
(併催)
2009-07-17
16:40
北海道 北海道大学 Improving Performance of WLAN with Joint AP Selection and Power Control
Suhua TangHiroyuki YomoMehdad N. ShiraziTetsuro UedaRyu MiuraSadao ObanaATRRCS2009-72
As more and more access points (AP) are deployed to enable s... [more] RCS2009-72
pp.113-118
SR, RCS, USN, AN
(併催)
2008-10-22
14:00
沖縄 沖縄産業支援センター Network Coding Based Relay Scheme for Wireless LAN
Suhua TangHiroyuki YomoMehdad N. ShiraziTetsuro UedaRyu MiuraSadao ObanaATRAN2008-37
Network coding is an effective method to improve channel eff... [more] AN2008-37
pp.45-50
ITS, IPSJ-ITS, IEE-ITS
(共催)
2008-09-10
14:30
埼玉 埼玉大学 車車間通信におけるMM-SAパケット転送手法
シャグダル オユーンチメグ・○大山 卓マハダッド ヌリ シラジ湯 素華鈴木龍太郎小花貞夫ATRITS2008-22
分散型無線通信における代表的なチャネルアクセス手法はCSMA/CAである.しかし,CSMA/CAは分散型ネットワークに容... [more] ITS2008-22
pp.15-20
ITS 2008-07-28
10:30
愛知 名古屋大学 Transmission Scheduling in CDMA-based Inter-vehicle Communication
Mehdad N. ShiraziOyunchimeg ShagdarTakashi OhyamaSuhua TangRyutaro SuzukiSadao ObanaATRITS2008-9
 [more] ITS2008-9
pp.7-12
 30件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会