電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SANE 2019-11-29
10:25
大阪 大阪工業大学梅田キャンパス 24GHz帯FMCWレーダにおけるレーダ画像応用と付帯アンテナのパターン測定
柴田雅弘阪工大)・高岡峻一台北科技大)・小林弘一熊本和夫阪工大
 [more]
SANE 2019-11-29
11:15
大阪 大阪工業大学梅田キャンパス NFFFT計測におけるRCSキャリブレーションについて
高岡峻一台北科技大)・小林弘一阪工大)・張 陽郎鞠 志遠台北科技大
 [more]
SANE 2018-11-08
15:50
海外 中国(許昌市) Thinning Technique in Cylindrical Scanning Measurement for RCS Near-field to Far-field Transformation
Shun-ichi TakaokaNTUT)・Hirokazu KobayashiOIT)・Yang-Lang ChangChih-Yuan ChuNTUT
 [more] SANE2018-70
pp.73-77
SANE 2018-11-09
10:50
海外 中国(許昌市) RCS Near-field to Far-field Transformation Estimation by Using GTD Target Models
Hirokazu KobayashiOIT)・Shun-ichi TakaokaYang-Lang ChangChih-Yuan ChuNTUT
 [more] SANE2018-77
pp.107-112
AP, SANE, SAT
(併催)
2018-07-20
10:45
北海道 北海道大学 近傍界遠方変換によるRCSおよびアンテナパターンの計測
小林弘一阪工大)・高岡俊一台北科技大
航空機などの電気長の大きな物体に対するRCS評価の要求は, 近年ますます強くなっている. 本論では, このような物体を円... [more] AP2018-61 SANE2018-25 SAT2018-20
pp.113-118(AP), pp.19-24(SANE), pp.55-60(SAT)
SANE 2017-11-24
11:10
海外 マレーシア(ボルネオ島) Beam Scanning of Conformal Array with Arbitrary Shaped Surface
Hirokazu KobayashiTakeru OkaOIT)・Shun-ichi TakaokaMWF
 [more] SANE2017-83
pp.105-110
AP, SANE
(併催)
2014-08-29
11:15
新潟 新潟大学(ときめいと) AFF法を用いた複素誘電率推定の検討
高岡峻一新潟大)・小林弘一阪工大)・山口芳雄新潟大
本検討では,画像化レーダの一つであるArray Factor Focusing(AFF) 法を用いて,物体の複素誘電率を... [more] SANE2014-58
pp.59-64
SANE 2013-08-23
14:55
新潟 新潟大学(五十嵐キャンパス) 透過レーダによる多層誘電体の誘電率と厚みの推定法
小林弘一阪工大)・高岡峻一山口芳雄新潟大)・周 虹阪工大
壁透過レーダでは、機械的あるいは電気的にアンテナを走査することで前方物体の画像を取得することができる。この際、壁の遅延位... [more] SANE2013-49
pp.23-30
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会