電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 5件中 1~5件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2018-10-18
15:45
大阪 大阪大学 Evaluation of heat-driven spin-torque in a magnetic tunnel junction through time-resolved measurement
Natsumi FuruichiOsaka Univ.)・Minori GotoOsaka Univ./CSRN)・Hitoshi KubotaKay YakushijiAkio FukushimaShinji YuasaAIST)・Nikita StrelkovUGA,CEA,CNRS,G-INP,INAC-SPINTEC/Lomonosov Moscow State Univ.)・Bernard DienyUGA, CEA, CNRS, G-INP, INAC-SPINTEC)・Shinji MiwaOsaka Univ./CSRN)・Yoshishige SuzukiOsaka Univ./CSRN/AIST
 [more]
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2018-10-18
16:10
大阪 大阪大学 High transport property of microwave in heat-driven magnetic tunnel junction
Yuma YamadaOsaka Univ.)・Minori GotoOsaka Univ./CSRN-Osaka)・Takekazu YamaneNaomichi DegawaTuyoshi SuzukiAtsushi ShimuraSusumu AokiJunichiro UrabeShinji HaraTDK)・Shinji MiwaOsaka Univ. /Univ. of Tokyo /CSRN-Osaka)・Suzuki YoshishigeOsaka Univ. /CSRN-Osaka
 [more]
ICD 2017-04-20
10:35
東京 機械振興会館 [依頼講演]2Xnm世代以降のトランジスタに向けた,高速且つ低消費電力動作する不揮発性STT-MRAM用MTJ素子の開発
才田大輔柏田沙織矢ヶ部恵弥大坊忠臣伊藤順一野口紘希東芝)・安部恵子東芝R&D)・藤田 忍東芝)・福本三芳三輪真嗣鈴木義茂阪大ICD2017-2
 [more] ICD2017-2
pp.5-9
ITE-MMS, ITE-CE
(共催)
MRIS
(連催) [詳細]
2014-01-24
15:45
大阪 パナソニック企業年金基金 松心会館 スピントルク発振素子のセンサ応用の可能性について
冨田博之三輪真嗣鈴木義茂阪大MR2013-38
スピントルク発振(STO)素子を磁場センサとして利用する場合の性能について議論する。これまでは磁場検出を行う上で磁気トン... [more] MR2013-38
pp.29-34
QIT
(第二種研究会)
2012-11-27
- 2012-11-28
神奈川 慶応大学 日吉キャンパス [ポスター講演]ダイヤモンド中の単一NV中心の核スピンを用いた多量子ビット化と室温での量子もつれ生成
下岡孝明阪大)・加藤宙光山崎 聡産総研)・三輪真嗣鈴木義茂水落憲和阪大
近年、ダイヤモンド中のNV 中心はその優れたコヒーレンス特性から盛んに研究がなされている。
本研究で我々は室温下で単一... [more]

 5件中 1~5件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会