お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 17件中 1~17件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SRW, SeMI, CNR
(併催)
2019-11-05
14:30
東京 構造計画研究所(本所新館東京) [招待講演]ソニーのIoT向けLPWA ELTRESの紹介 ~ 独自技術で長距離安定通信を実現 ~
北園真一ソニーSRW2019-25 SeMI2019-72 CNR2019-19
 [more] SRW2019-25 SeMI2019-72 CNR2019-19
pp.17-20(SRW), pp.55-58(SeMI), pp.17-20(CNR)
PRMU, CNR
(共催)
2017-02-19
11:20
北海道 北海道大学 [ポスター講演]三次元可視化装置を用いた歩きスマホ中の視野計測システムの開発
仲谷将志榎並直子安岡晶子田井中智圭喜多伸一神戸大PRMU2016-186 CNR2016-53
没入型三次元可視化装置を用いて歩きスマホが歩行中の人の視野に与える影響を計測した.計測実験では,歩行者の足元に仮想刺激と... [more] PRMU2016-186 CNR2016-53
pp.169-170
WIT, ASJ-H
(共催)
2017-02-11
10:00
愛媛 愛媛大学城北地区キャンパス メディアホール(総合情報メディアセンター内) 視野狭窄者を対象とした歩行時の足元知覚の計測
安岡晶子仲谷将志津田紹子榎並直子喜多伸一神戸大WIT2016-70
視野狭窄者が歩行中に知覚可能な足元の視覚情報に関する計測実験を行った.参加者は,没入型VR装置内にて自身の歩行に合わせて... [more] WIT2016-70
pp.41-46
WIT, ASJ-H
(共催)
2017-02-11
10:25
愛媛 愛媛大学城北地区キャンパス メディアホール(総合情報メディアセンター内) 視覚障害者が行う将棋における情報伝達手法
川口稚京喜多伸一神戸大)・石川 准静岡県立大WIT2016-71
本研究では視覚障害者の将棋における駒情報伝達手法を異なる詰将棋の盤面提示方法を用いて比較検討した.視覚障害者用の将棋盤,... [more] WIT2016-71
pp.47-52
IE, IMQ, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2016-03-08
11:40
沖縄 名桜大 π-CAVEを用いた歩行時の下視野測定システムの開発
丹羽雄大榎並直子安岡晶子和田朋乃佳喜多伸一有木康雄神戸大IMQ2015-68 IE2015-167 MVE2015-95
視野とは一点を注視したときに見える範囲であり,歩行中の下視野を測定し足元知覚を明らかにすることは,晴眼者のみならず視覚狭... [more] IMQ2015-68 IE2015-167 MVE2015-95
pp.229-234
MVE, IE, WIT, IMQ
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2013-03-12
13:55
福岡 福岡工業大学 自動点字翻訳プログラムの触地図用途向け最適化
菅野亜紀神戸大医学部附属病院)・三浦研爾神戸大)・大田美香神戸大医学部附属病院)・喜多伸一神戸大)・山口俊光渡辺哲也新潟大)・前田英一高岡 裕神戸大医学部附属病院IMQ2012-85 IE2012-189 MVE2012-146 WIT2012-95
 [more] IMQ2012-85 IE2012-189 MVE2012-146 WIT2012-95
pp.285-288
ET 2012-11-17
16:30
佐賀 佐賀大学(本庄キャンパス) 触読学習を可能にした音声ガイド付き点字e-learning
大田美香神戸大医学部附属病院)・小田 剛三浦研爾神戸大)・梅田由紀恵塚本紗代花岡澄代松浦正子神戸大医学部附属病院)・渡辺哲也新潟大)・喜多伸一神戸大)・前田英一菅野亜紀高岡 裕神戸大医学部附属病院ET2012-66
 [more] ET2012-66
pp.79-82
WIT 2012-05-25
12:55
新潟 新潟大駅南キャンパス講義室 中途視覚障害者向けの触読点字e-learningの最適な読み上げ速度
大田美香神戸大医学部附属病院)・小田 剛三浦研爾神戸大)・塚本紗代梅田由紀恵花岡澄代松浦正子神戸大医学部附属病院)・渡辺哲也新潟大)・喜多伸一神戸大)・前田英一菅野亜紀高岡 裕神戸大医学部附属病院WIT2012-2
我々は中途視覚障害者向けに,点字自己学習用の触読点字e-learningへの音声ガイドの追加に取り組んでいる.その際,読... [more] WIT2012-2
pp.7-10
WIT 2012-05-25
13:20
新潟 新潟大駅南キャンパス講義室 オントロジーを利用した視覚障害者用の鍼灸領域の教材は学習効果を高める
小田 剛神戸大)・菅野亜紀熊岡 穣神戸大医学部附属病院)・三浦研爾神戸大)・塚本紗代池上峰子神戸大医学部附属病院)・喜多伸一神戸大)・渡辺哲也新潟大)・前田英一大田美香高岡 裕神戸大医学部附属病院WIT2012-3
我々は,視覚障害者向けの経絡と経穴の教材を新たに開発した.その特徴は,オントロジーを各々の概念の関係構築に利用したことと... [more] WIT2012-3
pp.11-15
WIT 2012-01-28
10:15
愛知 名古屋工業大学 53号館5234講義室 点図におけるドットパターンの識別特性の評価
渡部 謙渡辺哲也山口俊光新潟大)・大内 進特総研)・高岡 裕神戸大医学部附属病院)・喜多伸一石橋和也神戸大WIT2011-59
点図において識別性が高い面記号の組合せを見つけるため,晴眼者と視覚障害者を対象に実験を行った.実験では,点種と点間隔が異... [more] WIT2011-59
pp.45-49
WIT 2012-01-28
11:15
愛知 名古屋工業大学 53号館5234講義室 触地図上で見つけやすい触知記号の提案
石橋和也水田浩美渡辺 聡神戸大)・渡部 謙渡辺哲也新潟大)・高岡 裕喜多伸一神戸大WIT2011-61
触地図内で発見しやすい触知記号を作成することは,触地図の使いやすさを向上させるために重要である。そこで本研究では,触地図... [more] WIT2011-61
pp.57-61
WIT 2011-05-21
16:15
新潟 新潟大学 英国の障害者サポートと視覚障害者支援プログラム
菅野亜紀大田美香神戸大/神戸大医学部附属病院)・渡辺哲也新潟大)・喜多伸一神戸大)・前田英一高岡 裕神戸大医学部附属病院WIT2011-21
 [more] WIT2011-21
pp.111-116
PRMU, HIP
(共催)
2010-03-15
10:55
鹿児島 鹿児島大 視線変化の知覚 ~ 眼を向けることと眼を逸らすこと ~
横山武昌喜多伸一神戸大PRMU2009-242 HIP2009-127
本研究では視線方向の変化において,直視を含む視線変化と直視を含まない視線変化の注意の捕捉量を検討した.また「眼を向ける」... [more] PRMU2009-242 HIP2009-127
pp.55-60
HCS 2010-03-08
- 2010-03-09
静岡 ウェルシーズン浜名湖 ポジションペーパー ~ オノマトペ・音韻象徴はコミュニケーションに貢献するか ~
平田佐智子喜多伸一神戸大HCS2009-72
 [more] HCS2009-72
pp.25-26
HIP 2008-12-18
- 2008-12-19
宮城 東北大学電気通信研究所 なるべく速く正確に ~ 目標の出現確率による探索終了時間の最適化 ~
石橋和也喜多伸一神戸大HIP2008-124
視覚探索課題における探索終了時間は,目標の出現確率に応じて変化することが示されているが,この変化がどのようなメカニズムで... [more] HIP2008-124
pp.7-12
HIP 2007-11-19
- 2007-11-20
石川 金沢工業大学 [招待講演]触覚的注意の移動における同物体効果
喜多伸一畑 智巳神戸大HIP2007-110
 [more] HIP2007-110
pp.53-54
HIP 2007-11-19
- 2007-11-20
石川 金沢工業大学 刺激項目数が視覚探索の判断基準に与える影響
石橋和也喜多伸一神戸大HIP2007-128
本研究では,目標の出現頻度が視覚探索の判断基準(信号検出理論におけるCriterion)に与える影響が,刺激項目数に依存... [more] HIP2007-128
pp.155-159
 17件中 1~17件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会