お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 14件中 1~14件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SANE 2015-05-29
15:20
神奈川 JAXA相模原キャンパス ERG衛星へ向けた初期スピン・ニューテーション制御の低コスト化に関する検討
坂井真一郎福田盛介澤井秀次郎浅村和史高島 健JAXASANE2015-13
 [more] SANE2015-13
pp.39-44
SANE 2015-05-29
16:50
神奈川 JAXA相模原キャンパス SLIMで実証するピンポイント月面着陸と小型探査機技術
福田盛介澤井秀次郎坂井真一郎佐藤英一水野貴秀佐伯孝尚久木田明夫宮澤 優岡崎 峻中塚潤一JAXA)・鎌田弘之明大)・高玉圭樹電通大SANE2015-15
 [more] SANE2015-15
pp.51-55
SANE 2012-10-12
11:00
海外 The SONGDO CONVENSIA, Incheon Korea Current status of the SPRINT-A/EXCEED mission under development
Atsushi YamazakiKazunori UemizuKoji NakayaSeisuke FukudaShin-ichiro SakaiShujiro SawaiJAXASANE2012-106
 [more] SANE2012-106
pp.273-276
SANE 2011-10-17
15:30
海外 Udayana University, Bali, Indonesia SPRINT-A and SPRINT-Series in ISAS/JAXA
Munetaka UenoSeisuke FukudaKoji NakayaShin-ichiro SakaiKazunori UemizuShinsuke TakeuchiHiroyuki ToyotaAkio KukitaTomohiko SakaiShun OkazakiJAXA)・Ichiro YoshikawaUniv. of Tokyo)・Atsushi YamazakiTakeshi TakashimaKazushi AsamuraShujiro SawaiJAXASANE2011-73
 [more] SANE2011-73
pp.53-56
SANE 2011-04-22
11:10
長野 JAXA 臼田宇宙空間観測所 光ファイジャイロの動的温度補償
加藤 肇東大)・斎藤宏文坂井真一郎JAXASANE2011-9
This paper proposes a novel method to improve a performance ... [more] SANE2011-9
pp.55-60
SANE 2010-04-23
12:10
沖縄 NICT 沖縄亜熱帯計測技術センター 衛星用光ファイバジャイロのシュッペ効果補償
加藤 肇東大)・齋藤宏文坂井真一郎JAXA
 [more]
SANE 2008-12-19
16:10
埼玉 日本工業大学 宇宙用FOGの温度制御とシュッペ効果補正
加藤 肇東大)・斎藤宏文坂井真一郎JAXASANE2008-94
近年光ファイバジャイロ(FOG)が、低消費電力、低価格、小型などの観点から小型衛星の姿勢センサとして注目を浴びている。F... [more] SANE2008-94
pp.39-43
SANE 2008-10-31
15:40
神奈川 JAXA宇宙科学研究所(相模原) 衛星搭載光ファイバジャイロの温度制御とシュッペ効果補正
加藤 肇東大)・斉藤宏文坂井真一郎JAXA
近年光ファイバジャイロ(FOG)が、低消費電力、低価格、小型などの観点から小型衛星の姿勢センサとして注目を浴びている。F... [more]
SANE 2008-06-26
15:15
茨城 JAXA筑波宇宙センター 小型科学衛星シリーズのための柔軟な標準バスアーキテクチャ
福田盛介澤井秀次郎坂井真一郎齋藤宏文JAXA)・遠間孝之NEC)・高橋純子NEC航空宇宙システム)・北出賢二NECSANE2008-22
宇宙航空研究開発機構(JAXA)・宇宙科学研究本部(ISAS)では,小型科学衛星の新たなシリーズを立ち上げ,これに供する... [more] SANE2008-22
pp.51-56
SANE 2008-06-27
17:50
茨城 JAXA筑波宇宙センター 衛星搭載用高精度FOG-IRUの開発
巳谷真司石島義之岩田隆敬鈴木秀人坂井真一郎戸田知朗橋本樹明斎藤宏文JAXA)・大野有孝宮原聖明沖倉晴彦日本航空電子SANE2008-40
将来の地球観測・科学観測ミッションの為に高精度、広ダイナミックレンジ、長寿命、高信頼性を有する慣性基準装置(IRU)が求... [more] SANE2008-40
pp.149-154
SANE 2007-11-30
10:20
神奈川 JAXA (相模原) 高高度気球を用いた微小重力実験装置の制御系開発 ~ 実験報告と超音速飛行のための引き起こし制御の検討 ~
門岡昇平武蔵工大)・澤井秀次郎坂井真一郎坂東信尚石川毅彦橋本樹明JAXASANE2007-82
現在, ISAS/JAXAでは気球を用いた微小重力実験装置の開発を進めている. この実験は(1)高高度気球で40 kmま... [more] SANE2007-82
pp.1-6
SANE 2007-11-30
11:35
神奈川 JAXA (相模原) 宇宙分野における光ファイバジャイロセンサの技術動向
大野有孝日本航空電子)・坂井真一郎齋藤宏文JAXASANE2007-85
本稿では初めに干渉型光ファイバジャイロ(IFOG)の原理と構成を紹介し,次いで宇宙分野におけるこれまでの応用例を概観する... [more] SANE2007-85
pp.19-24
SANE 2007-04-16
14:15
海外 ARRC(Perth) 小型科学衛星INDEX(れいめい)の概要とその軌道上成果
齋藤宏文水野貴秀田中孝治曽根理嗣福田盛介坂井真一郎奥泉信克三田 信福島洋介JAXA)・平原正文立教大)・浅村和史JAXA)・坂野井 健東北大)・三浦 昭池永敏憲升本就成JAXASANE2007-8
わが国の科学衛星は,近年,7~12年以上の開発期間がかかり,衛星の価格も 120億円,打ち上げコストは60億円に達するよ... [more] SANE2007-8
pp.43-48
SANE 2005-11-25
15:10
神奈川 JAXA(相模原キャンパス) [特別講演]小型科学衛星INDEX(れいめい)の打上げと初期成果
齋藤宏文水野貴秀福田盛介坂井真一郎福島洋介田中孝治池永敏憲奥泉信克浅村一志三田 信坂井智彦田村 誠曽根理嗣鵜野将年三浦 昭JAXA
2005年8月24日に、バイコヌール基地よりドニエプルロケットにより打上げられた、小型科学衛星 INDEX(れいめい)の... [more] SANE2005-81
pp.29-34
 14件中 1~14件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会