お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 39件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RECONF, VLD, CPSY
(共催)
IPSJ-ARC, IPSJ-SLDM
(共催)
(連催) [詳細]
2022-01-24
09:30
ONLINE オンライン開催 Stochastic Computing における相関を利用した演算を連続して行うための相関を制御する手法の検討
チョウ キ山下 茂立命館大VLD2021-49 CPSY2021-18 RECONF2021-57
Stochastic Computing(SC)はビット列における1の存在確率を表す Stochastic Number... [more] VLD2021-49 CPSY2021-18 RECONF2021-57
pp.1-6
VLD, DC, RECONF, ICD, IPSJ-SLDM
(連催)
(併催) [詳細]
2021-12-01
14:20
ONLINE オンライン開催 3線式SNを用いた演算手法
川南翔貴山下 茂立命館大VLD2021-26 ICD2021-36 DC2021-32 RECONF2021-34
Stochastic Computing(以下SC)ではStochastic Number(以下,SN)と呼ばれるビット... [more] VLD2021-26 ICD2021-36 DC2021-32 RECONF2021-34
pp.54-59
VLD, DC, RECONF, ICD, IPSJ-SLDM
(連催)
(併催) [詳細]
2021-12-01
14:45
ONLINE オンライン開催 Stochastic Computingにおける加算の演算精度の向上手法
市川克泰山下 茂立命館大VLD2021-27 ICD2021-37 DC2021-33 RECONF2021-35
Stochastic Computing (SC)はビット列中の1の存在確率を用いた近似演算手法である. SCの加算はマ... [more] VLD2021-27 ICD2021-37 DC2021-33 RECONF2021-35
pp.60-65
VLD, DC, RECONF, ICD, IPSJ-SLDM
(連催)
(併催) [詳細]
2021-12-01
15:10
ONLINE オンライン開催 Digital Microfluidic Biochipにおけるエラー同士の相殺を利用したエラー訂正手法
和田有史山下 茂立命館大VLD2021-28 ICD2021-38 DC2021-34 RECONF2021-36
近年研究されているバイオチップの中に,DMFB (Digital MicroFluidic Biochip) という種類... [more] VLD2021-28 ICD2021-38 DC2021-34 RECONF2021-36
pp.66-71
VLD, DC, RECONF, ICD, IPSJ-SLDM
(連催)
(併催) [詳細]
2021-12-01
15:35
ONLINE オンライン開催 拡張ネットワークフローモデルの最適な階層数を求める手法
石田 滉山下 茂立命館大VLD2021-29 ICD2021-39 DC2021-35 RECONF2021-37
試薬合成は DMFB の生化学実験で必要な工程である. 試薬合成手法には NFM という手法が存在する. NFM は, ... [more] VLD2021-29 ICD2021-39 DC2021-35 RECONF2021-37
pp.72-77
HWS, VLD
(共催) [詳細]
2021-03-03
13:50
ONLINE オンライン開催 [記念講演]Dynamical Decomposition and Mapping of MPMCT Gates to Nearest Neighbor Architectures
Atsushi MatsuoWakaki HattoriShigeru YamashitaRitsumeikan UniversityVLD2020-73 HWS2020-48
量子コンピュータを物理的に実現するためには,Mixed-Polarity Multiple-Control Toffol... [more] VLD2020-73 HWS2020-48
p.31
VLD, DC, RECONF, ICD, IPSJ-SLDM
(連催)
(併催) [詳細]
2020-11-17
14:00
ONLINE オンライン開催 量子ビットの処理順序を考慮したシュタイナーガウス消去法による量子回路の設計
HAN ZHENGTONG山下 茂立命館大VLD2020-23 ICD2020-43 DC2020-43 RECONF2020-42
 [more] VLD2020-23 ICD2020-43 DC2020-43 RECONF2020-42
pp.72-77
VLD, DC, RECONF, ICD, IPSJ-SLDM
(連催)
(併催) [詳細]
2020-11-17
15:15
ONLINE オンライン開催 DMFBにおいて分割誤差を考慮した混合グラフの変形
吉田育流山下 茂立命館大VLD2020-26 ICD2020-46 DC2020-46 RECONF2020-45
近年, Digital Microfluidic Biochip (DMFB) と呼ばれるデバイスの研究が活発に行われて... [more] VLD2020-26 ICD2020-46 DC2020-46 RECONF2020-45
pp.90-94
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2019-11-15
14:15
愛媛 愛媛県男女共同参画センター [招待講演]量子回路設計における最適化問題
山下 茂立命館大VLD2019-49 DC2019-73
量子計算を実行するためには,「量子回路」と呼ばれるものを設計する必要がある. 量子回路設計では, ある種の最適化問題を解... [more] VLD2019-49 DC2019-73
p.177
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
CPM, ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2018-12-05
09:30
広島 サテライトキャンパスひろしま NLoCの自動設計手法と最適な構造の提案
梅田悠人山下 茂立命館大VLD2018-40 DC2018-26
近年,生化学分野にてさまざまなバイオチップが研究されている.
その中でもNetworked Labs-on-Chip(... [more]
VLD2018-40 DC2018-26
pp.1-6
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
CPM, ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2018-12-06
09:00
広島 サテライトキャンパスひろしま 演算誤差と回路面積のトレードオフを考慮したStochastic Numberの生成手法
坂本雄大山下 茂立命館大VLD2018-47 DC2018-33
Stochastic Computing (SC)はビット列中の1の数を値とした近似演算手法である.SCを用いて関数$f... [more] VLD2018-47 DC2018-33
pp.65-70
VLD, DC
(共催)
CPM, ICD, IE
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2016-11-28
10:30
大阪 立命館大学大阪いばらきキャンパス 最小の入力数でStochastic Numberを生成する回路設計手法
六車利都子山下 茂立命館大VLD2016-44 DC2016-38
Stochastic Computing (以降,SC)は,1 の存在確率を用いて数値を表すStochastic Num... [more] VLD2016-44 DC2016-38
pp.1-6
QIT
(第二種研究会)
2014-11-17
13:30
宮城 東北大学 [ポスター講演]Mapping Patterns with More Than Two Gates for Quantum Cost Reduction
Nurul Ain Binti AdnanKoutarou HoshiShigeru YamashitaRitsumeikan University
 [more]
VLD 2014-03-04
15:45
沖縄 沖縄県青年会館 [記念講演]Digital Microuidic Biochip向けのネットワークフローベースの最適な試料生成アルゴリズム
ディン アイン チュン・○山下 茂立命館大)・ホー ツン イ国立成功大VLD2013-153
試料生成とは,入力試薬から目的濃度の液滴を生成するためのフロントエンドプロセスである.このプロ
セスは医用生体工学と生... [more]
VLD2013-153
pp.111-112
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2013-11-27
11:15
鹿児島 鹿児島県文化センター Digital Microfluidic Biochip向けの最適な試料生成
ディン アイン チュン山下 茂立命館大)・ツン イ ホー国立成功大VLD2013-64 DC2013-30
試料生成とは,入力試薬から目的濃度の液滴を生成するためのフロントエンドプロセスである.
このプロセスは医用生体工学と生... [more]
VLD2013-64 DC2013-30
pp.19-24
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2013-11-27
14:05
鹿児島 鹿児島県文化センター PPCに基づく高歩留まり回路の発見的設計手法
早苗駿一原 祐子奈良先端大)・山下 茂立命館大)・中島康彦奈良先端大VLD2013-65 DC2013-31
PPC (Partially-Programmable Circuit)は組み合わせ回路の一部をLUT(Look Up ... [more] VLD2013-65 DC2013-31
pp.27-32
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2013-11-27
14:30
鹿児島 鹿児島県文化センター 二重化よりも面積オーバーヘッドが少ない耐故障化手法
松尾惇士山下 茂立命館大VLD2013-66 DC2013-32
本論文では,Partially-Programmable Circuits (PPC) を用いた歩留まり向上手法を新たに... [more] VLD2013-66 DC2013-32
pp.33-37
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2012-11-26
11:20
福岡 九州大学百年講堂 Partially-Programmable Circuits with CAMs
Atsushi MatsuoShigeru YamashitaRitsumeikan Univ.)・Hiroaki YoshidaFujitsu Laboratories of AmerikaVLD2012-64 DC2012-30
本論文では回路製造後のECOを実現することが可能な新しいフレームワークを提案する.提案フレームワークでは,本来はLSIs... [more] VLD2012-64 DC2012-30
pp.31-36
COMP 2012-04-27
10:35
大阪 大阪府立大学 Reconstructing Strings from Substrings with Quantum Queries
Richard CleveUniv. of Waterloo)・Kazuo IwamaKyoto Univ.)・Francois Le GallUniv. of Tokyo)・Harumichi NishimuraNagoya Univ.)・Seiichiro TaniNTT)・○Junichi TeruyamaKyoto Univ.)・Shigeru YamashitaRitsumeikan Univ.COMP2012-2
 [more] COMP2012-2
pp.7-14
COMP 2012-04-27
13:20
大阪 大阪府立大学 写像枝を用いた系列二分決定グラフ
青木洋士山下 茂立命館大)・湊 真一北大COMP2012-4
二分決定グラフ (Binary Decision Diagram, BDD) は,論理関数を効率良く処理することができる... [more] COMP2012-4
pp.23-28
 39件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会