お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 44件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SP, IPSJ-SLP, IPSJ-MUS
(連催)
2021-06-19
15:00
ONLINE オンライン開催 局所的な句構造の情報を用いたニューラル音声合成
海木延佳サクティ サクリアニ中村 哲奈良先端大SP2021-23
自然な韻律をもつ日本語音声を合成するため、局所的な句構造に基づくフレーズ成分を表す韻律記号をend-to-end音声合成... [more] SP2021-23
pp.107-112
SP, IPSJ-SLP
(併催)
2019-07-20
11:15
新潟 風鈴屋(新潟県月岡温泉) [招待講演]マルチモーダルマシンスピーチチェーンの実現に向けて
サクティ サクリアニ中村 哲奈良先端大/理研SP2019-7
 [more] SP2019-7
pp.3-7
MBE, NC
(併催)
2018-03-13
14:40
東京 機械振興会館 電極配置のグラフ構造を利用したテンソル分解による単一試行EEG解析
真木勇人田中宏季Sakriani Sakti中村 哲奈良先端大MBE2017-86
本研究は,単一試行ERP (事象関連電位)
を解析する上でノイズとなる自発脳波の除去を目的とする.そのための方法として... [more]
MBE2017-86
pp.35-39
MBE, NC
(併催)
2018-03-14
11:15
東京 機械振興会館 EEGを用いた合成音声に対する体感品質予想
真木勇人Sakriani Sakti田中宏季中村 哲奈良先端大MBE2017-103
 [more] MBE2017-103
pp.113-118
MBE 2017-09-23
13:25
長野 長野工業高等専門学校 fNIRSを用いた脳血流の時系列変化による負の感情抑圧の検出
本田将大田中宏季Sakriani Sakti中村 哲奈良先端大MBE2017-35
感情抑圧 (emotional suppression) は,特定の感情を抱いた際に,表情や態度などの感情を表出する表現... [more] MBE2017-35
pp.5-10
MBE, NC
(併催)
2017-03-13
10:50
東京 機械振興会館 EEG計測による脳活動に基づいた映像視聴時の感情状態の追従
寺澤直人田中宏季サクリアニ サクティ中村 哲奈良先端大MBE2016-83
 [more] MBE2016-83
pp.5-8
MBE 2017-01-27
15:15
福岡 九州大学 音声知覚時における脳神経活動の位相パターンとSVMに基づく日本語音声刺激の識別
渡部宏樹田中宏季サクティ サクリアニ中村 哲奈良先端大MBE2016-71
 [more] MBE2016-71
pp.9-14
SP, IPSJ-SLP
(連催)
NLC, IPSJ-NL
(連催)
(併催) [詳細]
2016-12-20
09:55
東京 NTT武蔵野研究開発センタ Hard-Attentional Neural Network Models for Emphasis Speech Translation
Quoc Truong DoSakriani SaktiGraham NeubigSatoshi NakamuraNAISTSP2016-50
一般的な音声翻訳システムにおいて、発話に含まれる非言語情報は翻訳されない。先行研究において、この問題に対し条件付き確率場... [more] SP2016-50
pp.7-8
SP, IPSJ-SLP
(連催)
NLC, IPSJ-NL
(連催)
(併催) [詳細]
2016-12-20
10:20
東京 NTT武蔵野研究開発センタ 感情的独話・対話を用いた日本語マルチモーダルコーパスの構築
ヌルル ルービス奈良先端大)・ランディ ゴメスHRI)・サクリアニ サクティ奈良先端大)・中村圭佑HRI)・吉野幸一郎中村 哲奈良先端大)・中臺一博HRISP2016-51
ヒューマンコンピュータインタラクションにおいて感情を用いるため、様々な種類のモダリティにおけるラベルを付与したデータが必... [more] SP2016-51
pp.9-10
SP, IPSJ-SLP
(連催)
NLC, IPSJ-NL
(連催)
(併催) [詳細]
2016-12-21
09:45
東京 NTT武蔵野研究開発センタ Deep Learning-based ASR using Cochleogram and Spectrogram Features Combination
Andros TjandraSakriani SaktiNAIST)・Mirna AdrianiUI)・Satoshi NakamuraNAISTSP2016-63
 [more] SP2016-63
pp.113-114
HIP 2016-09-27
16:05
奈良 奈良春日野国際フォーラム 注視特徴を用いた非母語読解時の未知語検出における品詞タグの使用と個人適応の検討
平岡 類田中宏季Sakriani SaktiGraham Neubig中村 哲奈良先端大HIP2016-48
本稿では, アイトラッカから取得する視点情報を用いて, 非母語読解時に文書内の未知語を検出する手法を提案する. 従来手法... [more] HIP2016-48
pp.29-34
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2016-05-19
15:00
沖縄 沖縄産業支援センター 注視特徴を用いたSVMによる非母語読解時の未知語検出
平岡 類田中宏季サクティ サクリアニ吉野幸一郎Graham Neubig中村 哲奈良先端大HCS2016-27 HIP2016-27
本稿では, アイトラッカから取得する視点情報を用いて, 非母語読解時に文書内の未知語を検出する手法を提案する. 従来手法... [more] HCS2016-27 HIP2016-27
pp.213-218
NLC, IPSJ-NL
(連催)
SP, IPSJ-SLP
(連催)
(併催) [詳細]
2015-12-02
11:15
愛知 名古屋工業大学 音声波形加工に基づく非母語音声の継続長補正法の評価と分析
倶羅真也高道慎之介奈良先端大)・戸田智基奈良先端大/名大)・ニュービッグ グラムサクティ サクリアニ中村 哲奈良先端大SP2015-73
言語学習等への応用を見据え,非母語話者により発話された音声に対して,発話リズムを補正する技術が研究されている.代表的な手... [more] SP2015-73
pp.19-24
SP, IPSJ-SLP
(併催)
2015-07-16
13:30
長野 かたくら諏訪湖ホテル 非母語音声の認識のための実音声を用いた発音辞書獲得
辻岡 聡奈良先端大)・リアン ルーエディンバラ大)・サクリアニ サクティグラム ニュービッグ戸田智基中村 哲奈良先端大SP2015-36
国際会議などでは英語が国際標準語として用いられ,英語非母語話者の間でも英語で意思疎通を図る場面が多い.このような非母語音... [more] SP2015-36
pp.1-6
WIT, SP, ASJ-H, PRMU
(共催)
2015-06-18
15:15
新潟 新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」 リアルタイム音源予測に基づく電気式人工喉頭制御の実装
田中 宏戸田智基グラム ニュービッグサクリアニ サクティ中村 哲奈良先端大PRMU2015-40 SP2015-9 WIT2015-9
 [more] PRMU2015-40 SP2015-9 WIT2015-9
pp.47-52
WIT, SP, ASJ-H, PRMU
(共催)
2015-06-18
14:25
新潟 新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」 空気/体内伝導マイクを併用した雑音環境下における非可聴つぶやき強調法とその評価
田尻祐介田中 宏戸田智基グラム ニュービッグサクリアニ サクティ中村 哲奈良先端大PRMU2015-42 SP2015-11 WIT2015-11
サイレント音声コミュニケーションの実現に向けて,非可聴つぶやき(Non-Audible Murmur: NAM)を専用の... [more] PRMU2015-42 SP2015-11 WIT2015-11
pp.59-64
NLC, IPSJ-NL
(連催)
SP, IPSJ-SLP, JSAI-SLUD
(連催,共催)
(併催) [詳細]
2014-12-15
09:30
神奈川 東工大(すずかけ台) Recognition and Analysis of Emotion in Indonesian Conversational Speech
Nurul LubisSakriani SaktiGraham NeubigTomoki TodaNAIST)・Dessi LestariAyu PurwariantiITB)・Satoshi NakamuraNAISTSP2014-106
The importance of incorporating emotional aspect in human co... [more] SP2014-106
pp.1-6
NLC, IPSJ-NL
(連催)
SP, IPSJ-SLP, JSAI-SLUD
(連催,共催)
(併催) [詳細]
2014-12-16
11:00
神奈川 東工大(すずかけ台) Articulatory Controllable Speech Modification using Sequential Inversion and Production Mapping with Gaussian Mixture Models
Patrick Lumban TobingTomoki TodaGraham NeubigSakriani SaktiSatoshi NakamuraNAIST)・Ayu PurwariantiITBSP2014-111
In this report, we propose an articulatory controllable spee... [more] SP2014-111
pp.57-62
NLC, IPSJ-NL
(連催)
SP, IPSJ-SLP, JSAI-SLUD
(連催,共催)
(併催) [詳細]
2014-12-16
11:00
神奈川 東工大(すずかけ台) HMMを用いた日本人英語音声合成における話者性を保持した韻律補正
大島悠司高道慎之介戸田智基Graham NeubigSakriani Sakti中村 哲奈良先端大SP2014-112
日本語母語話者の話者性を反映した英語音声合成用音響モデルを構築するためには,日本人英語(ERJ:English Read... [more] SP2014-112
pp.63-68
NLC, IPSJ-NL
(連催)
SP, IPSJ-SLP, JSAI-SLUD
(連催,共催)
(併催) [詳細]
2014-12-16
11:00
神奈川 東工大(すずかけ台) 音声入力に基づく韻律制御機能を有するHMM音声合成システム
西垣友理高道慎之介戸田智基ニュービック グラムサクリアニ サクティ中村 哲奈良先端大SP2014-115
音声合成を用いた創作活動の活発化により,目標とする特定話者の音声の合成処理において,ユーザの思い通りの音声を合成できるイ... [more] SP2014-115
pp.81-86
 44件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会