お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SP, EA, SIP
(共催)
2020-03-02
16:10
沖縄 沖縄産業支援センター
(開催中止,技報発行あり)
深層距離学習に基づく構音障害者音声認識
高島悠樹高島遼一滝口哲也有木康雄神戸大EA2019-132 SIP2019-134 SP2019-81
 [more] EA2019-132 SIP2019-134 SP2019-81
pp.181-186
WIT, SP
(共催)
2019-10-26
16:40
鹿児島 第一工業大学 4号館1階大会議室 構音障害者音声認識のための健常者音声及び他言語障害者音声を用いた転移学習
高島悠樹高島遼一滝口哲也有木康雄神戸大SP2019-25 WIT2019-24
 [more] SP2019-25 WIT2019-24
pp.45-50
SP 2019-08-28
14:40
京都 京都大学 [ポスター講演]WordNetを用いた雑談対話システムの汎化性能の向上
麻生大聖高島遼一滝口哲也有木康雄神戸大SP2019-12
日本語WordNetを用いて,LSTM Encoder-Decoderによる雑談対話システムの汎化性能を向上させる手法に... [more] SP2019-12
pp.19-24
SP, IPSJ-SLP
(連催)
2012-12-21
10:15
東京 東工大(大岡山 西9号館) 音響伝達特性を用いたシングルチャネル音源位置推定における局所的回帰に基づく未学習位置の補間
高島遼一滝口哲也有木康雄神戸大SP2012-92
我々はこれまで,観測音声の音響伝達特性が話者の位置に依存するという点に着目し,音響伝達特性を識別することにより,単一マイ... [more] SP2012-92
pp.75-80
SP, IPSJ-SLP
(連催)
2012-12-21
15:25
東京 東工大(大岡山 西9号館) Sparse Codingを用いた唇情報からの音声変換
相原 龍高島遼一滝口哲也有木康雄神戸大SP2012-95
唇の動きから発話内容を読み取る技術はリップリーディング(読唇)と呼ばれ,聴覚・言語障害者のコミュニケーション手段の一つと... [more] SP2012-95
pp.119-124
SP 2011-07-23
13:00
北海道 定山渓グランドホテル瑞苑 CSP係数の識別に基づく話者の頭部方向推定の検討
高島遼一滝口哲也有木康雄神戸大SP2011-51
本稿では2chマイクロホンによる話者の音源位置と頭部方向の識別手法について検討する.近年提案されつつある話者の頭部方向の... [more] SP2011-51
pp.57-62
EA, SIP, SP
(共催)
2011-05-13
13:50
大阪 立命館大学 音響伝達特性の識別に基づく話者の頭部回転方向の推定
高島遼一滝口哲也有木康雄神戸大EA2011-29 SIP2011-29 SP2011-29
我々はこれまで,観測音声の音響伝達特性が話者の位置に依存するという点に着目し,音響伝達特性を識別することにより単一マイク... [more] EA2011-29 SIP2011-29 SP2011-29
pp.167-172
SP 2011-01-28
10:15
京都 NICTけいはんな研究所 音響伝達特性を用いた単一チャネル音源位置推定における特徴量選択の検討
高島遼一滝口哲也有木康雄神戸大SP2010-111
我々はこれまで,観測音声の音響伝達特性が話者の位置に依存するという点に着目し,音響伝達特性を識別することにより単一マイク... [more] SP2010-111
pp.49-54
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会