お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EID, SDM
(共催)
ITE-IDY
(連催) [詳細]
2020-12-02
10:30
ONLINE オンライン開催 非結晶Ga-Sn-O薄膜熱電変換素子の特性評価
山本佑平荒牧達也伊藤 良木村 睦龍谷大EID2020-3 SDM2020-37
工場や自動車、PC などから発生する排熱の多くは未利用の状態である.
熱電変換素子はその熱エネルギーを電気エネルギーに... [more]
EID2020-3 SDM2020-37
pp.9-12
MVE 2019-10-10
14:00
北海道 北海道 斜里町 ウトロ漁村センター 小人が見る世界を体験する両眼立体視システム
伊藤 遼宮下令央石川正俊東大MVE2019-23
人間の世界観はその身体スケールに依存しており,眼間距離を仮想的に小さくすることで小人の世界を視覚的に体験できる.2台のカ... [more] MVE2019-23
pp.1-4
ET 2018-03-03
10:30
高知 高知工科大学(永国寺キャンパス) メロディー音抽出によるギター演奏支援システム
伊藤 遼小尻智子関西大ET2017-90
曲はメロディーと伴奏で構成される。これらを音量などにより区別して弾き分けることは、洗練された演奏表現をするために必要であ... [more] ET2017-90
pp.7-12
AP
(第二種研究会)
2016-02-29
16:45
海外 Telecommunications University, Nha Trang FPGA-based all digital OFDM visible light communication with low-frame-rate CMOS image sensor
Ryo ItoTakahiro AsaiRyotaro KitaokaTomoki KondoShota MizunoNguyen Thi NguyenWataru ChujoMeijo Univ.
 [more]
AP
(第二種研究会)
2016-03-01
10:25
海外 Telecommunications University, Nha Trang LED visible light communication using 16-element LED array and 120-fps CMOS image sensor in rolling shutter mode
Shota MizunoTomoki KondoRyotaro KitaokaRyo ItoTakahiro AsaiNguyen Thi NguyenWataru ChujoMeijo Univ
 [more]
NLC 2015-09-10
15:35
東京 コンベンションルーム AP渋谷道玄坂 テキスト情報を用いた企業間取引推薦システムの構築と評価
伊藤 諒森 純一郎東大NLC2015-24
現代において,企業の競争優位性は,その企業が保有する技術やビジネスモデルのみならず,協業の戦略やビジネスエコシステムにお... [more] NLC2015-24
pp.43-46
RECONF 2015-06-20
17:15
京都 京都大学 階層的モジュール設計を可能とするストリーム計算コア高位合成コンパイラ
佐野健太郎伊藤 涼菅原啓介山本 悟東北大RECONF2015-29
FPGA による専用ハードウェアは低電力・高性能計算を実現する有望な手段として期待されているものの、FPGA を効率良く... [more] RECONF2015-29
pp.159-164
RECONF, CPSY, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2015-01-29
15:25
神奈川 慶應義塾大学 日吉キャンパス 予測残差長の偏りを利用した小面積帯域圧縮ハードウェアの提案
上野知洋伊藤 涼佐野健太郎山本 悟東北大VLD2014-123 CPSY2014-132 RECONF2014-56
本稿では,ハードウェアによる数値計算を高性能化する,帯域圧縮のための小面積データ圧縮ハードウェアの実現手法について述べる... [more] VLD2014-123 CPSY2014-132 RECONF2014-56
pp.73-78
CPSY, RECONF, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2014-01-28
08:30
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス ストリーム計算のための高位合成コンパイラの設計と実装
伊藤 涼鈴木隼人千葉諒太郎佐野健太郎山本 悟東北大VLD2013-102 CPSY2013-73 RECONF2013-56
近年のFPGAの応用範囲の拡大に伴い,抽象度の高い言語によってハードウェア設計を行う高位合成技
術の研究が重要性を増し... [more]
VLD2013-102 CPSY2013-73 RECONF2013-56
pp.1-6
CPSY, RECONF, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2014-01-29
11:15
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス 複数ストリームのための帯域圧縮ハードウェアの実装と評価
上野知洋伊藤 涼佐野健太郎山本 悟東北大VLD2013-124 CPSY2013-95 RECONF2013-78
本稿では,FPGA 上に実装した数値シミュレーション専用カスタム計算機の入出力帯域を向上させるための,複数のデータストリ... [more] VLD2013-124 CPSY2013-95 RECONF2013-78
pp.131-136
RECONF 2013-09-18
15:55
石川 北陸先端科学技術大学院大学 フラクショナルステップ法に基づく非圧縮性流体計算専用ストリームプロセッサの設計と評価
千葉諒太郎鈴木隼人伊藤 涼佐野健太郎山本 悟東北大RECONF2013-22
本研究ではビルディングキューブ法(BCM)による高効率並列計算の実現を目指し、カスタムアクセラレータの設計を行っている。... [more] RECONF2013-22
pp.13-18
MBE, NC
(併催)
2012-03-14
17:40
東京 玉川大学 動的バイナリーニューラルネットの学習過程の解析
中山雄太伊藤 良斎藤利通法政大NC2011-148
本論文では、N入力N出力の動的バイナリーニューラルネットワークについて研究している。
この動的バイナリーニューラルネッ... [more]
NC2011-148
pp.159-164
WIT 2012-01-28
16:15
愛知 名古屋工業大学 53号館5234講義室 汎用コミュニケーションエンドVCAN/1Aのログデータを用いたコミュニケーション能力評価支援システム
池上佳奈新潟大)・林 豊彦新潟大/新潟市障がい者ITサポートセンター)・伊藤 涼上野智寛新潟大)・相場有希子新潟大/新潟県はまぐみ小児療育センター)・入山満恵子新潟大)・青木さつき新潟大/明倫短大附属歯科診療所ことばクリニック)・渡辺紗江子明倫短大附属歯科診療所ことばクリニック)・山口俊光新潟大/新潟市障がい者ITサポートセンター)・渡部久美子桜井真郷永野美希新潟大教育学部附属特別支援学校WIT2011-67
我々は,個々の利用者の多様なニーズに応えるために,自由にカスタマイズできる汎用型音声出力コミュニケーションエイド(VCA... [more] WIT2011-67
pp.85-90
NLP 2012-01-24
10:35
福島 會津稽古堂 混合ルールに基づくセルオートマトンの動作解析
上月良太伊藤 良斎藤利通法政大NLP2011-137
本論文では、2つの局所的なルールの繰り返しによってダイナミクスを制御するセルラーオートマトン(CA)の研究を行う。
こ... [more]
NLP2011-137
pp.75-79
NLP 2011-05-27
09:35
香川 小豆島オリーブ公園オリーブ記念館大研修室 論理合成のためのバイナリーニューラルネットの学習について
中山雄太伊藤 良斎藤利通法政大NLP2011-11
本論文では、バイナリーニューラルネットワークの学習法の提案と論理合成法への応用を行う。このネットワークは、パラメータを適... [more] NLP2011-11
pp.49-53
NC, MBE
(併催)
2011-03-07
17:40
東京 玉川大学 GAに基づく、動的バイナリーニューラルネットの学習
伊藤 良斉藤利通法政大NC2010-157
本論文は、$N$入力$N$出力の動的バイナリーニューラルネットワークの研究をしている。
動的ニューラルネットワークの学... [more]
NC2010-157
pp.177-182
NLP 2010-11-20
09:55
宮城 東北大学片平キャンパス電気通信研究所ナノスピン総合研究棟 バイナリーニューラルネットによる論理合成へのアプローチ
中山雄太伊藤 良斎藤利通法政大NLP2010-108
遺伝的アルゴリズムに基づくバイナリーニューラルネットの学習法と、そのブール関数実現機能について考察し、2つの重要な結果を... [more] NLP2010-108
pp.43-47
NLP 2010-10-29
10:30
大阪 大阪大学豊中キャンパス待兼山会館 動的バイナリーニューラルネットワークの学習について
伊藤 良斎藤利通法政大NLP2010-94
本論文は、N入力N出力の動的バイナリーニューラルネットワークの研究をしている
動的ニューラルネットワークの学習法には遺... [more]
NLP2010-94
pp.75-80
SIS, IPSJ-AVM
(連催)
2010-09-03
14:45
長崎 長崎県勤労福祉会館第3中会議室 4K Digital Cinema Home Theater over Wireless Transmission System
Masateru Matsuo・○Ryo ItoKyushu Inst. of Tech.)・Yoshimitsu KurokiKurume National College of Tech.)・Baiko SaiMasayuki KurosakiHiroshi OchiKyushu Inst. of Tech.SIS2010-34
本報告では,4Kディジタルシネマ画像の無線伝送システムを考案する.
本システムでは,次世代無線方式として国際標準化に向... [more]
SIS2010-34
pp.105-110
MBE 2010-05-21
14:15
富山 富山大学 投球動作における「胸の張り」の定量評価法
伊藤 涼林 豊彦前田義信渡辺哲也新潟大)・中村康雄同志社大)・田中 洋二宮裕樹駒井正彦信原克哉信原病院MBE2010-4
投球動作において,「胸の張り」は上肢の加速に有効であるといわれている.そのため「胸の張り」という表現は,トレーニングの現... [more] MBE2010-4
pp.19-24
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会