お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 11件中 1~11件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ICM 2013-03-15
14:10
鹿児島 屋久島環境文化村センター 大規模ネットワークの情報可視化方式に関する検討
立石直規田原光穂丹治直幸瀬社家 光NTTICM2012-74
NWサービスの多様化に伴い、ルータ・スイッチや各種サーバ等様々な装置が用いられるようになり、NWの階層構成が複雑になって... [more] ICM2012-74
pp.89-94
ICM 2013-03-15
14:30
鹿児島 屋久島環境文化村センター トラフィック量を用いたネットワークトポロジー推定技術の検討
丹治直幸立石直規田原光穂瀬社家 光NTTICM2012-75
NWを運用するためには,正確なトポロジー(装置間の接続関係情報)が必須である.正確なトポロジーがなければ設備設計や,トラ... [more] ICM2012-75
pp.95-100
ICM, IPSJ-IOT, IPSJ-CSEC
(連催)
2012-05-11
15:25
秋田 秋田大学 複数VPNに対する導通試験方式の検討
立石直規田原光穂瀬社家 光NTTICM2012-15
現在、クラウドサービスの利用拡大に伴い、クラウドサービス提供元・利用者間を結ぶVPNサービスと、その付加サービスであるV... [more] ICM2012-15
pp.159-164
ICM 2011-03-10
10:00
沖縄 宮古島マリンターミナル ネットワークデータ間の連動性解析による障害検出方式の検討
木原 拓立石直規瀬戸三郎NTTICM2010-57
ネットワーク保守業務では,高品質・高信頼なサービスを提供するために,障害発生からサービス復旧までの時間短縮に取り組んでい... [more] ICM2010-57
pp.17-22
ICM, IPSJ-IOT
(連催)
2010-05-14
11:20
新潟 新潟大学駅南キャンパス ときめいと フロー誘導型プロトコルモニタ技術における引込み経路最適化方式の検討
立石直規木原 拓瀬戸三郎瀬社家 光NTTICM2010-6
NGNを代表としたIPネットワークの大規模化が進むと同時に、IPネットワークによるマルチサービスの提供が本格化しており、... [more] ICM2010-6
pp.75-80
LOIS, ICM
(併催)
2010-01-21
16:35
福岡 福岡工業大学 [奨励講演]大規模ネットワークに対応した装置情報収集方式の検討と評価
立石直規瀬戸三郎瀬社家 光NTTICM2009-38
NGNを代表としたIPネットワークの大規模化が進みつつある一方で、NWの状態監視に不可欠なツールであるSNMP mana... [more] ICM2009-38
pp.19-24
ICM 2009-07-09
14:00
山形 酒田市 公益研修センター フロー引込みを用いたプロトコルモニタリング技術に関する一考察
瀬戸三郎立石直規瀬社家 光NTTICM2009-13
NGN を代表としたIP ネットワークの大規模化が進むと同時に、IP ネットワークによるマルチサービスの提供が本格化し、... [more] ICM2009-13
pp.1-6
ICM 2009-05-29
08:30
香川 香川大学幸町キャンパス 研究交流棟5F 研究交流スペース 高速ネットワークトポロジ情報収集方式の検討と評価
立石直規瀬戸三郎瀬社家 光NTTICM2009-6
NGNを代表としたIPネットワークの大規模化が進みつつある一方で、pingやTraceroute、SNMPといったNWの... [more] ICM2009-6
pp.47-52
ICM 2009-03-12
11:00
鹿児島 奄美サンプラザホテル ASパス詐称経路ハイジャックの検出方式の検討
田原光穂立石直規松葉 啓瀬社家 光NTTICM2008-65
 [more] ICM2008-65
pp.41-45
ICM 2008-03-14
14:35
沖縄 石垣市民会館 輻輳制御を用いた高速導通試験方式の提案と検証
立石直規田原光穂三好 優馬島宗平NTTTM2007-67
ISP や通信事業者は一般的にSNMP やICMP echo を利用して導通試験を行う.しかし,大規模網のにおいては,こ... [more] TM2007-67
pp.85-90
ICM 2008-03-14
15:00
沖縄 石垣市民会館 導通試験を用いた経路ハイジャック判定方法の検討
田原光穂立石直規老松敏雄馬島宗平NTTTM2007-68
 [more] TM2007-68
pp.91-96
 11件中 1~11件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会