お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 10件中 1~10件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IT, SIP, RCS
(共催)
2017-01-19
10:25
大阪 大阪市立大学(杉本キャンパス) フラットフェージング通信路におけるネットワーク符号化協調の誤り率特性
宗圓博宜井坂元彦関西学院大IT2016-52 SIP2016-90 RCS2016-242
本論文では,複数の送信ノードが同一の宛先ノードにメッセージを送信する際に,各ノードがネットワーク符号化を伴う中継を行う系... [more] IT2016-52 SIP2016-90 RCS2016-242
pp.35-40
CAS, CS
(共催)
2015-02-26
11:20
鳥取 鳥取大学 LDGM畳込み符号を用いた量子化に関する検討
松ヶ下大輔井坂元彦関西学院大CAS2014-124 CS2014-96
離散的あるいは連続的な値をとる入力を離散的な代表点に置き換えて出力する操作
を量子化と呼ぶ.このとき,量子化誤差が小さ... [more]
CAS2014-124 CS2014-96
pp.25-30
IT 2013-07-26
15:20
東京 早稲田大学 西早稲田キャンパス 順序つき確率変数列に対する符号化の性能解析
出口佳奈井坂元彦関西学院大IT2013-28
 [more] IT2013-28
pp.83-88
CS, SIP, CAS
(共催)
2011-03-04
11:10
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島) 相関のある多元情報源の符号化に関する一検討
岩田翔平中川 悟井坂元彦関西学院大CAS2010-148 SIP2010-164 CS2010-118
 [more] CAS2010-148 SIP2010-164 CS2010-118
pp.269-274
IT 2009-07-24
13:00
大阪 関西学院大学(梅田キャンパス) AWGN通信路の通信路容量に迫る符号化と変調に関する一検討
小川陽平本間功朗井坂元彦関西学院大IT2009-22
 [more] IT2009-22
pp.97-102
IT 2009-07-24
13:25
大阪 関西学院大学(梅田キャンパス) 加法的連続雑音通信路を用いた2者間プロトコル
服部一章河田誠也井坂元彦関西学院大IT2009-23
 [more] IT2009-23
pp.103-107
IT 2009-07-24
13:50
大阪 関西学院大学(梅田キャンパス) ガウス雑音通信路に基づく情報理論的安全性について
河田誠也服部一章井坂元彦関西学院大IT2009-24
 [more] IT2009-24
pp.109-114
CS, SIP, CAS
(共催)
2008-03-06
14:10
山口 山口大学 常盤キャンパス 雑音通信路に基づく紛失通信の効率について
井坂元彦・○清水勇樹関西学院大CAS2007-112 SIP2007-187 CS2007-77
 [more] CAS2007-112 SIP2007-187 CS2007-77
pp.21-26
IT 2006-07-27
15:50
千葉 東大柏キャンパス Observations on Some Turbo-like and LDPC Codes
Motohiko IsakaKwansei Gakuin Univ.
 [more] IT2006-33
pp.49-54
IT 2004-07-29
10:20
千葉 東大(柏キャンパス) Some high-rate concatenated codes
Motohiko IsakaKwansei Gakuin Univ.
 [more] IT2004-20
pp.13-18
 10件中 1~10件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会