電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 72件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RECONF 2019-05-09
16:35
東京 東工大蔵前会館 ストリーミングによるデータフィルタリング処理のFPGA実装事例
中川裕貴堤 泰卓・○久我守弘尼崎太樹飯田全広末吉敏則熊本大
近年IoT(Internet of Things)機器の普及に伴いビッグデータの収集が容易になり,データ解析の需要が高ま... [more] RECONF2019-8
pp.41-46
RECONF 2018-09-17
14:30
福岡 LINE Fukuokaカフェスペース A Case Study on Complex Event Processing over low cost ARM+FPGA Boards.
HendarmawanKumamoto University)・Qian ZhaoKyutech)・Motoki AmagasakiMasahiro IidaMorihiro KugaToshinori SueyoshiKumamoto University
 [more] RECONF2018-21
pp.13-18
RECONF 2018-09-18
15:15
福岡 LINE Fukuokaカフェスペース ストリーミングによるデータベースフィルタ処理の一検討
中川裕貴久我守弘尼崎太樹飯田全広末吉敏則熊本大
近年IoT(Internet of Things)機器の普及に伴いビッグデータの収集が容易になり,データ解析の需要が高ま... [more] RECONF2018-33
pp.79-84
RECONF 2018-05-24
14:30
東京 ゲートシティ大崎 B1ルームD 高速シリアル光通信を用いたCNN分割実装の検討
千竈純太郎中原康宏尼崎太樹久我守弘飯田全広末吉敏則熊本大
本研究ではCNNをマルチFPGAシステムに実装することで低消費電力かつスケーラブルなシステムを実現する.マルチFPGAシ... [more] RECONF2018-7
pp.33-38
IPSJ-ARC, IPSJ-SLDM
(共催)
VLD, CPSY, RECONF
(共催)
(連催) [詳細]
2018-01-19
13:00
神奈川 慶應義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 2のべき乗近似とプルーニングを用いたCNN向けFPGAアクセラレータ
宇都宮誉博尼崎太樹飯田全広久我守弘末吉敏則熊本大
画像認識手法の一つである畳込みニューラルネットワーク(CNN: Convolutional Neural Network... [more] VLD2017-82 CPSY2017-126 RECONF2017-70
pp.119-124
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
CPM, ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2017-11-06
10:30
熊本 くまもと県民交流館パレア hCODE 2.0: FPGAクラスタシステム向けオープンソース開発管理プラットフォーム
中川裕貴趙 謙尼崎太樹飯田全広久我守弘末吉敏則熊本大
近年,AmazonやMicrosoft等の主要なクラウド事業者が,FPGAを用いてクラウドアプリケーションを高性能化して... [more] VLD2017-27 DC2017-33
pp.1-6
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
CPM, ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2017-11-06
13:25
熊本 くまもと県民交流館パレア FPGAを用いたグラフストリーム処理の一検討
松崎貴之尼崎太樹飯田全広久我守弘末吉敏則熊本大
グラフ処理は局所性の低いメモリアクセスを行うという特性を持ち,ノード数が数億超えるような大規模なグラフを処理するのは容易... [more] RECONF2017-38
pp.7-12
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
CPM, ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2017-11-07
09:50
熊本 くまもと県民交流館パレア Face-down積層型3次元FPGAの性能評価
明石啓司郎尼崎太樹趙 謙飯田全広久我守弘末吉敏則熊本大
次元FPGA(Field programmable Gate Array) は微細化とは異なる方法で集積度,遅延を改善す... [more] RECONF2017-42
pp.31-36
RECONF 2017-09-26
13:55
東京 (株)ドワンゴ 関数型言語における高階関数を利用した高位合成の一検討
寺岡拓也久我守弘尼崎太樹飯田全広末吉敏則熊本大
FPGA(Field-Programmable Gate Array)の性能向上に伴い,プログラムの実行プラットフォーム... [more] RECONF2017-35
pp.75-80
CPSY, DC, IPSJ-ARC
(連催)
RECONF
(併催) [詳細]
2017-05-22
16:20
北海道 登別温泉第一滝本館 重みの2のべき乗近似を用いたCNNのFPGA実装に関する一検討
宇都宮誉博尼崎太樹飯田全広久我守弘末吉敏則熊本大
画像認識の手法である畳込みニューラルネットワーク(CNN: Convolutional Neural Network)は... [more] RECONF2017-6
pp.25-30
CPSY, DC, IPSJ-ARC
(連催)
RECONF
(併催) [詳細]
2017-05-22
17:10
北海道 登別温泉第一滝本館 任意精度演算可能なビットシリアル演算器の提案
三浦巴慎尼崎太樹飯田全広久我守弘末吉敏則熊本大
本論文では任意精度演算可能なビットシリアル演算器を提案する.この演算器はグレイコードを用いるこ とにより上位ビットから ... [more] RECONF2017-8
pp.37-41
CPSY, RECONF, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2017-01-23
15:20
神奈川 慶大日吉キャンパス 高速シリアル光インターコネクトを用いたFPGA分割実装
村瀬 大高木大智尼崎太樹久我守弘飯田全広末吉敏則熊本大
チップ間の接続に高速シリアル光インターコネクトを使用したマルチプルFPGAシステムを構成し,FPGAエミュレータを提案す... [more] VLD2016-75 CPSY2016-111 RECONF2016-56
pp.31-36
VLD, DC
(共催)
CPM, ICD, IE
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2016-11-29
10:55
大阪 立命館大学大阪いばらきキャンパス 3次元FPGA向け消費電力解析ツール
池邊雅登趙 謙尼崎太樹飯田全広久我守弘末吉敏則熊本大
近年は微細化によらず集積度を高める技術として3 次元積層技術が注目を集めている.
しかし,垂直配線に用いられるTSV(... [more]
RECONF2016-46
pp.35-40
RECONF 2016-09-06
10:55
富山 富山大学 hCODE:FPGAアクセラレータのためのオープンソースプラットフォーム
中道拓也趙 謙尼崎太樹飯田全広久我守弘末吉敏則熊本大
今日の情報通信社会では,高パフォーマンスで低消費電力なシステムが求められている.そこで注目されているのが,Field-P... [more] RECONF2016-34
pp.45-50
VLD, IPSJ-SLDM
(連催)
2016-05-11
13:50
福岡 北九州国際会議場 FPGA向けMBU訂正回路の提案
中村祐士寺岡拓也尼崎太樹飯田全広久我守弘末吉敏則熊本大
トランジスタサイズの微細化により,メモリに対するソフトエラーの影響が顕著になってきている.微細化がナノスケールに達した現... [more] VLD2016-3
pp.35-40
VLD, CPSY, RECONF
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2016-01-19
11:05
神奈川 慶應義塾大学 日吉キャンパス H-Treeトポロジを用いたFPGA配線構造の一検討
石井友樹池邊雅登趙 謙尼崎太樹飯田全広久我守弘末吉敏則熊本大
FPGA(Field Programmable Gate Array) は柔軟性実現のために多くの配線を備えており,配線... [more] VLD2015-78 CPSY2015-110 RECONF2015-60
pp.7-12
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2015-12-02
11:15
長崎 長崎県勤労福祉会館 仮想化技術に基づくHW/SW協調設計フレームワークの基礎検討
趙 謙尼崎太樹飯田全広久我守弘末吉敏則熊本大
FPGAを用いたヘテロジニアスコンピューティングの開発コストを削減するため,SW設計とHW設計手法のギャップが課題となっ... [more] RECONF2015-52
pp.21-26
RECONF 2015-09-18
09:25
愛媛 愛媛大学 機械学習された評価関数をもつTraxソルバ
中道拓也園田勇介松崎貴之尼崎太樹飯田全広久我守弘末吉敏則熊本大
本研究では,ボードゲームTrax のソルバを開発する.基本戦略は,一般的なゲーム木探索アルゴリズムであるアルファ・ベータ... [more] RECONF2015-33
pp.7-12
RECONF 2015-06-19
12:00
京都 京都大学 高速シリアル通信機構をもつ3次元FPGAの面積最適化
竹内悠登趙 謙尼崎太樹飯田全広久我守弘末吉敏則熊本大
微細化に依存しないLSI(Large Scale Integration)の性能向上の手段として,3次元積層技術が注目さ... [more] RECONF2015-4
pp.17-22
RECONF 2015-06-20
16:15
京都 京都大学 少構成メモリ論理セルSLM向けテクノロジマッピング手法の検討
荒木 亮飯田全広尼崎太樹久我守弘末吉敏則熊本大
現在,FPGA(Field Programmable Gate Array)の論理セルとして広く用いられているLUT(L... [more] RECONF2015-27
pp.147-152
 72件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会