電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 20件中 1〜20件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ICM, LOIS
(共催)
2019-01-24
16:00
鹿児島 鹿児島県文化センター [招待講演]NTTドコモのゼロタッチオペレーション構想
富澤彰之柴田精司古谷雅典春藤義隆諏訪裕一ドコモ・テクノロジ)・大谷知行NTTドコモ
今後,5Gをはじめとした移動体通信ネットワークの高度化やB2B2Xのように様々なビジネス連携によるサービスの多様化が必至... [more] ICM2018-42 LOIS2018-48
pp.35-39
ICM 2018-03-09
11:10
沖縄 沖縄青年会館 ネットワークオペレーションへのAI適用に関する一考察
木村竜也柴田精司ドコモ・テクノロジ)・山本浩司諸石隆史NTTドコモ)・古谷雅典大谷知行ドコモ・テクノロジ
 [more] ICM2017-70
pp.85-90
ICM 2017-07-06
13:25
北海道 函館商工会議所 仮想化・AI技術を活用したオペレーション自動化及び高度化に関する一考察
三品陽太木村竜也竹内康裕藤部秀樹富澤彰之古谷雅典大谷知行ドコモ・テクノロジ
移動体通信のネットワークでは,仮想化技術の導入や5Gに向けた発展が進んでおり,ネットワークの運営に関わる各種業務も多様化... [more] ICM2017-5
pp.7-11
ICM 2016-07-08
09:55
北海道 小樽市観光物産プラザ OpenStackプライベートクラウドによる大規模OSSの商用展開
岸川雄紀石居健太郎吉村一寿中村 修古谷雅典大谷知行ドコモ・テクノロジ
筆者らが開発する大規模OSSは自社設備・物理環境で運用されており,ハードウェアのEOLに伴い支出される設備更改コストの削... [more] ICM2016-20
pp.69-74
ICD, ITE-IST
(連催)
2014-07-03
10:50
島根 出雲市(島根県) ダイナミックプリアンプを有する4-GS/s 5-bit Flash ADC
松野隼也古田雅則板倉哲朗東芝
 [more] ICD2014-21
pp.13-16
ICD, ITE-IST
(連催)
2013-07-05
14:25
北海道 サン・リフレ函館 A 1.0-V 12-bit Digitally Calibrated SAR ADC Using Hybrid DAC Technique
Masanori FurutaHirotomo IshiiTomohiko SugimotoToru OkawaMasazumi ShiochiTetsuro ItakuraToshiba
 [more] ICD2013-39
pp.93-96
ICM 2013-03-15
14:50
鹿児島 屋久島環境文化村センター 移動体通信網におけるサービス影響度推定技術の実装
阿部政浩久野友也田村宏直古谷雅典高橋和秀NTTドコモ
現在の通信網における監視・保守業務は,保守者に蓄積されたノウハウを基に,複数発生している警報の中から優先順位を付け,原因... [more] ICM2012-76
pp.101-106
NLP, CAS
(共催)
2012-09-20
15:55
高知 高知県立大学 永国寺キャンパス [招待講演]タイムインターリーブ型A/D変換器のディジタル補正技術
松野隼也山路隆文古田雅則板倉哲朗東芝
本稿では、タイムインターリーブ型A/D 変換器のサンプル時間誤差のディジタル補正技術について報告する。従来は、大規模な適... [more] CAS2012-37 NLP2012-63
pp.41-44
ICM 2012-07-13
09:30
北海道 小樽市民会館 広域分散オペレーションサポートシステムの実用化
竹内康裕ドコモ・テクノロジ)・香川康介田村宏直古谷雅典高橋和秀NTTドコモ
 [more] ICM2012-24
pp.25-30
ICM 2012-03-15
10:00
沖縄 沖縄県男女共同参画センター 大規模災害時におけるNE監視方式の提案
高田 久田村宏直古谷雅典高橋和秀NTTドコモ
移動体通信ネットワークを構成する各種NE(Network Element)を管理するシステムをOSS(オペレーションサポ... [more] ICM2011-49
pp.7-12
ICM 2012-03-16
12:50
沖縄 沖縄県男女共同参画センター システム更改における総合試験効率化に関する一検討
阿部政浩久野友也南方伸哉古谷雅典高橋和秀NTTドコモ
近年,システム更改と合わせて運用・維持コストの削減が実施されている.システム更改開発の中で,更改前後のシステム動作に差分... [more] ICM2011-61
pp.77-82
CAS, CS, SIP
(共催)
2012-03-08
13:45
新潟 新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」 A Time-Interleave Pipelined SAR ADC Using Amplifier Sharing Technique
Masanori FurutaTaichi OgawaTetsuro ItakuraToshiba
 [more] CAS2011-128 SIP2011-148 CS2011-120
pp.121-124
ICM, CQ, NS
(併催)
2011-11-10
09:30
青森 弘前大学 OSSを構成するプライベートクラウド運用管理システムの実用化
香川康介田村宏直浪江聡志古谷雅典高橋和秀NTTドコモ
筆者らは,数千台規模の小規模IAサーバを束ねて高処理能力を得ることが可能な,分散データ駆動型アーキテクチャ(D3A:Di... [more] ICM2011-22
pp.13-18
ICM 2011-03-10
09:00
沖縄 宮古島マリンターミナル トラヒック情報を用いた無線基地局装置のサイレント故障検出に関する一考察
神野裕宣寒河江佑太ベンジャブール アナス古谷雅典萩原淳一郎NTTドコモ
近年,携帯電話が生活インフラとして定着するに従い,通信ネットワークにおける安全性・信頼性の確保が
重要な課題となってお... [more]
ICM2010-54
pp.1-6
ICM 2011-03-11
15:00
沖縄 宮古島マリンターミナル 通信網におけるカスタマイズ可能なOSSの実装
久野友也南方伸哉古谷雅典高橋和秀NTTドコモ
通信網におけるOSSにおいて,装置追加や業務要件の変更に伴い,保守者が業務フローをカスタマイズする要求が増している.装置... [more] ICM2010-68
pp.81-86
ET 2008-06-14
17:20
愛知 名城大学 コンテンツの環知識集合可視化による学習支援システムの開発
安間文彦古谷公則岡本敏雄電通大
 [more] ET2008-16
pp.63-68
ICD, ITE-IST
(共催)
2007-07-26
11:35
兵庫 神戸大学瀧川記念学術交流会館 プリチャージ技術を用いた低消費電力14bitパイプラインA/D変換器
本多一隆Zheng Liu古田雅則川人祥二静岡大
パイプライン段のセットリング応答を改善させるプリチャージ技術を用いた14bi
tパイプラインA/D変換器を開発した. ... [more]
ICD2007-44
pp.41-46
ICD, ITE-IST
(共催)
2006-07-27
11:00
静岡 静岡大学(浜松キャンパス内) 容量結合技術を用いた1V 30mW 10b 100MSample/sパイプラインA/D変換器
本多一隆古田雅則川人祥二静岡大
電源電圧1.0Vにおいて低歪・低消費電力なパイプラインADCを開発した.
容量結合型AB級アンプを用いた10bit 1... [more]
ICD2006-62
pp.11-16
ICD, ITE-IST
(共催)
2006-07-28
14:30
静岡 静岡大学(浜松キャンパス内) 12bitカラム並列巡回型A/D変換器を集積した3500fps高速度イメージセンサ
古田雅則静岡大)・井上 徹フォトロン)・西川幸成川人祥二静岡大
12bビットカラム並列巡回型A/D変換器を集積する高感度、高グレースケール12x512高速度CMOSイメージセンサについ... [more] ICD2006-74
pp.79-83
ICD, ITE-IST
(共催)
2006-07-28
16:40
静岡 静岡大学(浜松キャンパス内) Simultaneous Calibration of RC Mismatch and Clock Skew in Time-Interleaved S/H Circuits
Zheng LiuMasanori FurutaShoji KawahitoShizuoka Univ.
 [more] ICD2006-78
pp.101-106
 20件中 1〜20件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会