お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 13件中 1~13件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2020-03-02
10:00
沖縄 沖縄県青年会館
(開催中止,技報発行あり)
2種類の損傷を考慮したバックアップ手法の改良
蓮池大我満保雅浩金沢大ICSS2019-68
コンピューターを使用する上でデータの安全性,特に,可用性を確保するためにデータを定期的にバックアップすることが重要となる... [more] ICSS2019-68
pp.1-6
ISEC, LOIS, SITE
(共催)
2016-11-07
15:45
福井 福井市地域交流プラザ AOSSA 6階601(BC)研修室 時系列データ類似度検索手法のユーザ認証への適用
平岩 啓満保雅浩金沢大ISEC2016-56 SITE2016-46 LOIS2016-34
近年ライフログへの注目が集まっており,ライフログの活用が盛んになっている.
そのひとつに,Wi-Fiから得られた行動情... [more]
ISEC2016-56 SITE2016-46 LOIS2016-34
pp.33-38
BioX, ITE-ME, ITE-IST
(連催)
2015-06-30
11:30
石川 金沢大学 自然科学研究科 覗き見耐性を付与したパターンロックに向けての更なる検討
東川 創・○小杉友晃満保雅浩金沢大BioX2015-12
携帯端末で採用されているパターンロックは,秘密情報としてパスパターンと呼ばれる図形を用いることにより,高い総当たり耐性と... [more] BioX2015-12
pp.85-89
ISEC, IT, WBS
(共催)
2015-03-02
14:30
福岡 北九州市立大学 ひびきのキャンパス 多項式環に基づく完全準同型暗号のマルチキーへの拡張
早藤智暉満保雅浩金沢大IT2014-68 ISEC2014-81 WBS2014-60
マルチキー準同型暗号は,シングルキー準同型暗号の拡張方式であり,全てのユーザに異なる鍵を割り当てる方式である.すなわち,... [more] IT2014-68 ISEC2014-81 WBS2014-60
pp.39-46
ISEC, LOIS, SITE
(共催)
2014-11-22
13:45
兵庫 兵庫県立大学 神戸情報科学キャンパス 位置情報のユーザ識別への活用
船越琢矢満保雅浩金沢大ISEC2014-68 SITE2014-59 LOIS2014-38
ユーザの行動を記録したディジタルデータであるライフログは,レコメンデーションや統計情報の提供などに活用できる有用な情報源... [more] ISEC2014-68 SITE2014-59 LOIS2014-38
pp.71-76
ISEC 2011-09-09
14:00
東京 機械振興会館 DNAを用いた投票方式の一検討
江花 啓筑波大)・満保雅浩金沢大ISEC2011-27
DNAには,情報とDNAを対応付けることにより,物理的に操作することができる対象として情報を取り扱うことができるという利... [more] ISEC2011-27
pp.1-8
ISEC 2010-05-21
15:20
東京 機械振興会館 属性ベース暗号の一改良
國武大記満保雅浩岡本栄司筑波大ISEC2010-6
属性ベース暗号(Attribute-Based Encryption)は,暗号文または鍵に属性を関連付け,特定の属性集合... [more] ISEC2010-6
pp.33-39
ISEC 2009-09-25
16:10
東京 機械振興会館 検証機能を有する楕円曲線上のスカラ倍算の委託計算
田村洸太金山直樹金岡 晃伊藤忠彦満保雅浩岡本栄司筑波大ISEC2009-50
計算能力の低い小型デバイスで電子署名等の計算量の大きな計算を行う
手法の一つとして、小型デバイスと通信を行うサーバ側に... [more]
ISEC2009-50
pp.73-78
ISEC 2009-05-22
14:40
東京 機械振興会館 OTU2000暗号方式に対する格子理論に基づく攻撃実験 (その2)
金 大佑・○満保雅浩岡本栄司筑波大ISEC2009-10
ポスト量子コンピュータとしての量子暗号であるナップザック型の暗号方式OTU 2000を取り上げて、低密度攻撃やLow-W... [more] ISEC2009-10
pp.61-68
LOIS 2008-03-07
13:00
東京 機械振興会館地下3F6号室 公開検証型電子投票の安全性について
満保雅浩岡本栄司筑波大OIS2007-97
現在までに、どの投票内容も正しく処理されていることを確認できる
公開検証型の電子投票のプロトコルが研究開発されている。... [more]
OIS2007-97
pp.1-4
LOIS 2008-03-07
13:30
東京 機械振興会館地下3F6号室 改良PayWord方式の効率化検証
嘉賀光儀満保雅浩岡本栄司筑波大OIS2007-98
代表的な小額決済方式であるPayWord方式には、ユーザによる証明書の濫用攻撃などの脆弱性があり、足立らはこれらの攻撃を... [more] OIS2007-98
pp.5-10
ISEC, IT, WBS
(共催)
2008-02-29
14:55
東京 電気通信大学 追跡可能性を有する部分ブラインド署名の一構成
千葉恒道三菱電機システムサービス)・○千田栄幸一関高専)・満保雅浩筑波大)・靜谷啓樹東北大IT2007-59 ISEC2007-156 WBS2007-90
本稿では, 電子マネーの二重使用の検知が可能な追跡可能性を有する
部分ブラインド署名の一構成法を提案する.
提案方式... [more]
IT2007-59 ISEC2007-156 WBS2007-90
pp.73-78
ISEC, LOIS
(共催)
2006-11-16
16:10
千葉 東京大学柏キャンパス 小額決済方式PayWordのコスト削減手法の提案
嘉賀光儀満保雅浩岡本栄司筑波大
 [more] ISEC2006-92 OIS2006-50
pp.25-29
 13件中 1~13件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会