お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 101件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CQ 2020-07-16
15:30
福岡 福岡大学 [招待講演]IoTデータ通信のための無線アクセス回線物理層の考え方と動向について
太郎丸 真福岡大
 [more]
AP, RCS
(併催)
2019-11-22
10:15
佐賀 佐賀大学 シングルユーザMIMO伝送における伝搬路行列固有値分布とマルチパス素波到来方向の関係
太郎丸 真塙 弘矩太田真衣福岡大RCS2019-227
MIMO伝送における伝送容量は,チャネル行列の階数(rank)と特異値,またはチャネル行列と同エルミート転置行列との積行... [more] RCS2019-227
pp.135-138
SR 2019-11-04
11:00
海外 Rutgers University, NJ, USA [ポスター講演]A Study on System Identification Method for Resource Expansion
Haruki FujitaMai OhtaMakoto TaromaruFukuoka Univ.SR2019-72
 [more] SR2019-72
pp.23-24
SR 2019-11-05
10:50
海外 Rutgers University, NJ, USA [ポスター講演]A study on method for avoiding collision caused by IoT devices communicating with periodical operation
Masaki Amano・○Makoto TaromaruMai OhtaFukuoka Univ.SR2019-85
 [more] SR2019-85
pp.53-54
RCS, NS
(併催)
2018-12-20
12:10
広島 尾道市民会館 OAM(軌道角運動量)多重伝送のMIMO伝送との等価性と特長について
太郎丸 真福岡大RCS2018-222
OAM: orbital angular momentum(軌道角運動量)多重伝送は光通信への適用が先に提案され,近年は... [more] RCS2018-222
pp.37-40
SR 2018-10-30
13:30
海外 Mandarin Hotel, Bangkok, Thailand [ポスター講演]An impact of time jitter toward IoT network
Masaki AmanoMakoto TaromaruMai OhtaFukuoka Univ.SR2018-73
 [more] SR2018-73
pp.33-34
SR 2018-10-31
10:25
海外 Mandarin Hotel, Bangkok, Thailand [ポスター講演]An Identification Method Using an Inclination of APD in Spectrum Sensing
Haruki FujitaMakoto TaromaruMai OhtaFukuoka Univ.SR2018-74
 [more] SR2018-74
pp.35-36
SR 2018-10-31
13:25
海外 Mandarin Hotel, Bangkok, Thailand [ポスター講演]On Beam-Pattern and Nulls toward Interferences in Multiuser MIMO Using Null-Space Extension
Hironori BanMakoto TaromaruMai OhtaFukuoka Univ.SR2018-86
第五世代移動体通信(5G)において利用されるMassive MIMOは,Multi-user MIMOの特性をもとに考え... [more] SR2018-86
pp.71-72
RCS 2018-06-20
15:00
長崎 長崎大学 マルチユーザMIMOにおけるヌル空間拡張法を用いた干渉波の抑圧と形成されるビームパターンの関係
塙 弘矩太郎丸 真太田真衣福岡大RCS2018-43
アダプティブアレーアンテナやMIMOによる受信系で干渉波を抑圧する合成ウェイトを生成する時,干渉波空間の次元を拡張すると... [more] RCS2018-43
pp.49-54
RCS, SR, SRW
(併催)
2018-03-02
11:45
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク [依頼講演]非直交無線伝搬路で送受信を行う“無線フルデュープレクス”の信号処理に関する考察 ~ 実用化のためのアナログ・ディジタル系の課題と条件について ~
太郎丸 真福岡大RCS2017-378
本講演では,いわゆる無線フルデュープレクス(無線全二重通信)技術について議論する.まず同技術と信号処理の概要について述べ... [more] RCS2017-378
pp.323-326
AP, RCS
(併催)
2017-11-09
09:50
福岡 福岡大学 ヌル空間拡張法により形成されるマルチユーザMIMO基地局のビームパターンに関する一検討 ~ 過去の干渉波チャネルへの直交化によるチャネル変動耐性向上原理に関する考察 ~
太郎丸 真塙 弘矩太田真衣茂木大輔福岡大RCS2017-226
アダプティブアレーアンテナやMIMO による受信系で干渉波を抑圧する合成ウェイトを生成する時,直近の干渉波チャネル応答に... [more] RCS2017-226
pp.123-127
AP, RCS
(併催)
2017-11-10
13:00
福岡 福岡大学 [招待講演]無線通信の歴史から見る固定通信と移動通信 ~ 電子情報通信学会100年史「無線通信システム」の執筆を終えて ~
太郎丸 真福岡大AP2017-139 RCS2017-243
本稿では,本会100周年記念事業として出版された「電子情報通信学会100年史」の
第2部第3章「無線通信・放送」の中か... [more]
AP2017-139 RCS2017-243
pp.173-178(AP), pp.221-226(RCS)
SR, SRW
(併催)
2017-10-24
14:00
海外 Grand Hotel Palatino, Rome, Italy [ポスター講演]A Study on Beam Pattern of Array with Multi-User MIMO Using Null-Space Expansion Tolerant to Channel Fluctuation
Hironori BanDaisuke Motegi・○Makoto TaromaruMai OhtaFukuoka Univ.SR2017-89 SRW2017-39
Some papers reported that a zero-forcing (ZF) adaptive array... [more] SR2017-89 SRW2017-39
pp.63-64(SR), pp.57-58(SRW)
SR, SRW
(併催)
2017-10-24
14:00
海外 Grand Hotel Palatino, Rome, Italy [ポスター講演]A Study on Frequency Asynchronous Spectrum Hole Detection Method
Mai OhtaFukuoka Univ.)・Takeo FujiiUEC)・Osamu TakyuSinshu Univ.)・Makoto TaromaruFukuoka Univ.SR2017-90 SRW2017-40
 [more] SR2017-90 SRW2017-40
pp.65-66(SR), pp.59-60(SRW)
RCS, RCC, ASN, NS, SR
(併催)
2016-07-21
14:35
愛知 名古屋工業大学 陸上移動伝搬チャネル推定におけるFFTを用いた内挿および外挿法に関する考察
太郎丸 真太田真衣福岡大RCS2016-122
MIMOなどの空間信号処理やNOMA(非直交多元接続)などの干渉キャンセル等,陸上移動通信の各種信号処理ではチャネル情報... [more] RCS2016-122
pp.145-146
RCS, RCC, ASN, NS, SR
(併催)
2016-07-22
15:25
愛知 名古屋工業大学 R&D Activities for 5G in IEICE Technical Committee on Radio Communication Systems in FY2015 -- Multi-Antenna Technologies and Advanced Modulation/Multiple Access Schemes --
Yukitoshi SanadaKeio Univ.)・Satoshi DennoOkayama Univ.)・Hidekazu MurataKyoto Univ.)・Toshihiko NishimuraHokkaido Univ.)・Tomoya TandaiToshiba Corp.)・Akihiro OkazakiMitsubishi Electric Corp.)・Satoshi SuyamaJun MashinoNTT DOCOMO)・Tetsuya YamamotoPanasonic)・Makoto TaromaruFukuoka Univ.RCS2016-128
 [more] RCS2016-128
pp.177-182
SR, RCC, MICT, RCS, SRW
(併催)
(第二種研究会)
2016-05-16
- 2016-05-17
海外 Hotel Lasaretti, Oulu, Finland [Requested Talk] R&D Activities for 5G Wireless Systems in Japan -- Reviewing IEICE Technical Report for Technical Group on Radio Communication Systems --
Makoto TaromaruFukuoka Univ.)・Hidekazu MurataKyoto Univ.)・Eiji OkamotoNITech
As the demand for higher transmission rates and spectral eff... [more]
SR, SRW
(併催)
2016-05-16
14:30
海外 Hotel Lasaretti, Oulu, Finland [ポスター講演]A study on energy detection with FFT in cognitive radio systems for improving detection performance
Mai OhtaMakoto TaromaruFukuoka Univ.)・Takeo FujiiUEC)・Osamu TakyuShinshu Univ.SR2016-8 SRW2016-8
 [more] SR2016-8 SRW2016-8
pp.25-26
SR, SRW
(併催)
2016-05-17
14:00
海外 Hotel Lasaretti, Oulu, Finland [ポスター講演]A Study on Propagation Model and Mechanism on Null-Space Dimension Expansion for Multi-User MIMO Tolerant to Channel Fluctuation
Daichi TokuyasuMakoto TaromaruRyosuke OnoMai OhtaFukuoka Univ.SR2016-21 SRW2016-18
アダプティブアレーアンテナやMIMO による受信系で干渉波を抑圧する合成ウエイトを生成する時,干渉波部分空間の次元を過去... [more] SR2016-21 SRW2016-18
pp.73-74(SR), pp.61-62(SRW)
AP, RCS, WPT, SAT
(併催)
2015-11-05
10:20
沖縄 沖縄県立博物館・美術館 マルチユーザMIMOのチャネル変動耐性を向上させるヌル空間次元拡張に関する一考察 ~ 過去の干渉波チャネルによる特性向上原理と伝搬モデルの妥当性について ~
徳安大智小野凌輔太郎丸 真太田真衣福岡大RCS2015-207
 [more] RCS2015-207
pp.103-107
 101件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会