お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 28件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
KBSE, SS
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2019-07-13
14:45
北海道 小樽経済センター ソースコード特徴量を用いた機械学習によるソースコード品質の評価手法
槇原啓介松下 誠井上克郎阪大SS2019-5 KBSE2019-15
本研究は,機械学習を用いてソースコードの品質を定量的かつ自動で評価する手法を提案する.本手法では,プログラミングコンテス... [more] SS2019-5 KBSE2019-15
pp.105-110
SS 2015-03-10
11:00
沖縄 沖縄県青年会館 Javaプログラムの開発履歴を用いたアクセス修飾子過剰性の推移原因分析
大西理功阪大)・小堀一雄NTTデータ)・松下 誠井上克郎阪大SS2014-72
Java では,プログラムの保守性および再利用性を高めるカプセル化などを実現するために,アクセス修飾子が定義されている.... [more] SS2014-72
pp.103-108
SS 2014-10-23
14:30
高知 高知市文化プラザかるぽーと テストケースを利用したJavaプログラムのアクセス修飾子過剰性分析手法
大西理功阪大)・小堀一雄NTTデータ)・松下 誠井上克郎阪大SS2014-26
Javaプログラム内には,実際の被アクセス範囲に比べて過剰に広く設定されているアクセス修飾子(Accessibility... [more] SS2014-26
pp.7-12
SS 2014-03-11
14:45
沖縄 てんぷす那覇:第1・2会議室 Javaプログラムにおける設計情報を用いた意図的なアクセス修飾子過剰性の抽出手法
大西理功阪大)・小堀一雄NTTデータ)・松下 誠井上克郎阪大SS2013-79
Javaプログラム内には,実際の被アクセス範囲より広い範囲が設定された状態である,アクセス修飾子過剰性(Accessib... [more] SS2013-79
pp.43-48
SS 2011-06-30
16:00
海外 高麗大(韓国) A Prototype of Comparison Tool for Android Applications Based on Difference of API Calling Sequences
Tetsuya KandaYuki ManabeTakashi IshioMakoto MatsushitaKatsuro InoueOsaka Univ.SS2011-7
For both users and developers, it is important to select an ... [more] SS2011-7
pp.35-40
SS 2010-10-14
15:45
岩手 岩手県立大学 コードの生存期間を考慮したコードクローンと欠陥修正の関係調査
齋藤 晃阪大)・吉田則裕奈良先端大)・松下 誠井上克郎阪大SS2010-31
 [more] SS2010-31
pp.19-24
KBSE, SS
(共催)
2010-05-27
16:00
京都 同志社大今出川キャンパス 類似メソッドの集約のための差分抽出支援
政井 智雄(学)吉田則裕松下 誠井上克郎阪大SS2010-8 KBSE2010-8
 [more] SS2010-8 KBSE2010-8
pp.45-50
SS 2010-03-08
13:10
鹿児島 鹿児島大学 郡元キャンパス 状況に応じた設計情報の再利用を支援するUML図の自動推薦ツール
松下 誠早瀬康裕松下 誠井上克郎阪大SS2009-54
ソフトウェア開発において,適切な再利用を行うことによりソフトウェアの生産性や信頼性が向上するとされている.
そして,再... [more]
SS2009-54
pp.37-42
SS 2009-12-18
10:20
香川 香川大学幸町キャンパス ソースコードに対して適用可能な編集手順を探索するリファクタリング支援手法の提案
譜久島 亮吉田則裕松下 誠井上克郎阪大SS2009-44
 [more] SS2009-44
pp.55-60
SS 2009-12-18
10:50
香川 香川大学幸町キャンパス リファクタリングのための変更波及解析を利用したテスト支援ツールの提案
吉田昌友吉田則裕松下 誠井上克郎阪大SS2009-45
リファクタリングとは,外部的振る舞いを保ちつつ,ソースコードの保守性を改善する作業を指す.リファクタリングを行う開発者は... [more] SS2009-45
pp.61-66
SS 2008-03-03
14:35
長崎 長崎大学 Token Comparison Approach to Detect Code Clone-related Bugs
Yii Yong LeeYasuhiro HayaseMakoto MatsushitaKatsuro InoueOsaka Univ.SS2007-64
 [more] SS2007-64
pp.43-48
SS 2007-12-17
15:15
島根 島根大学 識別子の共起関係に基づく類似コード検索法の提案と欠陥検出への適用
服部剛之吉田則裕早瀬康裕肥後芳樹松下 誠楠本真二井上克郎阪大SS2007-47
ソフトウェアの保守を行う際に,複数箇所に同様の修正を加える必要が生じるこ
とがある.
例えば,ソースコード中にある欠... [more]
SS2007-47
pp.55-60
SS 2007-02-02
09:45
愛知 愛知県立大学 ソフトウェア変更間の関連抽出のための差分集合構築手法
今枝誉明市井 誠早瀬康裕松下 誠井上克郎阪大
現在広く用いられている版管理システムのリポジトリ閲覧システムでは個々の変更を表示するのみであるため,開発者が過去に行われ... [more] SS2006-80
pp.7-12
SS 2006-12-15
10:10
福岡 九州大学(伊都キャンパス) 更新履歴情報と静的情報を用いて同一機能を実装しているクラス群を抽出する手法の提案
檜皮祐希松下 誠井上克郎阪大
ソフトウェアの保守において,ソフトウェア理解や再利用のために特定の機能が実装されている箇所を特定することが必要になること... [more] SS2006-67
pp.13-18
SS 2006-12-15
10:50
福岡 九州大学(伊都キャンパス) D-CCFinder:超大規模ソースコード集合を対象とした分散処理型コードクローン検出・可視化システム
リビエリ シモネ肥後芳樹松下 誠井上克郎阪大
 [more] SS2006-68
pp.19-24
SS 2006-08-03
15:45
北海道 北海道大学工学部M棟 デスクトップ検索システムを用いたJavaソフトウェア部品リポジトリの自動更新機能の実現
市井 誠木村和正松下 誠井上克郎阪大
ソフトウェア部品検索システムは過去に開発されたソフトウェア部品を検索および取得することによりその再利用や理解を支援するシ... [more] SS2006-30
pp.31-36
SS 2006-06-23
11:45
岡山 岡山大学創立五十周年記念館 協同編集機能を持つメールアーカイブシステムの試作
チョイ コーイー松下 誠井上克郎阪大
既存のメールアーカイブシステムは単純な検索手法だけを提供しているため,開発者はアーカイブから必要な情報を効率よく取得でき... [more] SS2006-24
pp.25-30
KBSE 2006-03-14
13:00
東京 機械振興会館 モデル指向開発環境の提案
我妻智之神谷慎吾NTTデータ)・大平直宏松下 誠楠本真二井上克郎阪大
 [more] KBSE2005-47
pp.1-6
SS 2005-12-20
13:30
高知 高知女子大 ソフトウェア部品の利用関係におけるスケールフリー性の調査
市井 誠松下 誠井上克郎阪大
スケールフリー性とはグラフ中のノードの接続辺数がべき分布に従う性質であり,インターネット上のノードなど様々な対象において... [more] SS2005-69
pp.37-42
SS 2005-12-20
15:45
高知 高知女子大 保守請負時を対象とした労力見積りのためのメトリクスの提案
早瀬康裕松下 誠楠本真二井上克郎阪大)・小林健一吉野利明富士通研
コストなどの問題によって保守が困難になったソフトウェアプロダクトの保守作業を,元の業者に代わって請け負うサービスが一般化... [more] SS2005-73
pp.61-66
 28件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会