お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年6月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 79件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ISEC 2020-05-20
14:40
ONLINE オンライン開催 ハッシュ関数に基づく計算問題に対するマイニング時間の小分散化 ~ 直列連結及び並列連結 ~
穴田啓晃長崎県立大)・櫻井幸一九大ISEC2020-9
Bitcoinではハッシュ関数で記述された方程式がマイナーが解くべき計算問題である.この問題を解くのに要する時間(マイニ... [more] ISEC2020-9
pp.33-40
COMP, IPSJ-AL
(連催)
2020-05-09
09:30
ONLINE 国立情報学研究所 敵対的事例攻撃の威力と原因解明
櫻井幸一九大COMP2020-5
深層学習に間違った判断をさせる敵対的事例を使ったサイバー攻撃の危険性が、セキュリティの観点からも重要視されている。すでに... [more] COMP2020-5
pp.33-36
ISEC, SITE, LOIS
(共催)
2019-11-02
10:00
大阪 大阪大学 吹田キャンパス Evolving Secret Sharing: Hierarchical Access Structure with Polynomial Share Size
Sabyasachi DuttaUniv. of Calgary)・Partha Sarathi RoyKazuhide FukushimaShinsaku KiyomotoKDDI Research)・○Kouichi SakuraiKyushu Univ.ISEC2019-76 SITE2019-70 LOIS2019-35
Secret sharing allows storing secret information in a distri... [more] ISEC2019-76 SITE2019-70 LOIS2019-35
pp.93-98
IT, ISEC, WBS
(共催)
2019-03-08
12:05
東京 電気通信大学 Secret Sharing on Evolving Multi-level Access Structure
Partha Sarathi RoyKDDI Research)・Sabyasachi DuttaKyushu Univ.)・Kazuhide FukushimaShinsaku KiyomotoKDDI Research)・Kouichi SakuraiKyushu Univ.IT2018-121 ISEC2018-127 WBS2018-122
 [more] IT2018-121 ISEC2018-127 WBS2018-122
pp.281-284
SITE, ISEC, LOIS
(共催)
2018-11-03
12:00
福岡 九州大学 大橋キャンパス Computationally-independent pair of one-way functions in presence of leakage
Sabyasachi Dutta・○Kouichi SakuraiKyushu Univ.ISEC2018-66 SITE2018-44 LOIS2018-26
 [more] ISEC2018-66 SITE2018-44 LOIS2018-26
pp.13-18
SITE, ISEC, LOIS
(共催)
2018-11-03
12:30
福岡 九州大学 大橋キャンパス Secret sharing of color images: An algebraic approach
Sabyasachi DuttaKyushu Univ.)・Avishek AdhikariUniv. Calcutta)・Sushmita RujISI,Kolkata)・Kouichi SakuraiKyushu Univ.ISEC2018-67 SITE2018-45 LOIS2018-27
 [more] ISEC2018-67 SITE2018-45 LOIS2018-27
pp.19-24
EMM, IT
(共催)
2017-05-23
11:55
山形 山形大学(米沢キャンパス) 二重符号化二次元コードのパターンマスク秘匿化へのRS符号を用いた誤り訂正の影響検討
寺浦信之テララコード研)・岩村惠市東京理科大)・越前 功NII)・櫻井幸一九大IT2017-12 EMM2017-12
二次元コードの黒セルを普通黒インク(赤外線吸収)と特殊黒インク(赤外線透過)により符号化し,二次元コードに秘匿データを付... [more] IT2017-12 EMM2017-12
pp.67-72
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2017-03-13
14:50
長崎 長崎県立大学シーボルト校 A Brief Review on Anomaly Detection and its Applications to Cybersecurity
Danilo Vasconcellos VargasKouichi SakuraiKyudaiICSS2016-50
 [more] ICSS2016-50
pp.37-42
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2017-03-14
12:20
長崎 長崎県立大学シーボルト校 分散処理によるOpenFlowを用いた端末非依存なネットワーク攻撃検知手法とその評価
宮崎亮輔九州先端科学技研/九大)・川本淳平)・松本晋一九大)・櫻井幸一九州先端科学技研/九大ICSS2016-69
近年,サイバー攻撃の種類は多種多様に渡っており,可能な限り多くの種類の攻撃を検知する技術が必要である.そこで我々は,So... [more] ICSS2016-69
pp.177-182
EMM, ISEC, SITE, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2016-07-15
11:10
山口 中市コミュニティーホール Nac 識別困難な難読化を用いた完全安全な秘密分散法
趙 輝櫻井幸一九大ISEC2016-31 SITE2016-25 ICSS2016-31 EMM2016-39
We provide an cryptographic realization of secret-sharing sc... [more] ISEC2016-31 SITE2016-25 ICSS2016-31 EMM2016-39
pp.137-143
IT, ISEC, WBS
(共催)
2016-03-11
11:15
東京 電気通信大学 多変数多項式暗号方式SRPとABC方式の性能比較
安田貴徳九州先端科学技研)・櫻井幸一九大IT2015-134 ISEC2015-93 WBS2015-117
多変数多項式公開鍵暗号は耐量子暗号の候補である.署名方式としてはRainbowが提案され,効率的攻撃法は未だに知られてい... [more] IT2015-134 ISEC2015-93 WBS2015-117
pp.205-210
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2016-03-03
15:30
京都 京都大学 学術情報メディアセンター 南館 デジタルフォレンジクスへのAI技術の適用の現状と課題
松本晋一九州先端科学技研)・櫻井幸一九大
 [more]
LOIS, ISEC, SITE
(共催)
2015-11-07
10:55
神奈川 神奈川大学 1号館804会議室 NTRUの群環を用いた拡張とその応用
安田貴徳穴田啓晃九州先端科学技研)・櫻井幸一九大ISEC2015-52 SITE2015-39 LOIS2015-46
 [more] ISEC2015-52 SITE2015-39 LOIS2015-46
pp.103-109
ISEC, SITE, ICSS, EMM
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2015-07-02
10:15
愛知 名古屋市中小企業振興会館 吹上ホール Attribute-Based Two-Tier Signatures
Hiroaki AnadaISIT)・Seiko AritaIISEC)・Kouichi SakuraiKyushu UniversityISEC2015-9 SITE2015-7 ICSS2015-19 EMM2015-17
属性ベース署名スキームは 2008年に Maji らによって提案されたデジタル署名スキームである.
メッセージは署名ポ... [more]
ISEC2015-9 SITE2015-7 ICSS2015-19 EMM2015-17
pp.1-8
QIT
(第二種研究会)
2015-05-25
17:00
大阪 大阪大学 MQチャレンジ:耐量子暗号の解読問題と困難性評価
安田貴徳九州先端科学技研)・ダハン グザヴィエお茶の水女子大)・ホアン ユンジュ九州先端科学技研)・高木 剛九大)・櫻井幸一九州先端科学技研
 [more]
ISEC, IT, WBS
(共催)
2015-03-02
10:30
福岡 北九州市立大学 ひびきのキャンパス GPUによるOptimal Extension Fieldを用いたQUADストリーム暗号の高速化
田中哲士ISIT/九大)・鄭 振牟九大)・安田貴徳九州先端科学技研)・櫻井幸一ISIT/九大IT2014-62 ISEC2014-75 WBS2014-54
鍵ストリームの生成に多変数二次多項式の付値を用いるQUADストリーム暗号において,有限体上の乗算はコアな計算である.
... [more]
IT2014-62 ISEC2014-75 WBS2014-54
pp.1-4
ISEC, LOIS, SITE
(共催)
2014-11-21
13:25
兵庫 兵庫県立大学 神戸情報科学キャンパス Graphics Processing Unitによるマルチストリーム方式を用いたQUADストリーム暗号の高速化
田中哲士九州先端科学技研/九大)・鄭 振牟九大)・安田貴徳九州先端科学技研)・櫻井幸一九州先端科学技研/九大ISEC2014-56 SITE2014-47 LOIS2014-26
QUADストリーム暗号は多変数公開鍵暗号の理論をベースとしており,数学的に安全性を証明できる暗号である.一方で,この暗号... [more] ISEC2014-56 SITE2014-47 LOIS2014-26
pp.1-6
ISEC, LOIS, SITE
(共催)
2014-11-21
13:50
兵庫 兵庫県立大学 神戸情報科学キャンパス 非可換群を用いたNTRU方式の拡張方式 その2
安田貴徳ダハン グザヴィエ櫻井幸一九州先端科学技研ISEC2014-57 SITE2014-48 LOIS2014-27
 [more] ISEC2014-57 SITE2014-48 LOIS2014-27
pp.7-11
ICSS, ISEC, SITE, EMM
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2014-07-04
10:40
北海道 サン・リフレ函館 Cryptanalysis of a matrix variant of NTRU
Takanori YasudaISIT)・Yuya YamaguchiKyushu Univ.)・Xavier DahanKouichi SakuraiISITISEC2014-33 SITE2014-28 ICSS2014-37 EMM2014-33
1996年の導入以来、NTRUは次世代暗号の一候補と見られている。既に
NTRUで使用する多項式環を他の環に置き換える... [more]
ISEC2014-33 SITE2014-28 ICSS2014-37 EMM2014-33
pp.239-246
EMM, ISEC, SITE, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2013-07-19
15:15
北海道 札幌コンベンションセンター 楕円曲線の効率的モデルのAte系ペアリングへの応用
安田貴徳九州先端科学技研)・高木 剛九大)・櫻井幸一九州先端科学技研ISEC2013-44 SITE2013-39 ICSS2013-49 EMM2013-46
 [more] ISEC2013-44 SITE2013-39 ICSS2013-49 EMM2013-46
pp.323-330
 79件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会