お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS, CS, IN, NV
(併催)
2016-09-30
14:30
宮城 東北大学 5G時代に向けた経路制御ベースの分散移動管理の提案
西山陽央石野正典小泉佑揮長谷川 亨阪大)・杉山浩平田上敦士KDDI研IN2016-44
5G 時代、モバイルデータトラヒックの急速な増加により、モビリティアンカーを用いた集中移動管理ではトラヒック集中が問題と... [more] IN2016-44
pp.47-52
NS, IN
(併催)
2015-03-03
10:30
沖縄 沖縄コンベンションセンタ 携帯網における協調アップロードを用いた群衆ソーシングのための報酬のモデル化
長谷川慶太阪大)・杉山浩平KDDI研)・小泉佑揮阪大)・田上敦士KDDI研)・長谷川 亨阪大IN2014-145
 [more] IN2014-145
pp.145-150
NS, IN
(併催)
2015-03-03
16:20
沖縄 沖縄コンベンションセンタ 災害時におけるICNポテンシャルルーティングの最適化の検討
須永崇章浅見 徹川原圭博東大)・杉山浩平栗原 淳田上敦士KDDI研)・柳生智彦NEC)・長谷川 亨阪大IN2014-174
現在のインターネットでは,ホストが常時オンラインで相互接続していることを前提として,名前解決に中央集中型のDNSを用いて... [more] IN2014-174
pp.313-318
NS, IN
(併催)
2015-03-03
16:40
沖縄 沖縄コンベンションセンタ Identity-Based Aggregate Signatures Applied to NDN for Short Message Transfers
Byambajav NamsraijavTohru AsamiYoshihiro KawaharaUTokyo)・Jun KuriharaKohei SugiyamaAtsushi TagamiKDDI R&D Labs.)・Tomohiko YagyuNEC)・Toru HasegawaOsaka Univ.IN2014-175
In Named Data Networking (NDN), security is imposed on conte... [more] IN2014-175
pp.319-324
NS, IN
(併催)
2014-03-07
11:20
宮崎 宮崎シーガイア 災害時におけるICNを用いた安否情報配信方式の提案
杉山浩平田上敦士KDDI研)・柳生智彦NEC)・長谷川 亨阪大IN2013-184
本稿では, 災害時におけるInformation-Centric Networking (ICN) を用いた安否情報配信... [more] IN2013-184
pp.241-246
IN, IA
(併催)
2013-12-20
09:20
広島 広島市立大学 CCNにおけるRTTを用いたキャッシュ置き換え手法の提案
横田健治杉山浩平田上敦士KDDI研IN2013-110
本稿では,Content-Centric Networking (CCN) におけるRound-Trip Time (R... [more] IN2013-110
pp.65-70
NS, IN
(併催)
2013-03-08
10:00
沖縄 残波岬ロイヤルホテル IMSサービス早期復旧のためのRegisterメッセージの予測廃棄機構の提案
臼井 健NICT)・杉山浩平田上敦士KDDI研)・西永 望NICTNS2012-277
本稿では、障害や災害などで一時的に接続性が失われた状況からネットワークが復旧した際、IMS(IP Multimedia ... [more] NS2012-277
pp.651-656
IA, ICSS
(共催)
2011-06-17
10:25
福岡 九州工業大学 安全かつ追跡可能なオンライン画像共有方式の提案
杉山浩平福嶋正機長谷川輝之KDDI研IA2011-8 ICSS2011-8
本稿では、アプリケーションサービスプロバイダが安全かつ追跡可能な画像共有サービスをユーザに提供するための方式を提案する。... [more] IA2011-8 ICSS2011-8
pp.41-46
IA, ICSS
(共催)
2010-06-17
14:55
京都 京都大学 学術情報メディアセンター 集団における問題の通報を促進する匿名通信方式とゲーム理論を用いた評価
杉山浩平福嶋正機長谷川輝之KDDI研IA2010-5 ICSS2010-5
本稿では、集団における問題の通報を促進する匿名通信方式を提案する。提案方式は、下位集団の代表者が上位集団を形成するような... [more] IA2010-5 ICSS2010-5
pp.25-30
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会