電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 31件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MI, MICT
(共催) [詳細]
2019-11-05
15:00
茨城 筑波大学 大量運動者からのマルチホップ生体情報収集法における集中・分散ハイブリッド型チャネル選択
小川涼平四方博之関西大)・濱上卓磨柳原健太郎川本康貴OKI)・原 晋介阪市大)・河端隆志関西大MICT2019-34 MI2019-61
本研究では、大量の運動者に装着したセンサノードから、WSN(Wireless Sensor Networks)により生体... [more] MICT2019-34 MI2019-61
pp.45-50
MICT 2019-01-11
16:15
東京 明治大学 駿河台キャンパス 大量運動者からの分散型チャネル選択を用いたマルチホップ生体データ収集法
新野 淳四方博之関西大)・濱上卓磨柳原健太郎川本康貴OKI)・原 晋介阪市大)・河端隆志関西大MICT2018-64
近年、運動者の健康状態や身体能力の把握を科学的に行うために、運動中の人間の生体情報モニタリングへの関心が高まっている。本... [more] MICT2018-64
pp.21-26
NS, IN
(併催)
2018-03-02
10:00
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート 生体情報収集ネットワークにおける移動対応無線通信プロトコルのフィールド実験
濱上卓磨OKI)・原 晋介阪市大)・四方博之関西大)・宮本龍介明大)・川本康貴OKI)・奥畑宏之ソリトンシステムズ)・福井 潔柳原健太郎OKIIN2017-120
ウェアラブルデバイスやICT技術を駆使し,運動中の人体から生体情報をリアルタイムにモニタリングすることができれば,熱中症... [more] IN2017-120
pp.183-188
RCC, ITS, WBS
(共催)
2015-12-18
16:40
沖縄 沖縄産業支援センター ワイヤレススマートグリッドにおけるリンク状態の周期性を考慮したルーティングメトリック構築
濱上卓磨阪市大)・柳原健太郎OKI)・原 晋介阪市大WBS2015-82 ITS2015-54 RCC2015-84
近年,新しい電力供給網として,スマートグリッドが注目されている.
ワイヤレススマートグリッドにおいてルータはアドホック... [more]
WBS2015-82 ITS2015-54 RCC2015-84
pp.245-250
IPSJ-MBL, IPSJ-UBI
(連催)
MoNA, ASN
(併催) [詳細]
2015-03-03
11:00
東京 芝浦工業大学豊洲キャンパス ワイヤレススマートグリッドにおけるリンク状態の予測を用いたルーティングメトリック構築
濱上卓磨阪市大)・柳原健太郎OKI)・原 晋介阪市大ASN2014-170
近年,新しい電力供給網として,スマートグリッドが注目されている.ワイヤレススマートグリッドにおいてルータはアドホックネッ... [more] ASN2014-170
pp.229-234
AN, MoNA, USN
(併催)
2011-01-21
09:30
広島 広島市立大学 高信頼性マルチパスルーティングにおけるルート制御法に関する研究
寺井健人安在大祐原 晋介阪市大)・柳原健太郎OKIUSN2010-55
産業用制御ネットワークの無線化において,センサやアクチュエータなどフィールドレベルの通信では,少量のデータを伝送すれば良... [more] USN2010-55
pp.89-94
AN, USN, SR, RCS
(併催)
2010-10-28
10:10
大阪 大阪大学 950MHz帯における大規模・高信頼ルーティング方式の開発と評価
野崎正典西村弘志久保祐樹柳原健太郎福永 茂OKIRCS2010-118 SR2010-51 AN2010-28 USN2010-24
屋外の大規模な無線センサネットワーク環境では,制御トラフィックの増加に伴う無線帯域の利用率の低下や,リンク品質の変動に対... [more] RCS2010-118 SR2010-51 AN2010-28 USN2010-24
pp.69-74(RCS), pp.79-84(SR), pp.15-20(AN), pp.15-20(USN)
USN 2009-05-22
11:15
神奈川 慶大(矢上キャンパス) 省電力リスニングMACプロトコルの遅延と消費電力の削減手法
久保祐樹柳原健太郎野崎正典OKIUSN2009-4
無線センサネットワークにおいて,マルチホップ通信を用いて広域な環境を長期にわたりモニタリングするためには,電池駆動で動作... [more] USN2009-4
pp.19-24
USN 2009-05-22
13:30
神奈川 慶大(矢上キャンパス) センサネットワークにおける複数ビーコンを利用したマルチパスによる輻輳回避方式
廣瀬文哉高橋 淳阪田史郎千葉大)・柳原健太郎福永 茂OKIUSN2009-6
センサネットワークにおいて,無線端末はバッテリ駆動のため消費電力を削減することが重要な課題となる.IEEE 802.15... [more] USN2009-6
pp.31-36
USN, MoNA
(併催)
2009-01-23
08:50
愛知 名古屋工業大学(講堂会議室) センサネットワークにおけるバッファ使用量を考慮したQoS制御方式
高橋 淳後藤康宏阪田史郎千葉大)・柳原健太郎福永 茂OKIUSN2008-78
センサネットワークでは,高トラフィック時にシンクノード付近で輻輳が発生するため,性能が大きく劣化する.本稿では,センサネ... [more] USN2008-78
pp.95-100
WBS 2008-10-09
15:00
山口 山口大学(宇部) [パネル討論]制御のための無線伝送 ~ ネットワークの視点から見た無線通信の高信頼化 ~
柳原健太郎OKIWBS2008-30
工場などにおける制御情報の通信の無線化には低遅延,高信頼な無線通信システムを提供する必要がある.従来,信頼性を確保するた... [more] WBS2008-30
pp.13-18
NS, IN
(併催)
2008-03-07
08:55
沖縄 万国津梁館(沖縄) マルチホップセンサネットワークにおけるトラフィックに応じた動的アクティブ時間制御方式
辻川良輔阪田史郎千葉大)・柳原健太郎福永 茂OKIIN2007-212
IEEE802.15.4/ZigBeeビーコンモードでは,クラスタツリートポロジにおいて,中継ノードの消費電力削減のため... [more] IN2007-212
pp.319-324
NS, IN
(併催)
2008-03-07
11:45
沖縄 万国津梁館(沖縄) マルチホップセンサネットワークにおける非対称経路を用いた省電力化方式
柳原健太郎福井 潔野崎正典福永 茂OKIIN2007-220
マルチホップセンサネットワークにおいては,長期間にわたって電池のみで駆動する無線端末に中継処理を行わせる必要がある.ネッ... [more] IN2007-220
pp.367-372
NS, IN
(併催)
2008-03-07
12:05
沖縄 万国津梁館(沖縄) センサネットワークにおけるQoSを考慮した衝突回避のための適応的バックオフ制御方式
高橋 淳阪田史郎千葉大)・柳原健太郎福永 茂OKIIN2007-221
センサネットワークにおいては,低消費電力化が課題である.省電力化のためには,チャネルのビジーによる再バックオフや,衝突に... [more] IN2007-221
pp.373-378
USN, CQ, MoNA
(併催)
2008-01-24
10:20
静岡 浜松アクトシティ研修交流センター センサネットワークにおける中継ノードへの最大接続センサ数を考慮したノード消費電力均等化
萩谷展之阪田史郎千葉大)・柳原健太郎福永 茂OKIUSN2007-57
センサネットワークにおいてはシンクノードの周辺ノードへのトラフィック集中に起因する電力消費によりネットワークの寿命が短く... [more] USN2007-57
pp.13-18
USN, CQ, MoNA
(併催)
2008-01-24
10:45
静岡 浜松アクトシティ研修交流センター ZigBeeセンサネットワークのマルチコーディネータ化による省電力効果に関する検討
山下 優阪田史郎千葉大)・柳原健太郎福永 茂OKIUSN2007-58
 [more] USN2007-58
pp.19-24
WBS 2007-12-18
16:25
東京 機械振興会館 無線LANチャネルのモデル化とその位置推定への応用
今垣雄一安在大祐阪市大)・柳原健太郎関根理敏OKI)・原 晋介阪市大WBS2007-57
近年,無線LANが広く普及しており,無線LANを利用した受信電力におよる位置推定システムが注目を集めている.しかし,室内... [more] WBS2007-57
pp.59-63
USN 2007-05-25
10:35
東京 東京電機大学(東京) 位置推定システム"COLORS"のマルチホップネットワーク化
福村貴洋高島雅弘阪大)・柳原健太郎OKI)・原 晋介阪市大)・北山研一阪大USN2007-11
 [more] USN2007-11
pp.55-60
USN 2007-05-25
13:50
東京 東京電機大学(東京) センサネットワークにおける無線リンク特性の時間変動を考慮に入れたクラスタリング法
大田優子阪市大)・柳原健太郎OKI)・原 晋介阪市大USN2007-16
従来,センサネットワークにおいてクラスタリング法を提案する場合,無線伝播モデルとして距離減衰のみが考慮されてきた.しかし... [more] USN2007-16
pp.85-90
NS, IN
(併催)
2007-03-09
10:30
沖縄 沖縄コンベンションセンター マルチホップセンサネットワークにおける消費電力均等化方式
柳原健太郎福井 潔野崎正典福永 茂OKIIN2006-253
センサネットワークにおいては,ノードの消費電力を削減し,ネットワークを長期間動作させることが重要な課題となっている.
... [more]
IN2006-253
pp.435-440
 31件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会