電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 87件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCC, ITS, WBS
(共催)
2019-11-06
11:00
奈良 奈良先端科学技術大学院大学 [ポスター講演]電波雑音の測定と小型電波環境モニタリング装置の開発
清水 聡臼井 誠阿野 進栗原拓哉矢野一人鈴木義規ATR
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
SR
(第二種研究会)
2019-11-04
- 2019-11-05
海外 Rutgers University, NJ, USA Analytical Method of Location Estimation for Unknown Signal Source -- - Basic Study and Development of Radio Monitoring Node "Radio Catcher"- --
Satoru ShimizuTakuya KuriharaMakoto UsuiKazuto YanoYoshinori SuzukiATR
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
AP 2019-10-17
12:30
大阪 大阪大学 [ポスター講演]クラスタリングによる無線ノードの干渉量計算の効率化に関する検討
森本涼太岩井誠人同志社大)・栗原拓哉清水 聡矢野一人鈴木義規ATR
管理下および管理外の複数の無線ノードが存在する環境において, ネットワーク全体の通信量を最大化することを目的として, 電... [more] AP2019-82
pp.17-18
MIKA
(第二種研究会)
2019-10-03
11:15
北海道 北海道大学 [ポスター講演]小型電波環境モニタリング装置の開発
清水 聡臼井 誠栗原拓哉矢野一人鈴木義規ATR
我々は、電波環境に対応した最適通信方式選択技術の研究開発を進めている。アンライセンスバンドでの無線通信に影響を与える雑音... [more]
MIKA
(第二種研究会)
2019-10-04
10:15
北海道 北海道大学 [ポスター講演]QoSの予測誤差分布を用いた所要QoS非充足確率推定
菅 宣理東森敏英矢野一人ウェバー ジュリアン鈴木義規ATR
 [more]
MIKA
(第二種研究会)
2019-10-04
10:15
北海道 北海道大学 [ポスター講演]ネットワークスキャンの実施結果に基づく無線区間の混雑推定
鈴木健太栗原拓哉矢野一人鈴木義規ATR
セキュリティ対策に不備があるIoT機器の脆弱性を狙ったサイバー攻撃への対策として,インターネット全体に対してネットワーク... [more]
SeMI, RCS, NS, SR, RCC
(併催)
2019-07-12
11:25
大阪 I-Siteなんば(大阪) IoTワイヤレス機器に対する広域ネットワークスキャン技術の研究開発
矢野一人江頭直人栗原拓哉清水 聡鈴木義規ATR
筆者らは大量のIoTワイヤレス機器に対して,既存の通信への影響を与えることなく適切かつ効率的にネットワークスキャンを実現... [more] RCC2019-49 NS2019-85 RCS2019-142 SR2019-61 SeMI2019-58
pp.177-182(RCC), pp.203-208(NS), pp.199-204(RCS), pp.209-214(SR), pp.191-196(SeMI)
SeMI, RCS, NS, SR, RCC
(併催)
2019-07-12
11:50
大阪 I-Siteなんば(大阪) 整数計画法によるネットワークスキャンのスケジューリング方式
栗原拓哉鈴木健太矢野一人鈴木義規ATR
近年,IoT(Internet of Things)機器等の通信機器は著しく増加しているが,
それらの機器には脆弱なも... [more]
RCC2019-50 NS2019-86 RCS2019-143 SR2019-62 SeMI2019-59
pp.183-188(RCC), pp.209-214(NS), pp.205-210(RCS), pp.215-220(SR), pp.197-202(SeMI)
SR 2019-05-30
11:10
東京 東京ビッグサイト 未知の信号源位置の解析的探査方法 ~ ―基礎検討― ~
清水 聡栗原拓哉矢野一人鈴木義規ATR
我々は,電波環境に対応した最適通信方式選択技術の研究開発の一環として,IoT機器が主に使用する5GHz帯,2.4GHz帯... [more] SR2019-3
pp.17-21
SR 2019-05-30
11:35
東京 東京ビッグサイト 未知の信号源位置の解析的探査方法 ~ 実験的検証 ~
栗原拓哉清水 聡矢野一人鈴木義規ATR
我々は,電波環境に対応した最適通信方式選択技術の研究開発の一環として,雑音発生の現状について調査を行っているが,
その... [more]
SR2019-4
pp.23-30
CS, CQ
(併催)
2019-04-19
09:35
大阪 大阪大学理工学 図書館 OBSS環境におけるAP間インジケータを利用した送信電力制御方式の検討
設樂 勇平栗健史ATR/日本工大)・矢野一人江頭直人鈴木義規ATR
近年,無線LANは通信端末の増加にともない主要な通信技術の1つとなった.
そのため,無線LAN対応端末の増加に伴い空港... [more]
CS2019-8
pp.39-43
RCS, SR, SRW
(併催)
2019-03-07
10:30
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク 複数周波数帯利用無線LANの分担センシングを用いたチャネル選択に関する一検討
矢野一人滕 睿江頭直人ATR)・ウェバー ジュリアンATR/阪大)・臼井 誠鈴木義規ATR
無線LANトラヒックは増加の一途を辿っており,周波数利用効率の向上は急務である.そのため,筆者らは複数周波数帯に散在する... [more] RCS2018-314
pp.169-174
RCS, SR, SRW
(併催)
2019-03-07
10:55
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク 3周波数帯同時伝送無線LANの試作装置開発および伝送実験評価
江頭直人矢野一人ATR)・ウェバー ジュリアンATR/阪大)・臼井 誠ATR)・周東雅之杉谷敦彦雨澤泰治モバイルテクノ)・鈴木義規ATR
近年の無線LAN(WLAN)やIoT/M2M機器の利用拡大により急増するトラヒックの収容に向けて,筆者らは単一端末で複数... [more] RCS2018-315
pp.175-180
RCS, SR, SRW
(併催)
2019-03-08
09:50
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク A Study on Joint Probability Distribution Property of Busy/Idle Duration and its Impact on the Performance of Auto-regressive Based Predictor over Real Environmental Channel
Yafei HouOkayama Univ.)・Kazuto YanoATR)・Satoshi DennoOkayama Univ.)・Yoshinori SuzukiATR
 [more] SR2018-137
pp.89-96
SR 2019-01-24
13:55
福島 コラッセふくしま(福島県福島市) [招待講演]複数周波数帯域の同時利用による周波数利用効率向上技術の研究開発
矢野一人江頭直人ATR)・ウェバー ジュリアンATR/阪大)・夜船誠致周東雅之杉谷敦彦雨澤泰治佐藤慎一モバイルテクノ)・鈴木義規熊谷智明ATR
本稿では筆者らが手掛けている総務省の電波資源拡大のための研究開発「複数周波数帯域の同時利用による周波数利用効率向上技術の... [more] SR2018-103
pp.41-48
RCS 2018-10-18
09:40
東京 機械振興会館 920 MHz帯を含む複数周波数帯利用無線LANにおけるフレーム構成の検討
江頭直人矢野一人鈴木義規熊谷智明ATR
近年の無線LAN(WLAN)やIoT/M2M機器の利用拡大により急増するトラヒックの収容に向けて,筆者らは単一端末で複数... [more] RCS2018-152
pp.13-18
RCS 2018-10-18
12:10
東京 機械振興会館 [依頼講演]複数周波数帯利用無線LANの研究開発
矢野一人ATR
無線LANトラヒックは増加の一途を辿っており,周波数利用効率の向上は急務である.そのため,筆者らは複数周波数帯に散在する... [more] RCS2018-158
pp.45-50
RCS 2018-06-20
14:50
長崎 長崎大学 複数周波数帯を利用した中継伝送におけるチャネル選択方法に関する一検討
羽生文香川本雄一西山大樹加藤 寧東北大)・江頭直人矢野一人熊谷智明ATR
離島や山間部のように通信インフラが未整備の場合や災害により基地局が損壊した場合など,端末間通信の需要が拡大している.その... [more] RCS2018-42
pp.43-48
NLP, CCS
(共催)
2018-06-10
13:35
京都 京都テルサ 顧客の取引履歴情報を用いた外国為替市場の価格予測 ~ アマチュア集団による集合知の活用 ~
矢野和洞鈴木智也茨城大
外国為替証拠金取引 (Foreign Exchange trading: FX) は,株式と同様に資産運用の1つとして認... [more] NLP2018-46 CCS2018-19
pp.103-108
RCS, SR, SRW
(併催)
2018-03-01
09:40
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク 複数周波数帯利用無線LANのハードウェア構成とエリアスループット評価
矢野一人江頭直人ウェバー ジュリアン熊谷智明ATR
無線LANトラヒックは増加の一途を辿っており,周波数利用効率の向上は急務である.そのため,筆者らは複数周波数帯に散在する... [more] RCS2017-362
pp.241-246
 87件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会