お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 18件中 1~18件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2018-03-08
15:50
島根 隠岐の島文化会館 装着型セキュリティ強化装置の開発
戸田賢二古原和邦坂根広史産総研CPSY2017-150 DC2017-106
PCやサーバなどの情報機器のセキュリティを強化するための装置の開発を行っている.後付けで,マザーボードと周辺機器の間に本... [more] CPSY2017-150 DC2017-106
pp.281-287
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2017-03-10
10:10
沖縄 具志川農村環境改善センター ディスクI/Oのハードウェアモニタリングを用いた情報保護方式と実装
戸田賢二古原和邦坂根広史産総研CPSY2016-146 DC2016-92
 [more] CPSY2016-146 DC2016-92
pp.303-308
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB, IPSJ-ARC
(連催)
(併催) [詳細]
2016-03-25
15:20
長崎 福江文化会館・勤労福祉センター ディスクI/Oのハードウェアモニタリングを用いたログファイルのセキュア管理手法
戸田賢二古原和邦産総研CPSY2015-157 DC2015-111
 [more] CPSY2015-157 DC2015-111
pp.265-269
ISEC, SITE, ICSS, EMM
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2015-07-02
10:40
愛知 名古屋市中小企業振興会館 吹上ホール SAPAKEの安全性について
辛 星漢古原和邦産総研ISEC2015-10 SITE2015-8 ICSS2015-20 EMM2015-18
本稿では、Qian らが提案した SAPAKE の安全性について議論する。 [more] ISEC2015-10 SITE2015-8 ICSS2015-20 EMM2015-18
pp.9-14
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-EMB, IPSJ-SLDM
(共催)
(連催) [詳細]
2015-03-07
13:50
鹿児島 奄美市社会福祉協議会 会議室(2F・4F) ディスクIOのハードウェアモニタリングによるファイルアクセス解析手法
戸田賢二古原和邦産総研CPSY2014-182 DC2014-108
マザーボードとディスクの間に挿入しSATAを中継するハードウェアを用いて,ディスクI/OをモニタリングしOSや応用プログ... [more] CPSY2014-182 DC2014-108
pp.131-135
ICSS, ISEC, SITE, EMM
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2014-07-04
10:15
北海道 サン・リフレ函館 Hidden Credential Retrievalについて
辛 星漢古原和邦産総研ISEC2014-32 SITE2014-27 ICSS2014-36 EMM2014-32
本論文では、Hidden Credential Retrieval (HCR) について考察する。 [more] ISEC2014-32 SITE2014-27 ICSS2014-36 EMM2014-32
pp.233-237
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-EMB, IPSJ-SLDM
(共催)
(連催) [詳細]
2014-03-16
16:20
沖縄 ICT文化ホール セキュリティバリアデバイスにおけるファイルシステムのアクセス制御
戸田賢二海老原一郎瀬河浩司高橋孝一古原和邦産総研CPSY2013-121 DC2013-108
PCや制御システムをマルウェアの脅威から防御する手段として装着するだけで,データを防御するセキュリティアリアデバイス(S... [more] CPSY2013-121 DC2013-108
pp.313-318
RECONF 2013-05-21
14:45
高知 高知県民文化ホール Kintex-7 FPGA上のPhysical Unclonable Functionの特性評価
堀 洋平片下敏宏古原和邦産総研RECONF2013-17
28-nm プロセスFPGA 上におけるPhysical Unclonable Function (PUF) の入出力特... [more] RECONF2013-17
pp.91-96
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(共催)
(連催) [詳細]
2013-03-14
13:40
長崎 対馬市交流センター 会議室 制御システムセキュリティのためのセキュリティバリアデバイスの提案
戸田賢二海老原一郎瀬河浩司高橋孝一森川 治古原和邦産総研CPSY2012-95 DC2012-101
制御システムをマルウェアの脅威から防御する手段として制御システムを包み込みセキュリティのバリアを提供するデバイスの提案と... [more] CPSY2012-95 DC2012-101
pp.259-264
ISEC, SITE, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC
(連催) [詳細]
2010-07-02
14:15
青森 弘前大学 Efficient Augmented PAK Protocols
SeongHan ShinKazukuni KobaraAIST)・Hideki ImaiChuo Univ.ISEC2010-32 SITE2010-28 ICSS2010-38
 [more] ISEC2010-32 SITE2010-28 ICSS2010-38
pp.167-172
IT, ISEC, WBS
(共催)
2010-03-04
10:50
長野 信州大学長野(工学)キャンパス About Security of Threshold Anonymous Password-Authenticated Key Exchange
SeongHan ShinKazukuni KobaraAIST)・Hideki ImaiChuo Univ.IT2009-75 ISEC2009-83 WBS2009-54
 [more] IT2009-75 ISEC2009-83 WBS2009-54
pp.23-30
WBS, IT, ISEC
(共催)
2009-03-10
15:15
北海道 公立はこだて未来大学(函館) LDPC符号を用いたMcEliece署名方式 ~ 実用性と安全性に関する評価 ~
山川茂紀中大)・崔 洋萩原 学古原和邦産総研/中大)・今井秀樹中大/産総研IT2008-126 ISEC2008-184 WBS2008-139
現在広く使われているRSA暗号やElGamal暗号といった公開鍵暗号は,将来的に量子計算機の攻撃に耐えられなくなると考え... [more] IT2008-126 ISEC2008-184 WBS2008-139
pp.537-543
ISEC, SITE, IPSJ-CSEC
(共催)
2007-07-19
16:35
北海道 公立はこだて未来大学 On Anonymous Password-Authenticated Key Exchange
SeongHan ShinKazukuni KobaraHideki ImaiAIST/Chuo Univ.ISEC2007-37 SITE2007-31
 [more] ISEC2007-37 SITE2007-31
pp.145-151
ISEC 2006-09-13
17:00
東京 機械振興会館 Unconditional Security of Key Establishment System Using a Variable Directional Antenna
Kirill Morozov・○Kazukuni KobaraAIST)・Hideki ImaiChuo Univ.
 [more] ISEC2006-87
pp.111-118
ISEC, SITE, IPSJ-CSEC
(共催)
2006-07-21
13:50
岡山 岡山大学 An Efficient Anonymous Password-Authenticated Key Exchange Protocol
SeongHan ShinKazukuni KobaraAIST)・Hideki ImaiAIST/Chuo Univ.
 [more] ISEC2006-54
pp.107-114
ISEC, IPSJ-CSEC, SITE
(共催)
2005-07-22
10:20
岩手 岩手県立大学 Efficient N-Party Password-based Authenticated Key Exchange Protocol
SeongHan ShinKazukuni KobaraHideki ImaiUniv. of Tokyo
 [more] ISEC2005-45
pp.17-23
IT 2005-05-27
14:10
海外 Hawaii大学 Efficient Strong Multiple Encryption from Relaxed Conditions
Yang CuiKazukuni KobaraHideki ImaiUniv. of Tokyo
Security of communication systems could be enhanced by multi... [more] IT2005-30
pp.47-51
ISEC 2004-09-17
17:20
東京 機械振興会館 ID-based Encryption for Directed Acyclic Graph Hierarchies and Applications to Key-evolving Encryption Primitives
Nuttapong AttrapadungGoichiro HanaokaKazukuni KobaraHideki ImaiTokyo Univ.
 [more] ISEC2004-77
pp.69-76
 18件中 1~18件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会