電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2017-12-13
- 2017-12-15
石川 金沢歌劇座(金沢) 運転行動の変化に基づく注意散漫状態の検出 ~ GGMを用いた運転行動モデル化の検討 ~
竹安このみ伊藤桃代徳島大)・佐藤和人秋田県立大)・伊藤伸一福見 稔徳島大
近年の交通死亡事故の特徴として,漫然運転が原因の事故が増加している.漫然運転の状態を検出することができれば,交通死亡事故... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2017-12-13
- 2017-12-15
石川 金沢歌劇座(金沢) スパース構造学習を用いた運転情報による漫然状態の分析 ~ 視認性の差異に基づく考察 ~
阪部禎幸伊藤桃代徳島大)・佐藤和人秋田県立大)・伊藤伸一福見 稔徳島大
交通事故の最大の要因は認知・判断のミスによる漫然運転である.漫然運転時の運転行動の変化を検出することができれば,交通事故... [more]
NLP 2012-05-28
14:55
秋田 秋田市民交流プラザ 頭部姿勢空間定量化のための自己写像特性の評価
伊藤桃代徳島大)・佐藤和人秋田県立大)・福見 稔徳島大NLP2012-28
本研究では,単眼車載カメラにより得られたドライバの頭部動画像から,危険運転を誘発すると考えられる平常状態からの逸脱信号を... [more] NLP2012-28
pp.17-20
NLP 2012-05-29
09:30
秋田 秋田市民交流プラザ 表情表出テンポとリズムを用いた心理的ストレスの定量化
佐藤和人秋田県立大)・伊藤桃代徳島大)・間所洋和秋田県立大)・門脇さくらSmartDesignNLP2012-33
本稿では,心理的ストレスと表情の関連性を明らかにするために,表情表出テンポとリズムという枠組みを用いて,一過性のストレス... [more] NLP2012-33
pp.39-44
PRMU, IBISML
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2011-09-05
11:30
北海道 はこだて未来大学 自発的表情における表出テンポとリズムの解析 ~ 一過性ストレスが表情に与える影響 ~
須藤尚志・○大津宏亮佐藤和人間所洋和秋田県立大)・門脇さくらSmartDesignPRMU2011-65 IBISML2011-24
本研究では,表情とストレス状態の関連性を明らかにするために,表情の表出テンポとリズムという枠組みを提案する.特に自発的な... [more] PRMU2011-65 IBISML2011-24
pp.51-58
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2010-12-15
- 2010-12-17
宮崎 宮崎シーガイア 自発的表情における表情表出テンポとリズムの抽出
須藤尚志佐藤和人間所洋和秋田県立大)・門脇さくらSmartDesign
本論文では,表情表出テンポとリズムという枠組みを提案する.我々は特に自発的な表情表出の繰返しにより生成される覚醒度の時系... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2010-12-15
- 2010-12-17
宮崎 宮崎シーガイア ベイジアンネットワークを用いた自発的表情に及ぼす心理的ストレス要因の分析
大津宏亮佐藤和人間所洋和秋田県立大)・門脇さくらSmartDesign
本研究では,自発的表情に及ぼす心理的ストレス要因を分析するために,表情の表出強度として抽出される覚醒度と心理的ストレス反... [more]
PRMU, HIP
(共催)
2010-03-15
09:25
鹿児島 鹿児島大 表情空間チャートを用いた心理的ストレスレベルの推定
間所洋和佐藤和人秋田県立大PRMU2009-234 HIP2009-119
本論文では,表情空間の動的多様性を定量化する表情空間チャートという枠組みを用いて,表情表出における覚醒度の変化と心理的ス... [more] PRMU2009-234 HIP2009-119
pp.7-12
PRMU, HIP
(共催)
2010-03-16
10:25
鹿児島 鹿児島大 進化的可変形状モデルを用いた脳領域抽出法
海老澤拓也大谷寿光佐藤和人間所洋和秋田県立大PRMU2009-288 HIP2009-173
 [more] PRMU2009-288 HIP2009-173
pp.323-328
PRMU 2009-11-26
09:30
石川 石川県地場産業振興センター ロボットビジョンのシーン記述におけるSIFT特徴点の選択
内海祐哉間所洋和佐藤和人秋田県立大PRMU2009-95
本論文では,OC-SVM (One Class-Support Vector Machines)を用いて,一般物体認識に... [more] PRMU2009-95
pp.7-12
PRMU 2009-11-27
14:00
石川 石川県地場産業振興センター 移動ロボットの見え方の変化に基づく教師なしカテゴリ分類
塚田真敬間所洋和佐藤和人秋田県立大PRMU2009-124
本論文では,ART-2(Adaptive Resonance Theory-2)の追加学習機能とCPN(Counter ... [more] PRMU2009-124
pp.213-218
PRMU 2009-11-27
14:40
石川 石川県地場産業振興センター 表情の動的多様性に基づく心理的ストレスレベルの推定
間所洋和佐藤和人秋田県立大PRMU2009-132
本論文では,表情表出時の顔の動的多様性から,個人固有の表情空間を定量化する表情空間チャートという枠組みを用いて,表情表出... [more] PRMU2009-132
pp.285-290
PRMU 2008-12-18
09:30
熊本 熊本大 適応的学習による自己組織化マップの自動カテゴリ分類
塚田真敬間所洋和佐藤和人秋田県立大PRMU2008-148
 [more] PRMU2008-148
pp.7-12
PRMU 2008-12-18
11:45
熊本 熊本大 教師なし学習のハイブリッド化による頭部MR画像の組織分類
大谷寿光佐藤和人間所洋和秋田県立大PRMU2008-154
 [more] PRMU2008-154
pp.43-48
PRMU 2008-12-19
13:45
熊本 熊本大 表情の動的多様性に基づく表情空間チャートの生成
川澄 晃佐藤和人間所洋和秋田県立大PRMU2008-180
 [more] PRMU2008-180
pp.195-200
PRMU 2008-12-19
13:15
熊本 熊本大 表情の動的多様性に基づく表情表出リズムの抽出
佐藤和人間所洋和秋田県立大)・門脇さくらSmartDesign LLPPRMU2008-182
 [more] PRMU2008-182
pp.207-212
NC 2007-06-15
10:50
沖縄 沖縄科学技術研究基盤整備機構 Gabor Waveletsの方位選択性とARTネットワークを用いた表情変化の表現
間所洋和佐藤和人石井雅樹秋田県産技総研センターNC2007-18
本報告では,Gabor Waveletsの方位選択性とART(Adaptive Resonance Theory)ネット... [more] NC2007-18
pp.59-64
PRMU, HIP
(共催)
2007-02-23
10:30
神奈川 東工大(すずかけ台キャンパス) 顔画像の位相特性に基づいた表情空間マップの形成に関する検討
石井雅樹佐藤和人間所洋和秋田県産技総研センター)・西田 眞秋田大
本稿では,教師無し学習のSOM(Self-Organizing Map)と教師あり学習のCPN(Counter Prop... [more] PRMU2006-223 HIP2006-116
pp.11-16
PRMU, TL
(共催)
2005-03-17
09:45
秋田 秋田大学 リアルタイム画像処理用デジタルニューロプロセッサの開発
間所洋和佐藤和人石井雅樹秋田県工技センター
本稿では,カウンタプロパゲーションのカテゴリマップをバックプロパゲーションの学習データとして用いることにより,対象シーン... [more] TL2004-46 PRMU2004-214
pp.13-18
PRMU, TL
(共催)
2005-03-18
09:45
秋田 秋田大学 狭い写像空間を有する1次元SOMにおける自己写像特性の解析 ~ 頭部MR画像への適用 ~
門脇さくらあきた産業振興機構)・○佐藤和人石井雅樹間所洋和秋田県工技センター)・犬上 篤秋田組合総合病院
本稿では,頭部MR画像における1次元SOMの自己写像特性について解析を行い,臨床画像セットから関心スライス画像を抽出し,... [more] TL2004-66 PRMU2004-234
pp.17-22
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会