お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2020-10-05
15:25
ONLINE オンライン開催 [招待講演]3次元積層技術を用いた多結晶電極上への単結晶磁気抵抗素子の作製 ~ 単結晶磁気抵抗素子の近年の進展 ~
桜庭裕弥チン カミン物材機構)・薬師寺 啓倉島優一渡辺直也福島章雄高木秀樹菊地克弥湯浅新治産総研)・宝野和博物材機構
 [more]
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2019-06-13
13:50
宮城 東北大学 スピントルク発振素子における相互位相同期
常木澄人谷口知大薬師寺 啓福島章雄湯浅新治久保田 均産総研MRIS2019-2
 [more] MRIS2019-2
pp.5-8
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2019-06-14
10:45
宮城 東北大学 電圧トルク磁化反転の書き込みエラー率低減に向けた取り組み
山本竜也野崎隆行今村裕志産総研)・塩田陽一京大)・田丸慎吾薬師寺 啓久保田 均福島章雄鈴木義茂湯浅新治産総研MRIS2019-7
 [more] MRIS2019-7
pp.49-52
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2018-10-18
15:45
大阪 大阪大学 Evaluation of heat-driven spin-torque in a magnetic tunnel junction through time-resolved measurement
Natsumi FuruichiOsaka Univ.)・Minori GotoOsaka Univ./CSRN)・Hitoshi KubotaKay YakushijiAkio FukushimaShinji YuasaAIST)・Nikita StrelkovUGA,CEA,CNRS,G-INP,INAC-SPINTEC/Lomonosov Moscow State Univ.)・Bernard DienyUGA, CEA, CNRS, G-INP, INAC-SPINTEC)・Shinji MiwaOsaka Univ./CSRN)・Yoshishige SuzukiOsaka Univ./CSRN/AIST
 [more]
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2018-07-06
14:55
東京 早稲田大学 [招待講演]不揮発性メモリMRAMの最近の進展
湯浅新治薬師寺 啓野崎隆行福島章雄久保田 均産総研
 [more]
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2016-10-20
13:20
福岡 九州大学西新プラザ 面内自由層、垂直ピン層型スピントルク発振器の特性評価
平松 亮久保田 均常木澄人田丸慎吾薬師寺 啓福島章雄湯浅新治産総研MR2016-21
 [more] MR2016-21
pp.7-12
SANE 2015-06-18
15:55
茨城 JAXAつくば宇宙センター [招待講演]スピントルク発振器の開発 ~ ナノサイズ磁性体をベースとする自励発振器 ~
久保田 均田丸慎吾薬師寺 啓福島章雄常木澄人甲野藤 真谷口知大荒井礼子今村裕志産総研)・鈴木義茂阪大)・湯浅新治産総研SANE2015-20
 [more] SANE2015-20
pp.27-31
SDM 2014-01-29
13:05
東京 機械振興会館 [招待講演]不揮発性メモリMRAMの現状と将来展望
湯浅新治福島章雄薬師寺 啓野崎隆行甲野藤真前原大樹久保田 均谷口知大荒井礼子今村裕志安藤功兒産総研)・塩田陽一Frederic Bonnel鈴木義茂阪大)・下村尚治東芝SDM2013-140
 [more] SDM2013-140
pp.23-28
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会