電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1~7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
OCS, PN, NS
(併催)
2019-06-20
13:50
岩手 MALIOS(盛岡) ストークスベクトル光変調方式の受信感度劣化に関する数値的一検討
鈴木 涼カーリヤワサム インディーパーラゲー アミラ サムパット前田譲治東京理科大
光の偏波状態に信号点を対応させるストークスベクトル変調信号を, ディジタル信号処理を併用した直接検波ストークス受信器を用... [more] OCS2019-15
pp.25-29
OCS, CS
(併催)
2019-01-17
13:15
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島) 反射型半導体光増幅器とファブリペロエタロンを用いた波長再利用方式WDM-PONに関する一検討
柴田拓実カリヤワサム インディパラゲ アミラ サムパット前田譲治東京理科大
WDM-PON における加入者終端装置 (ONU) のカラーレス化技術として, 反射型半導体光増幅器 (RSOA) の利... [more] OCS2018-70
pp.13-18
CS, OCS
(併催)
2018-01-29
14:30
愛媛 愛媛大学 総合情報メディアセンター マイクロ波帯光ファイバ無線システムにおける光変調歪の波長分散による補償 ~ OFDM無線伝送の性能改善について ~
遠藤 駿カリヤワサム インディパラゲ アミラ サムパット前田譲治東京理科大
光ファイバ無線においては, 信号対雑音比確保のために光変調を深くすることが望まれる. これまでに筆者らは, 光変調時の非... [more] OCS2017-67
pp.1-6
CS, OCS
(併催)
2018-01-29
14:55
愛媛 愛媛大学 総合情報メディアセンター 半導体光増幅器とファブリペロエタロンを用いた波長再利用WDM-PON ~ エタロンの自動同調と双方向伝送実験 ~
泉澤拓弥池田吉輝カリヤワサム インディパラゲ アミラ サムパット前田譲治東京理科大
WDM-PONにおける加入者終端装置 (ONU) のカラーレス化の手段として, 下流信号光を上流信号の光源として用いる波... [more] OCS2017-68
pp.7-12
OCS, OPE, LQE
(共催)
2017-10-27
10:20
熊本 桜の馬場城彩苑(熊本) 位相共役ツイン波による光QAM伝送と偏波多重光APSK伝送の等価性に関する一検討
中尾俊貴カーリヤワサム インディパーラゲー アミラ サムパット前田譲治東京理科大
ファイバ非線形効果による光ファイバ通信の伝送制限を克服する手段の一つに, 位相共役ツイン波を用いた歪み補償が提案されてい... [more] OCS2017-49 OPE2017-81 LQE2017-54
pp.67-71
R, EMD, CPM, LQE, OPE
(共催)
2017-09-01
10:00
青森 弘前文化センター 第二高調波から抽出したクロックを用いた再生高調波モード同期ファイバリングレーザ
前田譲治佐久間 楷カリヤワサム インディパラゲ アミラ サムパット東京理科大
再生モード同期は,パルスレーザの生成パルスから電気的に抽出したクロック信号で自らを変調する自己パルス化の手法である.ファ... [more] R2017-33 EMD2017-27 CPM2017-48 OPE2017-57 LQE2017-30
pp.45-50
PN, NS, OCS
(併催)
2017-06-16
09:20
秋田 秋田大学 半導体光増幅器とファブリペロエタロンを用いた波長再利用WDM-PON ~ 双方向伝送実験 ~
池田吉輝カリヤワサム インディパラゲ アミラ サムパット前田譲治東京理科大
WDM-PONにおける加入者終端装置 (ONU) のカラーレス化の手段として, 下流信号光を上流信号の光源として用いる波... [more] OCS2017-15
pp.23-28
 7件中 1~7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会