お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 20件中 1~20件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EA, ASJ-H
(共催)
2018-08-23
14:20
宮城 東北学院大学 空間音響情報を利用した指向性制御
内海伶香宮浦尊士中川滉太東京都市大)・蘆原 郁産総研)・桐生昭吾東京都市大EA2018-32
音の指向性制御には、従来、干渉管や多チャンネルのマイクロホンアレイが利用されてきた。しかしながら、これらの方法では、広い... [more] EA2018-32
pp.25-30
EA, ASJ-H
(共催)
2017-11-30
15:15
海外 オークランド大学(ニュージーランド) Spatial sound morphing by using a miniature head simulator array
Takashi MiyauraReika UchimiTokyo City Univ.)・Kaoru AshiharaAIST)・Shogo KiryuTokyo City Univ.EA2017-68
It has been reported that the miniature head simulator syste... [more] EA2017-68
pp.55-60
EA, ASJ-H
(共催)
2017-10-22
10:10
富山 牛岳温泉リゾート [招待講演]白黒つけてよ! 恐竜とか,UFO とか,インテリジェントデザインとか
蘆原 郁産総研
 [more] EA2017-57
p.73
EA, ASJ-H
(共催)
2017-08-09
14:55
宮城 東北大学 電気通信研究所 ミニチュアヘッドシミュレータアレイによる騒音制御
宮浦尊士内海伶香東京都市大)・蘆原 郁産総研)・桐生昭吾東京都市大EA2017-31
ミニチュアヘッドシミュレータによる空間音響収録により、クライアント側でのパンニング、指向性制御が可能である。しかし再現で... [more] EA2017-31
pp.27-32
WIT, SP, ASJ-H, PRMU
(共催)
2015-06-18
14:00
新潟 新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」 正四面体型マイクロホンシステムによる仮想単一指向性マイクロホン
蘆原 郁産総研
任意の点における空間音響情報は,その点で観測されるモノラルオーディオ信号と,それを構成する各正弦波の音像方向によって概ね... [more] PRMU2015-37 SP2015-6 WIT2015-6
pp.31-36
SP, ASJ-H
(共催)
2014-10-23
14:00
和歌山 南紀白浜温泉ホテルシーモア Demonstration of the Panoramic Sound Field System
Motoki KawanoTokyo City Univ.)・Kaoru AshiharaAIST)・Kosuke TakiKazuki AzumaShogo KiryuTokyo City Univ.
 [more] SP2014-82
pp.37-42
EA 2013-07-19
13:30
北海道 北海道医療大学 [招待講演]音楽録音再生技術と科学リテラシー
蘆原 郁産総研EA2013-49
蓄音機の発明以来,音楽を忠実に記録し,再生したいという要望から,オーディオ技術はめざましい発展を遂げてきた。わたしたちの... [more] EA2013-49
pp.93-98
EA 2012-10-27
14:15
富山 牛岳温泉リゾート(富山) [ポスター講演]ミニチュアヘッドシミュレータで収音した音の方向感について
岡崎裕人金沢大)・蘆原 郁産総研)・齋藤 毅三好正人金沢大EA2012-77
近年,ミニチュアヘッドシミュレータを用いて簡便にバイノーラル録音を行う手法が提案されている。
この手法で生成されるバイ... [more]
EA2012-77
pp.73-77
EA 2011-08-10
09:30
宮城 東北大学電気通信研究所 ミニチュアヘッドシュミレータによるバイノーラル録音
佐藤香織東京都市大)・木戸 博東北工大)・蘆原 郁産総研)・桐生昭吾東京都市大EA2011-58
3次元の音響情報を記録・再生する技術として,バイノーラル録音が知られている。バイノーラル信号を録音するには,人間の頭部と... [more] EA2011-58
pp.49-53
EA 2010-08-10
11:30
宮城 東北大学 複合カフェにおける火災警報音の聞こえについて
佐藤香織桐生昭吾東京都市大)・蘆原 郁産総研EA2010-53
音楽を聴取するためにヘッドホンを用いることで、周囲音が聞き取りづらくなる。また、それによって危険を回避することも難しくな... [more] EA2010-53
pp.59-64
EA 2010-06-11
13:15
北海道 北海道医療大学 高周波最小可聴音圧の測定の試み
木谷俊介北陸先端大)・蘆原 郁産総研EA2010-32
ヘッドホンを用いて刺激を呈示し,高周波の最小可聴音圧の測定を行った.これまでに行われてきたツイータを用いた実験方法では,... [more] EA2010-32
pp.59-64
EA 2009-06-25
14:45
北海道 北海道医療大学 ポップ・ロック音楽聴取時のイヤホン使用者の周囲音知覚
原 一弘明大)・蘆原 郁産総研)・三浦 登明大EA2009-21
イヤホンを使用して音楽を聴取することが,周囲音の知覚にどの程度影響を及ぼすか解明するため,聴取者の正面に設置されたスピー... [more] EA2009-21
pp.19-24
EA 2009-03-27
16:30
東京 機械振興会館 マイクロホンアレイとネットワークを利用した音源探査装置の試作
村上拓弥桐生昭吾武蔵工大)・蘆原 郁産総研EA2008-145
災害現場での生存者捜査等を目的とする高感度音源探査システムを開発するための基礎研究として,比較的廉価なデバイスを用いて7... [more] EA2008-145
pp.55-60
EA 2008-12-05
09:30
福島 アルパイン 非可聴信号の可聴化技術
蘆原 郁産総研)・桐生昭吾武蔵工大EA2008-109
 [more] EA2008-109
pp.49-54
EA 2008-06-27
15:30
秋田 秋田県立大学 ヒルベルト変換を用いたオーディオピッチ変換法
蘆原 郁産総研)・桐生昭吾武蔵工大EA2008-35
時変のFIR フィルタ処理のみで入力信号の音程を任意に変化させるピッチ変換法を考案した。一般的なTDHS 方式のように入... [more] EA2008-35
pp.51-56
EA 2008-06-27
16:00
秋田 秋田県立大学 スピーカアレイを用いたコンサート用音場制御装置の試作
林 聖悟丹野智陽武蔵工大)・蘆原 郁産総研)・桐生昭吾武蔵工大EA2008-36
ライブコンサートで用いるための24チャンネルスピーカアレイシステムを試作し,実際に音場の制御を行った.可変遅延回路と,ハ... [more] EA2008-36
pp.57-62
EA 2007-12-07
14:20
東京 NHK放送技術研究所 櫛型フィルタと周波数変換器を用いたハウリング低減法のハードウェア実装
板垣賢治武蔵工大)・蘆原 郁堀内竜三産総研)・桐生昭吾武蔵工大EA2007-91
入力信号を櫛型フィルタ処理し,さらに周波数変換して出力するハウリング低減フィルタが提案されている。帰還信号は周波数が移動... [more] EA2007-91
pp.31-36
EA 2007-08-09
16:50
宮城 東北大学工学部 櫛型フィルタと周波数変換器を用いたハウリング低減法
蘆原 郁産総研)・板垣賢治桐生昭吾武蔵工大EA2007-45
入力信号の周波数を数%程度変換し,さらに櫛型フィルタ処理して出力するハウリング低減フィルタを提案する。音響結合による帰還... [more] EA2007-45
pp.37-42
EA 2006-08-09
11:00
宮城 東北大学 電気通信研究所 2号館4階 大会議室 マイクロホンアレイを用いた携帯型安全管理装置に関する基礎検討
竹下政孝桐生昭吾武蔵工大)・蘆原 郁産総研)・木戸 博東北工大
 [more] EA2006-35
pp.7-10
EA 2004-07-30
13:30
東京 東京情報大 一ユーザーから見たCCCDの実態と問題提起
桐生昭吾蘆原 郁産総研
コピー防止としてレコード会社大手が導入している通称CCCD( Copy Controlled Compact Disk ... [more] EA2004-28
pp.9-13
 20件中 1~20件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会