お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS, ICM, CQ, NV
(併催)
2019-11-21
09:55
兵庫 神戸大学 六甲台第2キャンパス MANET上におけるselfishノードの位置によるネットワーク性能への影響調査
美崎敦也ベット B ビスタ小倉加奈代高田豊雄岩手県立大NS2019-120
MANETではselfishノードの存在がネットワーク性能に大きな影響を与えることが知られている.selfishノードに... [more] NS2019-120
pp.1-6
NS, RCS
(併催)
2016-12-21
10:15
石川 金沢勤労者プラザ 災害時における車車間通信を利用した経路探索及び道路地図作成アプリケーションの提案
菊地友斗小倉加奈代ベッド ビスタ高田豊雄岩手県立大NS2016-120
近年,無線通信を用いて車車間または車両とインフラストラクチャ間で通信を行うVANET(Vehicular Ad-hoc ... [more] NS2016-120
pp.13-18
NS, RCS
(併催)
2016-12-22
11:05
石川 金沢勤労者プラザ Device to Device通信を利用したtwo-tierセルラネットワークの混雑緩和手法の検討
佐々木槙吾小倉加奈代ベッド ビスタ高田豊雄岩手県立大NS2016-130
LTEなどのセルラネットワークでは,局地的にユーザが集中し,基地局へ接続する端末数が増加した場合,ユーザが満足するデータ... [more] NS2016-130
pp.59-64
IE, MVE
(共催)
2012-03-12
09:30
富山 富山大学 超低音速場における対面対話の変容とその活用に関する研究
馬場 裕西本一志小倉加奈代北陸先端大IE2011-133 MVE2011-95
日常行われている対面での会話には,様々な問題点がある.たとえば失言や重要な話の聞き逃しは,人間関係を悪くしてしまう危険性... [more] IE2011-133 MVE2011-95
pp.1-6
IE, MVE
(共催)
2012-03-12
09:55
富山 富山大学 聞き手が話者のパラ言語を調整して自らの意向を反映させる対面コミュニケーションメディア
田島智宣小倉加奈代西本一志北陸先端大IE2011-134 MVE2011-96
対面での会話において,聞き手の態度は,通常は曖昧な非言語情報によって間接的に話者に伝えられる.話者は受信した情報に基づき... [more] IE2011-134 MVE2011-96
pp.7-12
IE, MVE
(共催)
2012-03-13
10:20
富山 富山大学 ピアノ独習の動機づけを目的とした「緩い連帯感」をもたらす電子楽譜"BondScore"
森 郁彌西本一志小倉加奈代北陸先端大IE2011-156 MVE2011-118
本研究では.ピアノ演奏練習における孤独感を解消するために,同じ曲を練習している他の人と楽譜への書き込みを共有するシステム... [more] IE2011-156 MVE2011-118
pp.133-138
IE, MVE
(共催)
2012-03-13
14:25
富山 富山大学 大皿料理を囲む共食者間の互助的インタラクションを引き出す食卓コミュニケーション促進ツール"GiantCutlery"
田中唯太小倉加奈代西本一志北陸先端大IE2011-163 MVE2011-125
食卓で共有されている大皿料理から料理を取るとき,共食者間でのインタラクションが期待されるが,大皿料理が持つコミュニケーシ... [more] IE2011-163 MVE2011-125
pp.175-180
HIP, HCS, MVE, WIT
(共催)
(第二種研究会)
2009-12-10
- 2009-12-12
北海道 札幌コンベンションセンター オンライン上のテキスト・コミュニケーションにおける「間」の再考
小倉加奈代西本一志杉山公造北陸先端大
本研究では,オンライン上のテキスト・コミュニケーションの「間」を取り上げ,従来までの研究で言われてきた,「メッセージとメ... [more]
AI, IPSJ-DC
(共催)
2008-11-27
11:15
沖縄 琉球大学 工学部大会議室(工学部2号館2階) 知識創造を加速するマルチスレッドコミュニケーションへの挑戦
小倉加奈代西本一志杉山公造北陸先端大AI2008-28
 [more] AI2008-28
pp.25-30
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会