お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SR 2019-12-06
11:15
沖縄 石垣市民会館(石垣島) 直角位相振幅変調(QAM)信号のための電力検出法の一検討
石原 俊梅林健太東京農工大)・Janne Lehtomakiオウル大SR2019-103
本発表では、直角位相振幅変調(QAM)信号のための電力検出法について検討を行う。
受信信号の振幅にランダム性がある場合... [more]
SR2019-103
pp.83-86
RISING
(第二種研究会)
2019-11-26
10:30
東京 東京大学本郷キャンパス 福武ラーニングシアター [ポスター講演]直角位相振幅変調(QAM)信号のための電力検出法の一検討
石原 俊梅林健太東京農工大)・Janne Lehtomakiオウル大
本発表では,直角位相振幅変調(QAM)信号のための電力検出法について検討を行う.受信信号の振幅にランダム性がある場合,信... [more]
SeMI, RCS, NS, SR, RCC
(併催)
2019-07-11
09:35
大阪 I-Siteなんば(大阪) Duty Cycle のARモデル化に関する一検討
大川航平岩田大輝梅林健太東京農工大)・Janne Lehtomäkiオウル大)・Miguel López-Benítezリヴァプール大)・Satya Joshiオウル大SR2019-29
動的な周波数共用では,周波数利用に関する統計情報の活用が有用とされている.
本稿では,時間軸方向の周波数利用率に相当す... [more]
SR2019-29
pp.59-64
SR 2018-05-25
10:00
東京 東京ビッグサイト(ワイヤレステクノロジー・パーク(WTP)2018会場内) [技術展示]スマートスペクトラムアクセスのための周波数利用観測システムプロトタイプの開発 ~ 周波数利用率の予測 ~
岩田大輝梅林健太佐藤 遼山田健斗大川航平笠原芳樹東京農工大)・Janne Lehtomakiオウル大)・Miguel Lopez-Benitezリヴァプール大SR2018-17
Smart spectrum access (SSA) は, 周波数利用率などの周波数利用に関する統計情報を活用すること... [more] SR2018-17
pp.99-106
RCS, SR, SRW
(併催)
2018-03-02
10:50
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク スマートスペクトラムアクセスのための周波数利用率のモデル化に関する検討
山田健斗梅林健太東京農工大)・Janne LehtomakiShashika Manosha Kapuruhamy Badalgeオウル大SR2017-133
スマートスペクトラムアクセスでは,周波数利用に関する統計情報を用いることでより高度な周波数共用を実現することが可能である... [more] SR2017-133
pp.109-116
SR 2018-01-26
09:30
福岡 福岡大学 広帯域周波数利用観測におけるWelch FFT-電力検出法のパラメータ設定に関する研究
玉木義孝梅林健太東京農工大)・Janne Lehtomakiオウル大)・Miguel Lopez-Benitezリヴァプール大SR2017-100
高効率な周波数共用の実現のためには,広帯域にわたる周波数利用観測を行って現行の周波数利用の統計情報を収集する必要がある.... [more] SR2017-100
pp.35-42
SR 2018-01-26
09:55
福岡 福岡大学 周波数利用観測のための時間-周波数変動するノイズフロア推定法
岩田大輝梅林健太東京農工大)・Janne Lehtomakiオウル大)・Miguel Lopez-Benitezリヴァプール大SR2017-101
異種無線システム間でのダイナミックな周波数共用(DSA: Dynamic Spectrum Access) を効率的に行... [more] SR2017-101
pp.43-50
SR, RCC, MICT, RCS, SRW
(併催)
(第二種研究会)
2016-05-16
- 2016-05-17
海外 Hotel Lasaretti, Oulu, Finland [ポスター講演]Knife-edge and Slit Diffraction Measurements in the Terahertz Band
Perttu RintanenJoonas KokkoniemiJanne LehtomakiMarkku JunttiCWC, Univ. Oulu
Measurement results on diffraction in the THz band from 0.1 ... [more]
SR, SRW
(併催)
2016-05-16
14:30
海外 Hotel Lasaretti, Oulu, Finland [ポスター講演]A study on FFT-ED based signal area estimation for spectrum awareness
Riki MizuchiKenta UmebayashiTUAT)・Janne LehtomakiUniv. of Oulu)・Miguel Lopez-BenitezUniv. of LiverpoolSR2016-9 SRW2016-9
For achieving 2-layer smart spectrum access (SSA) which corr... [more] SR2016-9 SRW2016-9
pp.27-34
SR, RCC, MICT, RCS, SRW
(併催)
(第二種研究会)
2016-05-16
- 2016-05-17
海外 Hotel Lasaretti, Oulu, Finland [ポスター講演]Surface Reflection and Scattering Measurements in the Terahertz Band
Joonas KokkoniemiJanne LehtomakiMarkku JunttiCWC, Univ. Oulu
Measurement results on the surface scattering and reflection... [more]
SR, SRW
(併催)
2016-05-17
12:00
海外 Hotel Lasaretti, Oulu, Finland [依頼講演]Smart Spectrum Access based on spectrum usage measurements
Kenta UmebayashiTUAT)・Janne LehtomakiUoO)・Miguel Lopez-BenitezUoLSR2016-11
 [more] SR2016-11
p.37
SR 2016-01-21
13:00
長崎 福江文化会館 周波数利用観測のための低コストなWelch FFTセグメントサイズ選択法の解析
岩田大輝梅林健太東京農工大)・ヤンネ レホトマキオウル大)・鈴木康夫東京農工大SR2015-72
周波数利用観測により取得した周波数利用の統計情報を用いた先進的なダイナミックスペクトルアクセス, スマートスペクトルアク... [more] SR2015-72
pp.1-8
SR 2016-01-22
14:20
長崎 福江文化会館 周波数利用観測のための誤警報除去法のパラメータ設計に関する一検討
水知 力梅林健太東京農工大)・Janne LehtomakiUniv. of Oulu)・Miguel Lopez-Benitezリヴァプール大)・鈴木康夫東京農工大SR2015-87
ダイナミックスペクトラムアクセスにおいて,周波数利用統計情報を用いることでスペクトラムセンシングの精度を向上させ,より高... [more] SR2015-87
pp.101-108
SR, SRW
(併催)
(第二種研究会)
2015-10-26
09:20
東京 構造計画研究所(本所新館) [チュートリアル講演]Spectrum Measurement and Modeling for Spectrum Awareness in Cognitive Wireless Systems
Kenta UmebayashiTUAT)・Miguel López-BenítezUniv. of Liverpool)・Janne LehtomakiUniv. of Oulu)・Samuli TiiroTUAT
 [more]
SR, SRW
(併催)
(第二種研究会)
2015-10-27
09:30
東京 構造計画研究所(本所新館) [技術展示]Spectrum awareness system prototype for smart spectrum access
Kenta UmebayashiRiki MizuchiHiroki IwataKazuhiro HayashiMasanao KobayashiSamuli TiiroYoshitaka TamakiTatsuya MaruyamaTUAT)・Janne LehtomakiUoO)・Miguel Lopez-BenitezUoL)・Yasuo SuzukiTUAT
 [more]
SR 2015-01-30
13:50
北海道 KKR はこだて Duty Cycle推定に適したWelch FFTのセグメントサイズ選択法
岩田大輝梅林健太ティーロ サムリ東京農工大)・Janne LehtomakiUniv. of Oulu)・鈴木康夫東京農工大SR2014-110
時間軸からのdynamic spectrum access (DSA) において, 既存ユーザ(primary user... [more] SR2014-110
pp.101-108
SR 2014-10-31
13:00
海外 I2R, シンガポール [技術展示]Development of a measurement system for spectrum awareness -- Duty estimation based on Welch-FFT --
Hiroki IwataKenta UmebayashiRiki MizuchiTatsuya MaruyamaKazuki MoriwakiSamuli TiiroTUAT)・Janne LehtomakiUniv. of Oulu)・Yasuo SuzukiTUATSR2014-89
To resolve the spectrum scarcity problem, dynamic spectrum a... [more] SR2014-89
pp.171-177
SR 2014-05-22
12:45
神奈川 東芝研修センター [技術展示]長期間の周波数利用観測システムの開発
梅林健太高木亮太五百蔵直樹東京農工大)・ヤンネ レホトマキオウル大)・鈴木康夫東京農工大SR2014-9
 [more] SR2014-9
pp.57-64
SR 2013-10-25
14:00
大阪 大阪大学 A Study on Static Terahertz Channel Modeling for Nanosensor Communication
Joonas KokkoniemiJanne LehtomakiUniv. Oulu)・Kenta UmebayashiYasuo SuzukiTokyo Univ. of Agriculture and Tech.SR2013-70
The nanodevices will be reality in the future. The size of s... [more] SR2013-70
pp.97-103
RCS, AN, SR, USN
(併催)
2011-10-27
10:35
東京 上智大 OR-rule協調センシングのための効率的な情報収集法の一検討
梅林健太東京農工大)・Janne LehtomakiUniv. of Oulu)・鈴木康夫東京農工大RCS2011-160 SR2011-64 AN2011-38 USN2011-40
 [more] RCS2011-160 SR2011-64 AN2011-38 USN2011-40
pp.133-138(RCS), pp.143-148(SR), pp.115-120(AN), pp.115-120(USN)
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会