電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 18件中 1~18件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
WPT, AP
(併催)
2019-01-17
11:35
愛知 トヨタ博物館 [依頼講演]Ka帯衛星通信における動的な降雨強度および降雨減衰モデル
中澤勇夫新垣吉也鈴木健治菅 智茂川崎和義豊嶋守生高橋 卓NICTAP2018-155
国際的なインターネットアクセスの超高速化、特にアジア・太平洋地域の無線周波数バンド Ka 帯を用いた超高速インターネット... [more] AP2018-155
pp.23-28
RCS, SAT
(併催)
2017-08-18
13:25
新潟 新潟大学 Ka帯衛星通信における降雨減衰と降雨強度間のタイムディレイ解析
中澤勇夫川崎和義菅 智茂浅井敏男豊嶋守生高橋 卓NICTSAT2017-37
国立研究開発法人情報通信研究機構 (NICT)において、広域性・同報性・耐災害性といった衛星通信の特徴を活かして、IT ... [more] SAT2017-37
pp.87-91
SANE 2017-05-22
11:50
東京 機械振興会館 FMCWレーダにおける不要波信号処理手法によるS/N特性評価
中澤勇夫通信放送国際研)・磯 彰夫アイソ・スペースネット・リサーチSANE2017-6
FMCWレーダは、パルスレーダ或いはパルス圧縮レーダに比べて機器構成が簡素な事、検出ではContinuous Wave ... [more] SANE2017-6
pp.29-33
CCS 2015-11-10
11:25
京都 京都大学稲盛財団記念館3階大会議室(鴨川沿) 概周期周波数配置を用いた衛星通信方式の性能評価
中澤勇夫梅野 健京大CCS2015-59
 [more] CCS2015-59
pp.75-79
CCS 2015-08-06
15:45
北海道 第一滝本館(北海道登別市) 概周期周波数配置と衛星通信方式への適用
中澤勇夫梅野 健京大CCS2015-33
次世代の安心・安全ICTを目指した衛星通信では、回線の大容量化・信頼性と共に超多重アクセスの要望も強まっている。また、カ... [more] CCS2015-33
pp.23-26
NLP, CCS
(共催)
2015-06-11
15:30
東京 早稲田大学 パワー一定カオス拡散符号の衛星通信方式への適用性と諸特性
中澤勇夫梅野 健京大NLP2015-51 CCS2015-13
情報通信の爆発を世代と迎えて、衛星センサーネットワークの拡充を目指したマルチアクセス増大化とともに高速化衛星通信も要望さ... [more] NLP2015-51 CCS2015-13
pp.73-78
SAT 2014-10-24
17:00
海外 釜山(韓国) 光通信環境データ衛星通信設備信号処理部の試験結果
中澤勇夫山本伸一三浦 周豊嶋守生NICTSAT2014-50
衛星と地上局間の光空間通信では、雲などの影響から通信回線を確保するには、複数の地上局を設置してサイトダイバーシティにより... [more] SAT2014-50
pp.195-200
AP, SAT
(併催)
2013-07-24
10:55
北海道 サン・リフレ函館 将来の航空機・衛星プロジェクトをサポートする光宇宙通信地上ネットワークの構想
豊嶋守生宗正 康竹中秀樹高山佳久小山善貞國森裕生久保岡俊宏鈴木健治山本伸一平良真一辻 宏之中澤勇夫秋岡眞樹NICTSAT2013-11
情報通信研究機構(NICT)では,観測等を行う衛星や航空機等からの大容量データ伝送を可能とする光宇宙通信技術実証のための... [more] SAT2013-11
pp.1-4
SANE 2012-06-28
16:50
茨城 JAXA 筑波宇宙センター 準天頂衛星システム時刻管理系技術実証実験結果
高橋靖宏浜 真一雨谷 純中村真帆藤枝美穂田渕 良後藤忠広成田秀樹Thomas Hobiger相田政則中澤勇夫NICT)・岸本統久JAXA)・矢作行弘NECエンジニアリング)・高橋 環堀内 聡NECSANE2012-28
準天頂衛星システム(QZSS)は日本の天頂付近を通る準天頂軌道を用いた衛星であり、2003年度から4省とその研究機関でQ... [more] SANE2012-28
pp.43-48
SAT, SANE
(併催)
2012-02-16
13:50
三重 三重大学 準天頂衛星システムにおける高仰角広帯域伝搬路特性の面的評価
中澤勇夫木村和宏藤野義之浜 真一NICTSANE2011-160 SAT2011-67
準天頂衛星(みちびき)は2010年9月に打ち上げられ、高精度な衛星測位サービスを目指した利用実証もスタートしている。この... [more] SANE2011-160 SAT2011-67
pp.1-6(SANE), pp.13-18(SAT)
SANE 2011-10-18
15:00
海外 Udayana University, Bali, Indonesia 準天頂衛星時刻比較用可搬局の開発
成田秀樹雨谷 純相田政則高橋靖弘中澤勇夫浜 真一NICTSANE2011-101
準天頂衛星システム(QZSS)は準天頂軌道に複数の準天頂衛星(QZS)を周回させ、日本上空に常時1機以上の衛星を配置する... [more] SANE2011-101
pp.207-209
AP, SAT
(併催)
2011-07-14
14:25
長野 信州大学工学部(長野市) 準天頂衛星システムにおける高仰角広帯域伝搬路特性の解析
中澤勇夫木村和宏藤野義之浜 真一NICTSAT2011-10
準天頂衛星(みちびき)は2010年9月に打ち上げられ、高精度な衛星測位サービスを目指した利用実証もスタートしている。この... [more] SAT2011-10
pp.13-18
SANE 2011-06-24
11:15
茨城 JAXA筑波宇宙センター QZSS時刻管理系の実験計画と初期実験結果
高橋靖宏雨谷 純浜 真一藤枝美穂中村真帆田渕 良後藤忠広相田政則中澤勇夫Thomas HobigerNICT)・野田浩幸JAXA)・岩田敏彰産総研)・矢作行弘NECエンジニアリング)・高橋 環堀内 聡NECSANE2011-34
 [more] SANE2011-34
pp.101-106
SANE 2010-08-25
15:45
新潟 新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」 準天頂衛星のシステム雑音と干渉雑音の測定評価
中澤勇夫雨谷 純高橋靖宏藤枝美穂李 廷魚浜 真一NICTSANE2010-66
準天頂衛星システム(QZSS)は高仰角でのGPS測位の補強・補間を行う目的で、2010年夏期に打ち上げが予定されている。... [more] SANE2010-66
pp.31-35
SAT, SANE
(併催)
2010-02-26
09:00
東京 NICT本部 準天頂衛星測位システム時刻管理系の開発と実験計画
高橋靖宏雨谷 純藤枝美穂中村真帆相田政則中澤勇夫李 廷魚浜 真一NICT)・野田浩幸岸本統久JAXA)・矢作行弘NECエンジニアリング)・堀内 聡高橋 環NECSANE2009-160
 [more] SANE2009-160
pp.7-11
RCS, SAT
(併催)
2007-12-21
10:35
大分 湯布郷館 移動体衛星通信における高仰角伝搬路の円偏波特性の測定と解析
中澤勇夫木村和宏雨谷 純藤野義之石田 等浜 真一NICTSAT2007-57
パーソナル利用環境での移動体衛星通信では、信頼性の高い回線を確保するには、様々な伝搬路特性を明らかにする事が望ましい。高... [more] SAT2007-57
pp.7-12
SAT 2006-10-19
17:30
海外 KAL Hotel(韓国・済州島) 2GHz帯及び2.5GHz帯の移動体衛星通信における高仰角伝搬路特性の解析
中澤勇夫NTWL)・木村和宏石田 等浜 真一NICT
通信放送技術衛星COMETSを用いた陸上移動体衛星通信路の特性測定では仰角45度から81度の実験を行い、特に仰角78度か... [more]
AP, SAT
(併催)
2006-07-07
10:20
広島 広島工大 2GHz帯及び2.5GHz帯の移動体衛星通信における高仰角伝搬路特性の測定解析
中澤勇夫NTワイヤレス研)・木村和宏石田 等浜 真一NICTSAT2006-15
通信放送技術衛星COMETSを用いた陸上移動体衛星通信路の特性測定では仰角45度から81度の実験を行い、特に仰角78度か... [more] SAT2006-15
pp.13-18
 18件中 1~18件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会